Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.03.04

おすすめアイテム

梅酒をビールで割る? 和酒のプロが教える【梅酒の割り方】4選

強いお酒は苦手だけど、お酒自体は嫌いじゃないという方。甘めでやさしいものを……の選択肢に「梅酒」を選ぶこと、多くありませんか? ただ、飲みやすいとはいえ、ずっとだと飽きてしまいがち。

「そんなときは、梅酒を『割る』飲み方を一度試して欲しいですね。家にあるお茶などで割るだけでいいんです。定番の梅酒のソーダ割りと同様で、飲みやすくなるのはもちろん、梅のフルーティな香りが立ったり、酸味がキリッとして感じられるなど、ロックで飲んでいるときには気づかなかった梅酒の美味しさが味わえますよ」

そう教えてくれたのは、伊勢丹新宿店で和酒を担当し、梅酒の味わいや飲み方に詳しい平岡豪さん。今回は、「実はお酒が苦手……」という平岡さんならではの、飲みやすさ抜群の割り方アイディア4つをご紹介。スッキリと飲みやすい「ビール割り」や「梅酒ハイボール」は、梅酒は甘くて苦手という辛党にも気に入ってもらえるはず。家にあるものばかりなので、気になるものがあったら、まずは一度試してみて!

【梅酒のビール割り】飲んだ後に感じる、梅の香りが心地いい

梅酒:ビール=1:1

梅酒をビールで割っているところ

梅酒にビール!? とちょっと意外な組み合わせですが、実はとっても合うんです。梅酒の「甘さ」はビールの苦味のおかげで軽やかに。対してビールの「苦味」はマイルドに変化します。どちらの味も薄まるわけではなく、そのやさしいバランスが絶妙! 飲み干したあとに鼻を抜けるフルーティな香りも心地よく、一度味わう価値あり! の割り方です。

「合わせるビールは、クラフトビールのように苦みが強かったり味が濃かったりするものよりも、軽いタイプのものを選んでください。日本の大手メーカーの定番の銘柄なら比較的どれでも合いますよ」

木内酒造の木内梅酒のイメージ

<木内酒造>木内梅酒(500㎖)1,080円(税込)

おすすめはこの梅酒!

ビールに合わせるなら、甘みがスッキリとした梅酒がおすすめです。この<木内酒造>の木内梅酒は、ハーブが効いたスッキリとした味わいが特徴。梅を漬けているのが「ビール酵母入り」のスピリッツなので、まさにビール割りにぴったりの1本です。

 

【レモンたっぷり梅酒ハイボール】揚げ物に合わせたい爽快さ!

梅酒:炭酸水=1:1(レモン果汁はお好みで)

レモンがたっぷり入った梅酒ハイのイメージ

梅酒の「ソーダ割り」は定番ですが、そこにレモンを加えるだけで、味わいは激変! 清涼感がグッとアップして揚げ物などにもよくあうテイストに。梅酒のやさしい香りは残っているので、「甘いお酒が好き」という方でも飲みやすいはずです。

「レモン果汁はたっぷり加えるのがおすすめです。また、冷凍庫でカチカチに凍らせたレモンのくし切りを氷代わりに入れれば、クリアな酸味が継続し、キリッと冷えた味が長く楽しめますよ」

梅乃宿のあらごし梅酒のイメージ

<梅乃宿酒造>あらごし梅酒(720㎖)1,512円(税込)

おすすめはこの梅酒!

ハイボールにするなら、濃厚な味わいの梅酒がぴったり。<梅乃宿酒造>のあらごし梅酒は、約18個分の梅の果肉をブレンドしているから、トロリとした濃厚な味わいで特におすすめです。レモンと炭酸水を加えることで梅の濃厚な香りに清涼感がプラスされ、フルーティで爽快な飲み口に。

 

【梅酒のアイスティー割り】お茶感覚でスルスル飲める

梅酒:アイスティー(加糖タイプ)=2:1

梅酒を紅茶で割っているところ

なんとなく味の想像がつきそうな組み合わせですが、一度味わったら想像を超える相性のよさにきっと驚きます。注目すべきはその香りの面白さ。紅茶独特の渋みを含んだ香りと、梅酒の甘い香りがぴったりフィット。飲むごとにふわっと香ります。割ることでアルコール分は薄まりますが、香りに満足感があるので物足りなさは感じません。

「梅酒のフルーティな香りを生かすため、紅茶は渋みが強く感じるホットより、アイスがおすすめ。加糖タイプのほうが梅酒の甘さとよくなじみます」

<菊水酒造>の紅菊水のイメージ

菊水酒造>紅菊水(500㎖)1,366円/(720㎖)2,058円(各税込)

おすすめはこの梅酒!

アイスティーと相性がいいのは甘さ控えめで、香り豊かなタイプの梅酒。<菊水酒造>の紅菊水は、フルーティな梅の香りが持ち味ですが、アイスティーと合わせることで、豊かな香りがよりいっそう際立ちます。

 

【梅酒の甘酒割り】甘すぎず、梅の果実感がぐっと際立つ

梅酒:甘酒=1:1

米麹甘酒で割っているところ

甘いもの2つの組み合わせなので、「すごく甘そう」と思われるかも。でも、梅酒の酸味のおかげで、意外にも甘さはあっさり。丸みのある味わいの甘酒と梅酒が合わさることで、梅の果実感あふれる香りがぐっと立ち上がってきます。

「デザートワインのように食事の最後に飲んだり、寝る前のリラックスタイムのお供として飲んだりするのにぴったり。使う甘酒は、酒粕タイプよりもマイルドな味わいの米麹タイプがおすすめです」

紀州本庄うめよしの縁-ENISHI-のイメージ

<紀州本庄うめよし>縁-ENISHI-(720㎖)2,160円(税込)

おすすめはこの梅酒!

甘酒には、酸味と香りが強いタイプの梅酒が好相性。さまざまなブランドのなかでもとくにその「香りの濃さ」が特徴の<紀州本庄うめよし>の縁-ENISHI-なら、甘酒に合わせることで完熟南高梅の豊かな香りが、一層ジューシーに感じられます。

 

文: 白鳥紀久子

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。

バイヤー・スタイリスト / 平岡豪
伊勢丹新宿店本館地下1階 粋の座/和酒担当。常に、酒と食とのマリアージュを模索。実はお酒は苦手ですが、その分先入観なく酒の味や香りを客観的に分析し、お客さまにその情報を届けています。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/和酒にてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。