日本橋千疋屋総本店のフルーツサンドイッチ

高級フルーツでおなじみの<日本橋 千疋屋総本店>。なかでもフルーツサンドイッチは同店のフルーツパーラーの看板商品です。食べごろのフルーツをホイップクリームとパンでサンド。フルーツのフレッシュな酸味としっかりした甘みが引き立った、誰もが繰り返し食べたくなるスイーツです。なぜこんなにも人々を魅了し続けるのか、本店に赴いてお話を伺いました。

【理由1】最高潮の「食べごろ」フルーツのみを使用

日本橋 千疋屋総本店フルーツサンドイッチで使われるフルーツ

<日本橋 千疋屋総本店>のフルーツサンドイッチは、なんといっても主役のフルーツの味が違います。

お話を伺った<日本橋 千疋屋総本店>店舗統括マネージャーの両角剛さんいわく、美味しいフルーツを提供するうえで大切なのは「食べごろを見極める」ことなのだそう。

「今日この日にもっとも美味しいフルーツを提供しているため、産地や品種は日によって変わることもあります。ブランド頼みではなく、流通しているフルーツのなかからその時に美味しい素材を職人が見つけているんです。最近は濃厚な甘さを持ち、酸味の少ないフルーツが流行していますが、千疋屋では酸味もフルーツの大切な魅力だと考えています。食べていただくとわかると思いますが、酸味がしっかり活きているでしょう?」

確かに、口に含んだ瞬間に甘さだけではなく、フレッシュな酸味も口いっぱいに広がります。この酸味も活かした食べごろのフルーツを使うところに、フルーツサンドイッチのほかにはない美味しさがあるようです。

【理由2】フルーツを引き立てる、パンとホイップクリーム

日本橋 千疋屋総本店フルーツサンドイッチで使うパンとクリーム

フルーツサンドイッチで使うパンとホイップクリームは、主役であるフルーツを引き立てるためとってもシンプル。パンはサンドイッチ用の薄切りを使用し、やわらかな食感を楽しめるよう耳は大胆に切り落とします。ホイップクリームは軽さを出すために、動物性と植物性のものをミックスして砂糖を控えめにすることで、フルーツそのものが持つ甘さが強く感じられるようにしているそう。

【理由3】手作りだからこその味わい

日本橋 千疋屋総本店のフルーツサンドイッチの断面

<日本橋 千疋屋総本店>のフルーツサンドイッチは、すべてお店のキッチンで職人が一つひとつ手作りしています。

フルーツを潰さずカットするため、職人たちは自分専用のペティナイフを使い、毎日手入れをしているそう。フルーツを3mmに美しくスライスする工程では、奥の深い専門店の技が光ります。美しくスライスされたフルーツがパンとホイップクリームと相まって、絶妙なバランスの美味しさを成しているのです。

テイクアウトでも楽しめる美味しさ

日本橋 千疋屋総本店のフルーツサンドイッチ

<日本橋 千疋屋総本店>フルーツサンドイッチ 1,188円(税込)

<日本橋 千疋屋総本店>の「フルーツサンドイッチ」はテイクアウトでも楽しむことができます。パーラーでは三角にカットした断面のより美しいものを、テイクアウトでは形が崩れにくい長方形のものが提供されています。

均一の厚さでカットされ、断面が美しく見えるよう計算して配置されたフルーツサンドイッチはまるで絵画のような美しさ。華やかな甘みとフレッシュな酸味、そしてホイップクリームのコクがバランスよく口いっぱいに広がり、一口食べるごとに幸福なひとときをもたらします。

<日本橋 千疋屋総本店>の目利きにかなったフルーツと、フルーツを引き立てるよう計算されたパンやホイップクリームを用い、職人の技によって完成するフルーツサンドイッチ。食べごろのフルーツのみを使用しているため、1日の販売数には限りがありますが、売り切れる前に手に入れたい一品です。

日本橋 千疋屋総本店のイメージ日本橋 千疋屋総本店

1834年創業。ブランドや産地に頼らず、そのとき流通しているなかでもっとも美味しいフルーツを目利きが選び、販売。日本橋本店のほか伊勢丹新宿店などに出店している。

文: 大川祥子

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/日本橋 千疋屋総本店にてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ