端午の節句の「ちまき」。山形県鶴岡市の変わり種「笹巻き」もどうぞ_01

端午の節句といえば、鯉のぼり、かぶと、柏餅……そして「ちまき」。古来より伝わり、特に西日本に多く残るちまき文化だといいますが、東北は山形県鶴岡市にも。ユネスコの食文化創造都市にも選ばれた、地域の個性を強く残したこの土地には、少し変わった「ちまき」文化があるようです。

「山形食べる通信」編集長の松本典子さんが独自の考察も一緒に、おいしい風習を教えてくれました。

古代中国から渡来した、ちまき文化と、鶴岡に伝わる独特の笹巻き

端午の節句、5月5日の食べ物といえば「ちまき」と「柏餅」。柏餅が作られるようになったのは近世からと新しいのに対し、ちまきの起源は古く、中国の伝説によると、紀元前288年に楚の国の王族・屈原(くつげん)の霊を弔うため、陰暦の5月5日に笹の葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたと言われています。日本の文献で最も古いのは平安時代に編纂された『倭名類聚鈔』。「和名知萬木」の項目に、もち米を植物の葉で包み、灰汁で煮込んだものを5月5日に食すという記述が残されています。

IMG_4798

『日本の食生活全集』という本には日本各地の「ちまき」の名称が57種類も記載され、素材や形、製法は多少異なれど、ちまきが全国的に親しまれていることがわかります。

山形では、もち米を笹の葉で包んでお湯で煮たちまきが「笹巻き」と呼ばれ、端午の節句には県内全域で食されています。ところが、私の暮らす鶴岡市の「笹巻き」は、他地域のものとは見た目も味もまったくの別物。笹をひらくと中身が黄色く、プルンとしたゼリー状をしています。

地域によって、さまざまな形をした、手仕事が生み出すアート

この特別な味わいの秘密は「灰汁(あく)」の利用にあります。灰のアルカリ性分には、植物の繊維を柔らかく膨張させ、水溶性のあく成分(エグみや渋味)を細胞外に出す働きがあります。笹巻きの場合、木の灰を溶かした水の上澄みにもち米を一晩浸けるのですが、こうすることでお米に黄色い色がつき、水で煮るとプルプルに。さらに灰汁の持つ殺菌力や防腐効果によって長期保存が可能になるため、戦国武将や山伏の携行食として重宝されたそうです。

IMG_4767

この「灰汁を使った笹巻き」は鶴岡市内全域で作られているのですが、その形はさまざまです。テトラパックのような「こぶし巻き」、おにぎりの形の「三角巻き」、たけのこ状の「つの巻き」。私は「こぶし巻き」に挑戦したことがありますが、笹の葉2枚とヒモで中身が漏れないように隙間なく包み、引けば一度でほどけるように結ぶという、高度な手仕事なのだと気づかされました。ちなみに、近年は少なくなりましたが、特別なお祝いの時には笹の葉を30枚以上重ねた「大きなたけのこ巻き」というものも作られます。若い伝承者が現れ、こうした美しい伝統を受け継いでくれることを願います。

灰汁を使った製法はどこから来たのか。笹巻きの起源をさぐる

ところで、なぜ鶴岡周辺にだけ「灰汁を使った黄色い笹巻き」があるのでしょうか。これには、いくつかの説が挙げられています。

1) 西郷隆盛が伝えた?

鹿児島にも同じ製法の「あく巻き」が存在します。庄内藩は戊辰戦争に敗れた際、西郷隆盛の取りなしによりお家取り潰しを免れました。そのため西郷氏は庄内地方で慕われており、鹿児島市とは姉妹都市になっています。ですが、戊辰戦争より80年も前の文献に「灰汁でちまきを煮る」という記述があるため、残念ながらこの説は違っているようです。

2) 北前船が持ってきた?

鹿児島の「あく巻き」が北前船によってもたらされたという説です。この可能性は確かにありますが、北前船の寄港地である酒田の周辺は、あくを使わない「白い笹巻き」の家ばかり。酒田港から鶴岡までの約20kmの間に伝来の痕跡が無いことは、ちょっと不思議です。

3) 個人的仮説。もしかして幕府伝来?

戦国時代に食べると大勝した秘伝の「朝比奈ちまき」というものが存在したと言われています。徳川家康がその存在を知り、家臣に命じて献上させたことから、2大献上ちまきの1つとして全国的に有名になったと文献にも記されています。このちまきは残念ながら一度途絶えてしまったのですが、朝比奈家に伝わる古文書によると、ツバキの木を燃やして灰を作り、その灰汁にもち米を一晩浸して吸収させ蒸したとのこと。鶴岡の笹巻きと、まさに同じ製法です。庄内藩を治めていた酒井家は「徳川四天王」のひとつに数えられるほど幕府と親密な関係にありました。合戦の縁起物とされていた「朝比奈ちまき」の製法を特別に教えてもらったとすれば、武家の多い城下町・鶴岡で広まり、他の地域には伝わらなかったことにも説明がつきます。

最後の説については検証が必要ですが、少し気になりませんか? 端午の節句は古来より家康をはじめとする武将たちも、武功を祈願して灰汁を使ったちまきを食べていたようです。無病息災と立身出世を願いつつ、さあ、おいしく召し上がれ!

端午の節句の「ちまき」。山形県鶴岡市の変わり種「笹巻き」もどうぞ_04

笹の葉から取り出したら黒みつを絡め、黄緑色の「青きな粉」をまぶしていただきます。

文: 松本典子(山形食べる通信編集長)

写真:本間聡美

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ