風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_1

フランスのシャンパーニュ地方で、決められた製法に従って造られる発泡ワイン「シャンパーニュ」。日本では、パーティなどの晴れの場を盛り上げてくれるお酒としておなじみですが、日常的にも愉しみたいですよね。

そんなシャンパーニュの醸造を手がける数あるメゾンの中でも、個性光る小規模生産者(レコルタン・マニピュラン)の魅力について、伊勢丹新宿店『グランド カーヴ』のソムリエ・宮沢典芳さんにうかがいました。

土地の個性が際立つ、一期一会のシャンパーニュ

シャンパーニュと聞けば、「モエ・エ・シャンドン」や「ヴーヴ・クリコ」といった大手メゾンが有名ですが、それらとは一線を画する小規模生産者のシャンパーニュも人気を集めています。その魅力の違いについて宮沢さんは、こう説明します。

「大手メゾンのものは、いつ飲んでも同じクオリティの味を愉しめるという安定感が魅力です。逆に小規模生産者のものは、年ごとに味が違う、手づくり感の魅力があります」

大規模経営の大手メゾンは、自社で所有する畑のぶどうや契約農家から仕入れたぶどうを使って醸造しています。いろいろな村のものをブレンドすることで、安定した味を造り出すことができるのだそうです。

風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_2

一方、小規模生産者は、自分の畑で育てたぶどうだけを使って醸造するので、ぶどうの出来具合などに左右される分、味が一定ではありません。そこに面白さがあるのだと宮沢さんは言います。

「小規模生産者のシャンパーニュは、村ごとのキャラクターを楽しめるのも特長で、土地の個性が味に強く出ているんです。たとえば、シャルドネ(白ぶどう)をメインに醸造する村もあれば、ピノ・ノワール(黒ぶどう)をメインにする村もあります。それだけで、味わいはまったく違ってきます」

古代品種のぶどうを使ったワインも登場

ほかにも木樽で発酵・熟成を行ったりと、畑の管理から醸造まで生産者のオリジナリティが色濃く反映されるようです。ちなみに最近は、ぶどうの古代品種を栽培して造るシャンパーニュや、原酒ワインにこだわった造り方がトレンドなのだとか。

「古代品種は、取り組みがはじまって間もないので、味はまだ挑戦中という感じですが、その

うちにおいしいものが出てくるかもしれません。また、若手生産者の間では、シャンパーニュのベースとなるワインに使うぶどうを丁寧に選別するなど、ワイン醸造の部分に力を入れるところも出てきています」

さまざまなメゾンの味を飲み比べる贅沢

そんな個性豊かな小規模生産者のシャンパーニュを、あれこれ飲み比べてみたいという方におすすめなのが、「小規模生産者シャンパーニュ ハーフボトル飲みくらべ10本セット」(各375ml)29,160円(税込/120セット限定)です。(ご好評につき完売いたしました)

「立地の違うメゾンのものがセレクトされているので、土地ごとの個性が愉しめるはずですよ」という宮沢さんに、愉しみ方のポイントを教えてもらいました。

風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_3

「たとえば、このセットの構成の軸になっている左から3番目と7番目の<ルブルン・セレブネイ>は、全体に酸味の効いた、きりりとした辛口の味わいなので、冷やしてスターターとして飲んでみてください」

食事と一緒に楽しみたいなら、左から8番目の<アンリエ・バザン>ブラン・ド・ノワールがオススメとのこと。

「『ブラン・ド・ノワール』は、黒ぶどうのみを使用したシャンパーニュで、ほんのりオレンジ色がかっています。冷やしてフルート型のグラス(細いグラス)で飲んでもいいですが、あえてワイングラスを使って、少し温度を上げて飲んでみるのもいいでしょう。風味が強いので、軽めの肉料理などにも合うと思いますよ」

お気に入りを見つけたら、ラベルをチェック!

「飲み比べて、もし好みのものを見つけたら、ラベルを撮影するかメゾン名を控えておいてくださいね。ご来店いただいたとき、お客さまのお好きなシャンパーニュをセレクトする大切な手がかりになりますので」

造り手のこだわりによって味や香り、色まで違ってくる、シャンパーニュの奥深さに触れられる絶好のチャンスです。さっそく、いろいろなメゾンの味を試して、自分好みのシャンパーニュを見つけましょう!

文: 森田香子

写真:写真提供:Think Stock(1〜2枚目)

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数量には限りがございますので、品切れの節はご容赦ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられています。

  • スタイリスト/宮沢典芳

    伊勢丹新宿店本館地下1階「グランド カーヴ」のソムリエ。年1回は、フランスのシャンパーニュ地方へ足を運ぶほど、泡が大好き! 毎日、シャンパーニュが飲めるような生活にあこがれつつ、日常ではビールやハイボールなどの泡も楽しんでいる。 趣味は、スタジアムでのサッカー観戦。ひいきのチームは、地元の柏レイソル。

商品の取扱いについて

世界各国のワインとハードリカーが揃った伊勢丹新宿店のグランド カーヴ。その充実のラインナップをはじめ、イベント情報や専属ソムリエによる旬なワイン情報などをお届けするワイン・洋酒の総合オンラインページ「グランド カーヴ オンラインストア」はこちら

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ