日本橋三越の500円プチギフトの集合イメージ

お呼ばれやちょっとしたお礼など、「プチギフト」が必要なシーンは多々ありますが、なるべく印象に残るアイテムを贈りたいもの。
以前好評だった伊勢丹新宿店で購入できる「プチギフト」に続き、今回は日本橋三越本店で、500円で買える「プチギフト」をピックアップ。WEB FOODIE編集部の3名が食品フロアで実際に探してきました!
※商品価格が500円以下の設定です。 

編集部が500円で探すプチギフトのテーマは……

WEB FOODIE編集部メンバー

左/お酒大好き! 編集K

食べることが何よりも好きで、とくに酒には目がない。手製のつまみを友人にふるまう「家飲み」をよく開催している。
「今回はプロジェクトでお世話になった人たちに配るアイテムを選びたいです」

中央/スイーツマニア 編集M

話題のスイーツはいち早くチェックするマニア。甘いものがあれば何もいらない派。
「日本橋といえば和菓子のイメージ。女子会で友人にお土産として渡すかわいいものを探します!」

右/料理が趣味 編集S

料理教室に通いながら研鑽中。味にも見た目にもちょっとうるさい。
「料理教室の仲間も納得する老舗の商品で、なおかつおしゃれな食材をセレクトしたいです」

日本橋三越本店で、ワンコインの名品を発見!

500円プチギフトの集合

「日本橋三越本店といえば百貨店の老舗。500円で買えるギフトなんてあるの?」と不安の声が聞こえた今回。でも実際に店頭へ行ってみると……「えっ、これが500円で買えるの!?」と驚くようなアイテムも。

編集K「今回は複数の人に配れるものを選ぼうと思ってやってきましたが、サイズも値段もコンパクトな商品がそろっているんですね」

編集M「老舗の商品は、見た目もかわいらしいアイテムが充実していました!」

編集S「リーズナブルな商品も、デザインや素材に高級感があるのはさすがですね。フロアが広いので、じっくり見ながら回れました」

編集部が選んだプチギフトをお披露目!

編集K「伝統の味をこの値段で買えるのは驚きです」

柿安の料亭しぐれ煮 釜揚げ牛肉やわらか炊き

<柿安>料亭しぐれ煮 釜揚げ牛肉やわらか炊き (60g) 540円(税込)

「老舗の<柿安>が、伝統的な製法で炊き上げたしぐれ煮です。口に含むと、国産牛肉のうまみがふわっと広がります。料亭の味がこの値段で買えるのは驚き! 僕はお酒に合わせたいですが、ご飯にのせてももちろん美味しい。一人暮らしの方からご家族のいる方まで、相手を選ばずにプレゼントできる一品だと思います!」

編集M「パッケージがキュート! 煮豆をスイーツ感覚で」

銀座鈴屋の銀座六花 おおふくまめ

<銀座鈴屋>銀座六花 おおふくまめ 540円(税込)

「甘納豆専門店<銀座鈴屋>の豆グラッセ。煮豆は渋いイメージがありますが、こちらはスイーツ感覚で食べられます。なにより、パッケージがとてもかわいい! 蓋を開けると、楊枝が入っているのも気が利いていますね。ほどよい甘さなので、甘いものがあまり得意ではない人にもオススメです。6種類あるので、女子会などに持ち寄って、それぞれ好きな味を選んでもらうと楽しそう!」

編集S「ちっちゃくてかわいい! 幅広く喜ばれそうなアイテム」

加賀麸 不室屋の細工麩 匠

<加賀麩 不室屋>細工麩 匠 540円(税込)

「金沢の人気ブランドの麸がこの値段で手に入るのは驚きです。ちっちゃくて彩りもきれいだし、とにかくかわいい! お吸い物や味噌汁、そばなど、汁物だったらなんでも合わせられるので、食卓が華やかになりますよ。この『細工麩 匠』は細工がとても美しいので、年齢問わず気に入ってもらえそう」

日本橋三越本店には、ワンコインでも相手を喜ばせることのできる気の利いたアイテムがいっぱい。ぜひフロアを探してみてください!

文: 木村咲貴

撮影:布川航太、矢野宗利(TOP画像)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=柿安、銀座鈴屋、加賀麩 不室屋にてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ