ママのためのカフェ。「ラッテ チャノママ」を120%楽しみ尽くす方法_1

靴を脱いで、お子さんとご一緒に、ゆったりくつろいでください。

この3月に6階のベビー・子ども用品フロアがリモデルオープンして、ますます子連れで楽しく過ごせるようになった伊勢丹新宿店。それに先駆け、昨年末に同じく本館6階にオープンした親子カフェ「ラッテ チャノママ(latte chano-mama)」が、口コミで大人気です。リピーターも続々訪れているそう。

ママのためのカフェ。「ラッテ チャノママ」を120%楽しみ尽くす方法_2

人気の秘密は、「小上がり」のマットレス席。親子ともども一緒になって、裸足でリラックスできる仕組みになっているんです。このお店の上手な楽しみ方を、店長の北沢千鶴さんに伺いました。

 

ママが気持ちいいと、子どもも家族もニコニコ!

白を基調とした柔らかな空間に、赤をアクセントにしたインテリアで、親子カフェというよりも大人の女性が満足できるカフェ。でも、店内に入ると、真っ先に目に飛び込んでくるのは、広々とした一連のマットレス席です。

ママのためのカフェ。「ラッテ チャノママ」を120%楽しみ尽くす方法_3

「ここでお客さまは、ごろごろねんね赤ちゃんを寝かしつけたり、お座り赤ちゃんをあやしたり。まるで、おウチでお茶するように、リラックスされていますね。マットレス席以外でも、小さな子どもや赤ちゃん連れでもゆったりとくつろげるよう、広々としたソファ席やテーブル席、子ども用チェアなど、月齢に合わせたお席も用意しております」

ランチタイムにおすすめなのは、パンとミニスープが付いたお得なセット。メインは、一番人気の「大地の恵みサラダ」のほか、「国産鶏ときのこの豆乳クリームソース」など、数種からセレクトできるそう。

「子どもにも大人と同じホスピタリティで接するというコンセプトから、親子で同じメニューからセレクトして、シェアできるよう、食べやすくヘルシーなお料理を心がけています。素材も見た目が楽しく、カラダにもやさしいお野菜が中心です」

ママのためのカフェ。「ラッテ チャノママ」を120%楽しみ尽くす方法_4

子どもがコンセプトのお店は、子ども中心の設計がほとんど。でも、「ラッテ チャノママ」は、まずママを喜ばせることに、注力しているといいます。

「ママがおいしい食事をとれば、笑顔にもなるし、おいしい母乳のもとになる、結果的に子どもも家族もみんなにとってうれしいことづくめ。また、赤ちゃん連れでも、カフェに隣接するイーストパーク内で販売している離乳食を店内で召し上がっていただくこともできます。」

好みにブレンドできるハーブティーは24種から!

そのくつろぎやすさから、口コミが口コミを呼び、残念ながら土日は入店の待ち時間も発生してしまう「ラッテ チャノママ」。来店するには、事前にお電話で予約をしておいた方がよさそうです。

「もし事前のご予約がなくても、平日のお昼以降のお時間は、いったん来店してお名前と電話番号を記入していただければ、店の前で並んでいただかなくても、携帯電話にご連絡をいたします。その間は、お買物を楽しんでいただければ、待ち時間が退屈になることもありません。また、小さな赤ちゃんが帰宅する17時以降も意外と空いていることも多いですよ」

その日の気分や体調に合わせてお好みで選べるハーブティー(香茶)は、ワゴンサービスで提供。24種類のハーブから好きな茶葉を2~3種類選び、独自の組み合わせでブレンドを楽しめます。

ママのためのカフェ。「ラッテ チャノママ」を120%楽しみ尽くす方法_5

子どもにも、ママにも、やさしいお店でありたいという思いから生まれた「ラッテ チャノママ」。店名は、「大人(コーヒー)と子供(ミルク)が会って(ATTE)幸せになれる場所」という意味なんだとか。

「子どもが中心でママは二の次、になるのではなく、ここにいらしたときは、普段の生活からちょっと解放されて、非日常空間でおいしいものを味わっていただきたいですね。もちろん、子連れじゃない方も大歓迎です」

デザートメニューも色鮮やかで、気持ちが華やぐばかり。子連れのときだけじゃなく、女子会や買物の際の休憩にと、いろいろ活用したいですね。

文: 羽生田由香

写真:アイキ元

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/北沢千鶴

    代官山で人気のカフェ「chano-mama」の立ち上げからプロジェクトに関わり、この「ラッテ チャノママ(latte chano-mama)」オープンと同時に店長に。「子供がいない私が、女性が子連れでも楽しくくつろげるカフェを考えることに意義があると思う」と、日々サービスの向上を心がけています。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ