Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.03.15

おすすめアイテム

日本酒好きにこそ! 伊勢丹の和酒担当がすすめる進化系日本酒5選

日本酒好きな人にこそぜひ知ってほしい新世代のお酒が、続々と登場しています。日本酒の従来のスペックにこだわっていなかったり、アルコール度数がビールのように低かったりと、「日本酒とはこういうもの」というセオリーを破る、自由な発想から造られているんです。

ひと口目に絶対に驚くその存在は、いわば「アドバンテージ日本酒」といったところ。伊勢丹新宿店の和酒担当・倉友桐さんが、特に注目する5つを紹介します。

キーワードは「低アルコール・酸・低精米」

「日本酒ブームが久しいなか、これまでは淡麗辛口ブーム、プレミアム銘柄ブームなど、一極集中人気が続いていました。一方で、若い造り手たちが『日本酒の魅力はもっと幅広い』ということを表現しはじめたんですね。味わいに自分たちの酒造りのコンセプトを明確に出したり、具体的にどんなシーンで楽しんでほしいかを想定して仕上げたりなど、より振り切った個性的なお酒が、全国の蔵から続々誕生しているんです」

新しい日本酒の注目ポイントは、アルコール度数と酸の扱い方、そして精米歩合です。

「日本酒は15~17%のアルコール度数が一般的ですが、極端に低いアルコール度数に落としたものが目立ちます。また日本酒において、酸味も味わいの印象を決める特徴のひとつですが、その酸をどんなニュアンスで出すかによって個性を表現しているお酒が増えているんです。さらに低精米のトレンドも見逃せません」

<川鶴酒造>乳酸系でさっぱりゴクゴク飲める!「讃岐くらうでぃ」

川鶴酒造の讃岐くらうでぃの中身と瓶

川鶴酒造>讃岐くらうでぃ(720ml)  1,296円(税込)

今回紹介するなかでも、アルコール度数の低さで際立っているのが香川県<川鶴酒造>の「讃岐くらうでぃ」。その名の通り、雲のような色合いの濁り酒です。

「アルコール度数6%、という驚きの低さ。乳酸系で、ヨーグルトのような風味を感じます。甘酒のように麹の味わいがしっかり立っていますが、米くささのようなものはまったくなく、後味はさっぱり。おすすめの飲み方はロックです。アペリティフとして楽しんだり、味の濃いお肉料理などと一緒に、ゴクゴク飲めるお酒です」

<伴野酒造>フルーティで甘酸っぱい「ボー・ミッシェル」

伴野酒造のボー・ミッシェルの中身と瓶

<伴野酒造>ボー・ミッシェル(500ml) 1,080円(税込)

まるでワインのようなおしゃれなボトルに入った「ボー・ミッシェル」も低アルコールに振り切った1本。音楽を聞かせて味がまろやかになる、というこだわりもユニークです。

「アルコール度数は9%、特別な仕込み方法で低アルコールに仕上げています。りんごのような香りと後味が印象的な、甘酸っぱいお酒。クリアな甘みで、同じ低アルコールでも『讃岐くらうでぃ』の乳酸系とは方向性が違いますね。日本酒独特のうまみの風味は控えめ。フルーティで飲みやすいので、日本酒ビギナーの方にもおすすめです」

<せんきん>甘酸っぱさは洋食にもぴったり「モダン仙禽 無垢」

せんきんのモダン仙禽 無垢の中身と瓶

<せんきん>モダン仙禽 無垢 (720ml) 1,350円(税込)

続いては、酸味に振り切った日本酒を紹介。栃木県<せんきん>の「モダン仙禽 無垢」は、30代の蔵元の兄弟が、蔵が考える「新しい日本酒」を表現したお酒です。

「お兄さんがソムリエの経験を持つ方ということもあってか、日本酒にワインのような解釈が加えられ、酸を活かした味わいに仕上げられています。フレッシュな酸味と甘みが立ち、果実のような香りで飲みやすい味わい。飲みなれた日本酒とは別の角度から食事とのペアリングにアプローチし、特に洋食と相性抜群。人気銘柄『仙禽』の哲学を感じる入口としても相応しい1本です」

<美吉野醸造>うまみと酸味のバランスが新鮮「花巴 水

美吉野醸造の花巴 水酛の中身と瓶

美吉野醸造>花巴 水酛(720ml) 1,512円(税込)

奈良県<美吉野醸造>「花巴 水酛」は、昔ながらの酒造りをベースに、古くて新しい味わいを目指した1本。

「自然の力だけで発酵させる古来からの手法『水酛仕込み』で作られています。米のうまみが立った『これぞ日本酒』というクラシカルな味わいながらも、乳酸系のヨーグルトのようなさわやかな酸味も兼ね備え、その絶妙なバランスにハッとするはずです。柿の葉寿司などの発酵食品や、クセのあるジビエなどとよく合います」

<室町酒造>低精米で米のうまみを楽しむ「櫻室町」

室町酒造の櫻室町 赤磐雄町の中身と瓶

<室町酒造>櫻室町 赤磐雄町(720ml) 2,376円(税込)伊勢丹新宿店限定

最後に紹介するのは、酒米自体の美味しさに注目した岡山県<室町酒造>の「櫻室町赤磐雄町」。

「精米歩合80%と、最近のブーム、低精米を象徴する1本ですね。以前は酒米の芯に向かってギリギリまで削り、雑味のないクリアな味わいを表現するのがトレンドでしたが、そもそも酒米自体が美味しいはずなのに削ってしまうのはもったいない、酒米の味を活かしたお酒を造ろう……というコンセプトから生まれたお酒です。うまみの強い味わいながら、後味はすっきり。冷でもお燗でも食事全般に合います」

いずれもまったく異なる個性を備えながら、ひと口目で「そう来たか!」と、うれしい裏切りを感じる点では共通。既存の枠を自由に飛び越える日本酒の登場で、今後ますます酒好きの楽しみが増えそうです。

文: 斉藤彰子

写真:菅井淳子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※お品切れの場合がございます
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。

バイヤー・スタイリスト / 倉友桐
伊勢丹新宿店・和酒担当。職場の明るいムードメーカー。趣味は、下町の居酒屋で1人飲み。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/和酒にてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。