MOYASHIMON1と喰譜

時に味わい深く、時に人生の栄養となるのは、ひと皿の美味しい料理も、一冊の素敵な本も同じなのかもしれません。ブックディレクターの幅允孝さんがそんな「よく噛んで」読みたい、美味しい本たちを紹介してくれるこの連載。今回は海外に向けて日本の「食」と「文化」を伝える本をご紹介します。

マンガ『もやしもん』で発酵文化を伝える

日本の食を海外に伝えるとき、どうしても悩むのが日本食のステレオタイプだ。海外でSUSHIといえば、アボカドやエビにマヨネーズがたっぷり乗ったカリフォルニアロール的な、つまりデフォルメされたSUSHIが今までは当たり前だった。ところが、そういった「日本風」の料理ではなく、もっと本質的な日本料理を求める声が高まっている機運を、近々の出版物で感じることができる。

もやしもんの英訳「Moyashimon 1:tales of Agriculture」

『Dashi and Umami:The Heart of Japanese Cuisine』のような、お出汁の取り方を紹介した本がロングセラーとして愛され、日本の発酵文化を見事に紹介したマンガ『もやしもん』が『Moyashimon 1:Tales of Agriculture』として英語に翻訳され紹介される。日本文化である「マンガ」としての役割はもちろん、その背景にある食文化も伝える1冊だ。(ちなみに『もやしもん』は、吹き出し内や欄外のテキストが多いことで知られるのだが、それらもしっかり英語化し濃厚な発酵文化を余すとこなく伝えている。) 

食ではなく「喰」で日本料理の本質を伝える

喰譜 Jiki-fu

他にも人気がある食本はいくつかあるが、日本料理の本質を外国人にも伝えるという意味で緒方慎一郎の『喰譜 Jiki-fu』も欠かせない1冊だろう。

SIMPLICITY代表のデザイナー緒方慎一郎は、和菓子店「HIGASHIYA」や和食料理店「八雲茶寮」などを開き、日本文化の新しい差し出し方を模索してきた人。そんな彼に東京大学総合研究博物館館長の西野嘉章が協力する形で出版されたのがこの『喰譜 Jiki-fu』である。

「自然との共生のなかで培われてきた日本の感性を以て、食をひとつの芸術としてあつかう。」という序文の緒方の言葉にあるように、虎河豚(とらふぐ)、猪、蕨(わらび)など日本の食材とそれに合わせた器が博物誌的に美しく並ぶ。それらの写真は、まるで宝石やアートオブジェを撮るようなライティングで真っ黒な背景に写し出され、魚や獣の肉や見事に生育した野菜は神々しさすら漂わせている。その傍らには素材の来歴や受け継がれている調理法が日英表記で紹介され、この一冊を眺めれば日本が食を通じて大切にしてきた精神や作法、そして美意識を(知るというより)感じることができるだろう。

また、この本がユニークなのはタイトルのつけ方である。「食」ではなく「喰」という漢字を使った緒方の想いは、食べ物を芸術として捉えながら、あえて野趣(やしゅ)を好むという矛盾を孕んでいる。緒方の得意とするデザインの技術を用いれば「食べる」ということを崇高な事象に持っていき、どこまででも美しく装うことができたかもしれない。しかし、この本は僕たちが何か命を屠(ほふ)り、それを食べ、排泄しながら生きていることを認めている。つまり、たかが「喰」だと知り、その根本を認めながら、それでもなお食に憧れ、こだわってきた日本の食の系譜を包み込むような1冊なのである。

ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの店内

なぜこれらの本を紹介したかというと、マレーシアの首都クアラルンプールに私の会社「BACH」の手掛けた本屋ができて、実際にこの2冊を並べたからだ。

本屋は元々あった「クアラルンプール伊勢丹LOT10店」を全面改装した百貨店「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」の中にあり、地下1階から5階まで約1万1,000平方メートルにも及ぶ店舗の3階全体が本の売り場となっている。中には茶室やギャラリーもあり、本を中心とした体験型の複合施設ともいえる。

ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの店内

この3階にある書店は、日本の文化を紹介するために FOOD、CULTURE、KIDS、LIFESTYLE、TRAVEL & NATUREという5つのテーマに合わせ約8,000タイトルの選書によって成り立っている。準備に1年以上かけたこのプロジェクトは、とても骨の折れる仕事だったが、なんとか完成にこぎつけることができた。

文化は色々な方向から影響を与え合いながら、どんどん編みこまれるものだから、日本の食のリアリティを海外に伝えるのは本当に難しい。しかし、(最終的にはマレーシアならではの解釈で受け取られるとしても)発信する側が自分たちの足元をしっかり知り、踏み固めることはとても大切なのだなと今回のプロジェクトを通じて思った。

幅允孝のよく噛んで読みましょう #1 ミシマ社「コーヒーと一冊」_04

幅允孝(はば・よしたか)
ブックディレクター。BACH(バッハ)代表。人と本がもうすこし上手く出会えるよう、さまざまな場所で本の提案をしている。

 

文: 幅允孝

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ