Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.06.30

おすすめアイテム

これを選べば間違いなし! 伊勢丹のロングセラー弁当5選

お弁当のイメージ

伊勢丹新宿店の食品フロアには、数え切れないほどのお弁当が並びます。ジャンルも価格もさまざまなお弁当のなかから、長きにわたって支持されるロングセラーのアイテムを、アシスタントバイヤーの横山直子さんに教えてもらいました!

みんながリピートしたくなるのも納得の、間違いがない美味しさの5アイテムです。

老舗料亭の上質な味わいが詰まった「琴」

なだ万の「琴」

<なだ万厨房>琴 1,350円(税込)

旬の食材を彩り豊かに詰め込んだ、老舗料亭・なだ万の「琴」。煮物を中心としたおかずは、素材の味を生かした料亭ならではの味わいです。

「品数が多いので、いろいろなおかずを少しずつつまみたい時にはぴったりです。ご飯を2種類楽しめるのもうれしいですね」

おかずや佃煮、炊き込みご飯は月ごとにメニューが入れ替わります。いつまでも新鮮な味に出合える点も、ファンを離さないポイントの一つ。お弁当選びに迷った時には、これを選んでおけば間違いなしです。

かわいい箱に彩りと美味しさ「ちらし弁当」

懐石料理 青山の「ちらし弁当」

<懐石料理 青山>ちらし弁当 1,080円(税込)

カラフルなちらし寿司と、それに負けないおかずの彩りが魅力的なお弁当は、<懐石料理 青山>の「ちらし弁当」。コンパクトな箱の中に、9種のおかずが詰まっています。

「甘酢を使用したちらし寿司と、上質でやさしい味つけのおかずの組み合わせに箸が進みます。デザートにわらび餅が入っているのも、うれしいですね」

一年を通じて同じメニューなので、「やっぱりこれでなくちゃ」とリピートされる人も多いのだそう。小さな箱の中にギュッと詰まった彩りあるおかずがなんとも贅沢です。

いつまでも変わらない味「並六 白飯」

日本橋弁松総本店の「並六 白飯」

<日本橋弁松総本店>並六 白飯 1,080円(税込)

存在感たっぷりの白米がまぶしいお弁当は、創業160年、<弁松>のスタンダードとして愛される「並六 白飯」。

「おかずは江戸前の甘く濃い味つけで、『もうこれ以外は食べられない』というファンもいるほど。しっかりとしたおかずの味が、お米の美味しさを引きたてます」

ふたを開けた瞬間にふわっと漂う経木の香りも、このお弁当ならではの楽しみです。

愛され続けるカツサンドの「玉手箱」

とんかつ まい泉の「玉手箱」

<とんかつ まい泉> 玉手箱 686円(税込)

多くの人を魅了してやまない<とんかつ まい泉>カツサンドを、手軽に楽しめるお弁当「玉手箱」。

「ジューシーなヒレカツとやわらかいパンの食感、そしてオリジナルソースがたまらない定番の味。どんな方にも美味しいと笑顔になってもらえる一品だと思います」

カツサンドだけでなく、いなり寿司やかんぴょう巻など、片手で手軽に食べられるメニューばかりなので、サッと食べたいときにもぴったりのお弁当です。

ボリューム満点のおむすび弁当「ほのか」

穂の香のほのか

<穂の香> ほのか 918円(税込)

最後にご紹介するのは、15種類のおかずと6種類のおむすびというボリュームたっぷりの<穂の香>のお弁当「ほのか」。

「おむすびとの相性を考えて作られたおかずは、なんといっても品数が魅力的。ハンバーグや厚焼き玉子など定番のおかずばかりなので、定期的に買いにいらっしゃる固定ファンが多いのもうなずけます」

これだけの品数を独り占めできるなんて贅沢! 毎回どれから食べるか考えるのも楽しみのひとつになりそうです。

どのお弁当も長く愛される工夫の詰まった一品ばかり。まだ試したことのないお弁当があった方は、ぜひこの機会に召しあがってみてください。きっと、あなたの中の「定番」にも仲間入りしてくれるはずです。

文: 田中美智子

写真:新妻和久
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 横山直子
三越伊勢丹・惣菜担当のアシスタントバイヤー。好きな食べ物はパスタ!

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店 本館地下1階=旨の膳/なだ万、懐石料理 青山、とんかつ まい泉、弁松、穂の香にてお取扱いがございます。

また、掲載の一部商品は、「伊勢丹のおいしいお弁当ガイド2017」でもお取扱いがございます。(お取扱い有効期間 2018年3月31日(土)まで)
お問合せ:電話 03(3352)1111 大代表

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い