幅允孝のよく噛んで読みましょう #5 「くらしのこよみ」 

時に味わい深く、時に人生の栄養となるのは、ひと皿の美味しい料理も、1冊の素敵な本も同じなのかもしれません。ブックディレクターの幅允孝さんがそんな「よく噛んで」読みたい、美味しい本たちを紹介してくれるこの連載。今回紹介するのは、1年のはじまりにふさわしい1冊。新年に目を通せば、新たな気持ちで丁寧に1年を暮らせそうです。

新年に眺めたくなる「毎年使えるカレンダー」

くらしのこよみの表紙

新年を迎えるにあたって、心改めたいとは毎年思う。実際にきちんと改まるかはさておき、新しい気持ちや決意をもって周りを眺めてみたいと感じる。そんな時、自身のくらしや移りゆく季節を鑑みる本がいいと思うのだけど、僕の場合は結局この『くらしのこよみ』を薦めることに行き着いてしまう。 

これは2011年に出版されたビジュアル歳時記。ダウンロード版もあるけれど、やはり紙の本がいいかなと個人的には思う。

日本には春夏秋冬と豊かな四季があるけれど、本当は七十二もの季節が存在することを教えてくれるこの1冊。地球から見た太陽の通り道「黄道」の一周365度を15度ずつ区切った「二十四節気(にじゅうしせっき)」。それをさらに3つに区分した「七十二候(しちじゅうにこう)」。より細やかな季節の表情を伝える「二十四節気七十二候」を知ることで、移り行く日々を噛みしめることができる。

旬のさかな、旬の野菜を噛みしめる

くらしのこよみの中面

早速ページを開いてみよう。春のページは旧暦の正月である「立春」という二十四節気から始まり、その「立春」も「東風解凍」(はるかぜこおりをとく)、「黄鶯睍睆」(うぐいすなく)、「魚上氷」(うおこおりをいずる)という七十二候の第一候〜三候に分けられる。ひとつの候は大体5日程度。そんな短いインターバルで、季節は移り変わっているのだ。

「東風解凍」を見ても明らかなように、その時期の自然の風景や動植物の変化をそのまま季節の名にする「七十二候」。2月4日から8日頃までを指す「東風解凍」のページをぱらりめくると、春の兆しとなるあたたかい東風が冬に厚く張った氷を溶かしてゆくという解説からはじまり、「立春や野に立つ棒を水つたひ」という中村苑子の俳句が紹介される。そして、次ページの見開きいっぱいには《旬のさかな》として伊勢海老、《旬の野菜》として蕗の薹(ふきのとう)がひろがる。

この《旬のさかな》と《旬の野菜》が僕は愉しみで、暇があればこの本をひらいて旬の食べ物を調べるようになった。実際、四六時中食べたいものが食べられる有難い世の中だからこそ、ささやかな時候に敏感でいたいと思えるし、カリフラワーや海苔の本当の旬を僕はこの本で初めて知った。

パラパラめくるだけで新しい発見があるビジュアル

くらしのこよみの中面

また、本書のよいところはそれらを伝えるビジュアルが優れていること。例えば、先述の伊勢海老は高木春山(たかぎしゅんざん)の『本草図説』から引用されている立派な絵と、『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』の絵が使われている。百科事典の出版社として有名な平凡社の本だからか、美しい絵、写真、イラストなどのビジュアル満載で二十四節気七十二候を伝え、好きな時に好きなページを眺めても読んでも愉しい1冊なのである。

さらには《季節のせいざ》や《季節のたのしみ》と称して星座や祭りを紹介するページもあるし、めまぐるしいスピードで過ぎ去っていく日々をしっかりと味わうにはうってつけの1冊ではなかろうか?

俳人の小澤實(おざわみのる)、折形(おりがた)デザイン研究所の山口信博、染織史家の吉岡幸雄という日本文化をよく知る3人が中心になってつくられた「うつくしいくらしかた研究所」発行の『くらしのこよみ』。ぱらぱらと意図なくめくっても、必ず新しい発見がある優れものの「毎年使えるカレンダー」だと思う。

幅允孝

Profile

幅允孝(はば・よしたか)

ブックディレクター/BACH(バッハ)代表。
人と本がもうすこし上手く出会えるよう、さまざまな場所で本の提案をしている。

文: 幅允孝

写真:山上新平

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ