日本酒と米のイメージ

毎年新しいトレンドが誕生している日本酒の世界。「今年は『低精米』の日本酒が来ています!」と分析するのは、伊勢丹新宿店・和酒担当の倉友桐さんです。

「少し前まではお酒単体で味わう『大吟醸』などの高精米がブームでしたが、近年はフードとのペアリングを楽しむ人が増えてきています。それにはお米の個性が味わえて、香りよりうまみに特化した低精米がぴったりなのです」

今回は倉友さんに、注目の「低精米」の日本酒を教えてもらいます。

お米を磨かない「低精米」の日本酒とは?

「日本酒は原料となる米の外側を削って(磨いて)中心部だけを使うのですが、どれだけ磨き、お米が残っているかという数値を『精米歩合』といいます。低精米は基本的に80%以上。つまりお米の外側を2割程度しか『磨いていない』お酒なのです」

日本酒はお米を磨くほど透明感が増すと考えられており、「大吟醸」は50%以下、「吟醸」は60%以下まで磨くのがルール。80%がいかに「磨いていない」かがわかります。

でも、「磨かない」=「雑味が多い、重い」というイメージがありますが……。

「低精米=雑味なんてとんでもない! 近年は酒蔵の技術が格段に向上しており、低精米でも雑味を抑え、お米本来の濃醇さが表現できるように進化しています。お米を磨かない分、よりナチュラルな方法のお米栽培に取り組むなど、強いこだわりを感じられるお酒が多いんですよ」

それでは、倉友さんがおすすめする絶品の低精米日本酒3品を紹介します。

① お米の優しさが口に広がる……80%精米の「いづみ橋」

<泉橋酒造>いづみ橋「恵」海老名耕地 純米酒(720ml)1,404円(税込)

泉橋酒造のいづみ橋 恵

まずは神奈川県で米造りから精米、醸造まで一貫して行う<泉橋酒造>の一本。地元・海老名市で蔵人自ら栽培した酒米・山田錦を80%精米で醸します。

「低精米のお酒の特徴は、香りが穏やかでお米の味をしっかり味わえること。そのため食事と一緒に楽しむのにぴったりなのです。中でもおすすめはお燗。温めることでお米のうまみがじんわり広がって、長く余韻を楽しめます」

このお酒は蔵元もお燗を推奨する「お燗酒」。出汁を使った和食や焼き鳥などと相性抜群です。

『今、燗酒が面白い! バイヤーが見つけた「お燗に向く日本酒」5選』でも紹介。

② 穏やかな酸のバランス型! 85%精米の「舞美人」

<美川酒造場>舞美人 自社田山田錦85 特別純米無濾過生原酒(720ml)1,404円(税込)

美川酒造場の舞美人

続いては「いづみ橋」よりもさらに低精米な85%。福井県にある<美川酒造場>が自社田で愛情込めて栽培した山田錦を「できるだけ無駄にせずに届けたい」と、蔵の技術を結集して醸したお酒。

「低精米に加え、搾ったお酒に加熱や濾過などの処理をしていないことも特徴。どっしり濃厚な味わいがポイントです」

お米に残るさまざまな味の要素から、雑味ではなく、うまみと酸味をいかに表現するかが「低精米」の腕の見せどころ。「生」原酒なので、冷やしてお飲みいただくのはもちろん、さまざまな温度帯でお楽しみいただけます。毎日の食事と合わせたいオールマイティな一本です。

③ 食用のごはんとほぼ同じ90%! 甘酸っぱさが美味しい「妙の華」

<森喜酒造場>妙の華 CHALLENGE90(720ml)1,377円(税込)

森喜酒造場の妙の華

ラストはなんと食米とほぼ同レベルの90%という、超低精米の日本酒。三重県で全量手造り、純米酒のみにこだわる<森喜酒造場>が、低精米に加え昔ながらの「生(き)もと」(※)という製法、さらに加熱や濾過、加水などの加工をしていない「搾りたて」で瓶詰めした、まさにチャレンジングな一本です。

「重そうに感じますが、しっかりと酸があり、キレもあるので飲みやすく、バランスが絶妙。この蔵元さんもお燗で有名なので、ぜひ熱燗に挑戦してください」

※ 現在は乳酸を人工的に添加する「速醸」が主流であるなか、「生(き)もと」は日本酒のもととなる「酒母」を作る工程で自然界の乳酸菌を取り込んで発酵を促す方法。

コスパ抜群! 低精米の日本酒はデイリーに楽しんで

「低精米の日本酒は食中酒に適している上、お米を効率的に使えるため比較的リーズナブルでコスパが優れているのも魅力的。デイリーなお酒として楽しんでください」

文: 大久保敬太

写真:pixta(1枚目)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています

  • スタイリスト/倉友桐

    伊勢丹新宿店・和酒担当。職場の明るいムードメーカー。趣味は、下町の居酒屋で1人飲み。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/和酒にてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストア「和酒」はこちら。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ