Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.03.31

おすすめアイテム

ツウだけが知っている。地味だけど美味しい驚きのアイテム5選

いつの時代も真の実力者は奢らず飾らず、雑踏の中にひっそりと隠れています。それは食品界でも同じこと。美しいスイーツや輝かしいラベルを貼られたビンの間にひっそりと佇む地味な食品が、実はとんでもなく美味しいのです。

今回は地味なのに美味しい食品を伊勢丹新宿店のスタイリストがセレクト。スタイリストの桑原正子さんとWEB FOODIE編集部が一緒に実食し、これまで表舞台に上がってこなかった実力派食品たちの真のパワーを探ります。各商品の最後に、商品が置いてあるコーナーをマップでご紹介していますので、宝探し気分で探しに行ってみてください!

銘店の隠れた実力者、<東京吉兆>の「胡麻豆腐」

東京吉兆の胡麻豆腐

<東京吉兆>胡麻豆腐 (1パック)648円(税込)

<東京吉兆>の冷蔵ケースの端にひっそりと佇んでいる胡麻豆腐は、毎朝お店で丁寧に作られている一品。胡麻のエキスと本葛を30分も練り上げた胡麻豆腐は驚くほどもっちり、ぷるぷるの食感です。

「付属の出汁をかけてそのまま召し上がるのはもちろん、黒蜜をかけてデザート風にしたり、天ぷらにしても美味しいですよ。余計なものが入っていないので、白ごまの風味をしっかり感じられます」

<編集部コメント>

  • びっくりするほどモチモチ。まるでパンナコッタみたい!
  • 何もつけないで食べると少し苦みを感じる。出汁とワサビと一緒だと甘みが引き出されて美味しい
  • 贅沢な気分。これで600円はお値打ちかも

お取扱いはこのあたり! 

胡麻豆腐の取扱いマップ

自分へのご褒美専用!? 和風グラッセ「露渋栗」

熊本県産の和栗を京都の甘納豆店が丁寧に焚き上げた「露渋栗」は、上品でやさしい甘さが特長。でも1つずつバラ売りされているためコーナーの面積が小さく、わざわざ探しにきている人以外の目にはなかなか留まらないのだとか。

「ギフトシーズンは木箱に入れて販売することもありますが、自分へのご褒美に購入される方が多いですね。1日頑張った日は濃いめのほうじ茶と一緒にいただくと至福の瞬間が訪れますよ」

 

<編集部コメント>

  • やわらかくてしっとり。上品な甘み!
  • 素材が生かされた贅沢な味。栗と砂糖しか使っていないんだ!
  • 本物の価値がわかる人にはぜひ食べてほしい、奥ゆかしい美味しさ 

お取扱いはこのあたり! 

露渋栗の取扱いマップ

地味の頂点! 食べだしたら止まらない「わび」

兼貞物産のわび

<兼貞物産>わび (110g)864円(税込)

ちょっぴりぎょっとする見た目かもしれません。「わび」は九州のどんこ椎茸を醤油と砂糖で炊き、乾燥させてうまみを閉じこめたところに、たっぷりのかつお粉末をまぶした佃煮。ドライタイプなので指でつまんでパクパク食べることができます。

「ご飯のお供としてはもちろん、おやつやお茶請け、お酒のお供にもぴったりですよ。出汁がたっぷりとれるのでお料理にも使えます」

 

<編集部コメント>

  • 実は編集部では定番のおやつ。小腹が空いた時にみんなで食べています
  • 地味さではダントツ! 噛めば噛むほどうまみがでてきますね
  • しょっぱいおやつが食べたいときにぴったり!

お取扱いはこのあたり! 

わびの取扱いマップ

隠れファン多し! <デメル>の「サワースティック」

ザッハトルテが有名なオーストリアの洋菓子店<デメル>ですが、コアなファンはサワースティックを選びます。甘くないクッキーにピンクペッパーやキャラウェイシード、エメンタールチーズなどがたっぷりとのったサワースティックはおつまみにぴったり!

「ショーケースの端にひっそりと置かれていて、チョコレートがよく売れるバレンタインシーズンには店頭から消えてしまうことも……でも、隠れたファンが多い名作なんです」

<編集部コメント>

  • 全力でおすすめしたい! お酒に合う! すぐに買いに行きたい
  • 地味とはいえ、箱もお菓子もかわいい。トッピングの種類によって全然味が違う。繊細なのにポロポロ崩れないのがうれしい
  • 甘いお菓子が苦手な人も楽しめる味。バレンタインにいいかも

お取扱いはこのあたり!

サワースティックの取扱いマップ

素材にこだわるワイナリーの「増毛シードル」

北海道の増毛(ましけ)町のりんご100%で造られたシードル。後から炭酸を加えたのではなく、自然発酵させてできた泡はきめが細やか。

「軽い飲み心地なので、食中酒に向いています。昼から飲める日にはランチと一緒に楽しむのもありですね。2014年の春から三越伊勢丹限定で登場しました」

 

<編集部コメント>

  • 甘い香り! アルコールが低めで飲みやすい
  • しっかりとお酒の味がする。ジュースのようなシードルとは大違い
  • 梅酒のような爽やかさ。果実酒の美味しさを堪能できる

お取扱いはこのあたり!

増毛シードル

あまり注目されてこなかった、地味だけど美味しい食品の魅力は伝わりましたでしょうか。実力を秘めた食品たちは、ショーケースの端、陳列棚の奥でひっそりと待っています。食ツウになれる逸品ばかりですので、ぜひお見知りおきを。

文: 大川祥子

写真:八田政玄 
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。

バイヤー・スタイリスト / 桑原正子
食品・レストラン営業部「デリ エ ブーランジュリー」アシスタントセールスマネージャー。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/東京吉兆、料亭・名店の味、カフェ エ シュクレ/デメル、グランドカーヴにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。