Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.10.30

読み物・コラム

【FOODIEたちのお買いもの】<レフェルヴェソンス>生江史伸さん

伊勢丹が発行する冊子『FOODIE』の人気連載「FOODIEたちのお買いもの」が、今月からWEB FOODIEにも登場。フード業界をリードするFOODIEたちが、それぞれにとっての「伊勢丹の魅力」を語ります。今回は、レストラン<レフェルヴェソンス>やカフェレストラン<bricolage bread & co.>を展開する生江史伸さんにお話をうかがいます。

世界ベストレストランにもランクインし、今や日本を代表するレストランとしても知られる〈レフェルヴェソンス〉のシェフ・生江史伸さん。華やかな経歴をお持ちですが、実はレストラン界に入って最初の仕事はフロアでのサービスだったといいます。

「社会人になりたての頃、上司からは〝とりあえず伊勢丹に行きなさい〞と言われました。一流のものを知らないとお客さまに一流のサービスや説明ができない。しかし伊勢丹にはそれらの教科書となるような一流のものが置いてありますから。当時はお金もありませんでしたので、行けば見て触れるし、説明もしてもらえる。とても勉強になりました。これからも次世代を担うであろう若い料理人たちを、僕のように大きく受け入れ続けていただきたいです(笑) 」

「食料品フロアで人と人とをつなぐコンシェルジュをやってみたいですね」

食料品フロアへは海外からのシェフをアテンドすることもしばしば。でも最近実際にフロアを歩いてみて気になることがあったそうです。

「コンシェルジュの方の立ち位置です。専用のカウンターで待っているのではなく、お客さまと一緒にフロアをまわって同じ目線で商品を見て、もっと踏み込んだ日々の提案をしていただきたいですね。例えば〝今日、お味噌を買われましたけどこんな具はいかがでしょうか〞とか、もっともっとヒューマンなつながりがあってもいいんじゃないかな。

下町の商店街のおばちゃんみたいな、〝これが人気あるよ 〞とか〝冬にはこんなのが出るよ〞などの話をしてね。買わなくても会いに行きたくなるような、名物販売員の方がいても楽しいですよね。今度、僕がコンシェルジュになるのはどうでしょうか。食料品フロアをまわって、お客さまにご提案しますよ」

生江コンシェルジュいいですね! 期待します!

生江さんがおすすめする、伊勢丹新宿店のアイテムとは?

〈虎屋菓寮〉あずき粥

〈虎屋菓寮〉あずき粥(1人前)1,296円  ※あずきと米を丁寧に炊いた滋味深いあずき粥はお漬物付きで、1日数量限定販売。

さて、そんな生江さんのお気に入りはというと、〈虎屋菓寮〉のあずき粥。お腹が空いたときに食べるとほっと落ち着くのだそうです。「体にも優しいし、疲れているときに食べるともう一回外へ飛び出すエネルギーが出るんです。他にもあんみつも大好きですね。〈とらや〉は歴史のあるお店ですからあずき粥がどうやって誕生したか、そんなストーリーをスタッフの方に聞きながら食べると、歴史の中に立っているんだなと実感させられます」

食の歴史を知ることもその味わいのひとつ。さまざまな角度から食を眺め、また食を通じて人と人とのつながりを考える生江さんのスタイルをFOODIEは今後も追っていきたいと思います!

PROFILE

bricolage bread & co.店内

生江史伸(なまえ・しのぶ)
1973年、神奈川県横浜生まれ。2008年ロンドンの<ザ・ファットダック>にてスーシェフを務める。2010年より表参道<レフェルヴェソンス>のエグゼクティブシェフとして現在も腕を振るう。2018年6月、<bricolage bread & co.>をオープン。

文:FOODIE編集部
(冊子FOODIE10月号より一部抜粋編集)

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=茶の道/虎屋菓寮にてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い