Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.03.30

おすすめアイテム

おにぎり専門店<穂の香>の売れ筋! 進化系おにぎりベスト6

伊勢丹新宿店のおにぎり専門店<穂の香>は、定番から個性的なものまで、ほかでは味わえないプレミアムなおにぎりが並ぶ人気店。厳選された新潟県魚沼産コシヒカリの棚田米を、毎日、店内厨房で炊き上げ、米の粒をつぶさないよう人の手でふっくらと握るというこだわりぶりです。おにぎりというと鮭や明太子などの王道ももちろん人気ですが、見た目がユニークだったり、意外性のある具材を組み合わせたりした「変わり種」も<穂の香>では隠れた人気商品! 豊富なラインアップのなかから、ぜひ一度は試してもらいたい、人気の「進化系おにぎり」を紹介します。

玉子かけご飯をおにぎりに!? 「半熟煮玉子」

穂の香の半熟煮玉子

<穂の香>半熟煮玉子 281円(税込)

「玉子かけご飯をおにぎりで再現する」という大胆なコンセプトで作られた「半熟煮玉子」。丸ごと1個入った味付け玉子は、黄身の絶妙な半熟具合と、昆布とかつおだしベースのうまみの効いたタレに漬け込んだ甘辛い味わいがポイント。『ウナギの蒲焼き』をイメージしたという少し甘めのタレが染みたご飯が、黄身と絡み合って濃厚な美味しさ! 見るからに食欲をそそる、広い世代から大人気のおにぎりです。

銀鮭と醤油いくらの贅沢共演! 「鮭親子」

穂の香の鮭親子

<穂の香>鮭親子 292円(税込)

やわらかく香り高い有明海産の海苔に、お雛さまのように包まれた定番のなかでも特に人気の「鮭親子」。ほどよく脂ののった銀鮭は、蒸し焼きにし、しっとりとした仕上がりに。そこに、少し濃いめの特製醤油ダレに漬け込んだいくらが、贅沢にトッピングされています。いくらのプチプチとした食感と鮭のやわらかい身がご飯と混ざり合い、最強の親子共演が実現! 素材の良さが光る一品です。

バラ肉の脂がご飯と相性抜群! 「豚の肉巻き」

穂の香の豚の肉巻き

<穂の香>豚の肉巻き 238円(税込)

食欲をそそる見た目と濃いめの味付けで、特に若い男性からの人気が高いという「豚の肉巻き」。一般的な肉巻きおむすびは、豚モモ肉で作られることが多いですが、<穂の香>ではご飯と相性が抜群の脂身の多いバラ肉を使用。肉は下味用のタレ、焼いた後に付けるタレと2種のタレを使うことで味に奥行きを出しています。あえて少なめにしたご飯は、どこを食べても肉を感じられるようにという配慮から。サイズは小ぶりですが、満足感はたっぷりです。

大きな海老が丸ごと1本! 「海老天むす」

穂の香の海老天むす

<穂の香>海老天むす 270円(税込)

名古屋名物として有名な「天むす」ですが、<穂の香>の「海老天むす」は、ひと味違います! なんと大きな海老の天ぷらを丸ごと1本、はみ出すようにおにぎりにのせた、まさに海老天丼を彷彿とさせる一品。やや濃いめに仕上げられた天つゆは、衣に絡みやすいよう、あえて濃い味付けにされています。ぷりぷりの海老天によく絡み、1個食べれば大満足!

おにぎらずでも半熟たまごが人気! 「とろたまハムカツ」

穂の香のとろたまハムカツ

<穂の香>とろたまハムカツ 346円(税込)

<穂の香>では、おにぎらずの形態をとった「ぐぅサンド」シリーズも大人気。なかでも「とろたまハムカツ」は、「ワンハンドで丼ものを」というコンセプトで作られた、ボリュームたっぷりのおにぎらずです。見事な半熟具合の目玉焼きと肉厚なハムカツがサンドされ、食べごたえ満点。たっぷりご飯に染み込んだハムカツソースはどこか懐かしい味わい。一度食べると、やみつきになること間違いなしです。

カルフォルニアロール風の鉄板の組み合わせ! 「アボカドチーズサーモン」

穂の香のアボカドチーズサーモン

<穂の香>アボカドチーズサーモン 324円(税込)

同じく「ぐぅサンド」シリーズの「アボカドチーズサーモン」は特に女性に人気のメニュー。スモークサーモンたっぷりで、口に入れた瞬間、燻製のやさしい香りが広がります。クリーミーなアボカドとチーズとの相性もぴったり。ピリッとした辛みのわさびが隠し味に。洋風テイストに和の食材がマッチしたワザありの一品です。

文: 斉田麻理子

写真:本間直子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/穂の香にてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。