Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.03.22

おすすめアイテム

さっぱり派? とろ〜り派? 毎日食べたいヨーグルト食べ比べ

朝食の定番ヨーグルトですが、体に良さそうだからと、なんとなく食べている人も多いのではないでしょうか? ひと口にヨーグルトといっても、種類はさまざま。舌触りや味わいはもちろん、牛乳や乳酸菌のタイプまで、近年、その違いはますます顕著になっているのだとか。

そこで今回は、最新のヨーグルト事情を知るべく、ヨーグルトに詳しい国分首都圏株式会社 伊勢丹新宿店担当の小林大地さん、伊勢丹新宿店のシェフズセレクション担当の齋藤聖子さんを直撃。おすすめの4品を食べ比べました。

今どきヨーグルト、2つのトレンド!

小林さん、齋藤さんの2人が考える、ここ数年のヨーグルトのトレンドは大きく2つ。

食べ比べをする二人

トレンド① ラグジュアリーなスイーツ化
「濃厚なギリシャヨーグルトなどをはじめ、ちょっと贅沢なスイーツとしての人気も高まってきています。満足感が得られるのに低カロリーとあって、若い女性を中心に注目を集めているようですね」(齋藤さん)
トレンド② 使い方の多様化
「そのまま食べるだけでなく、水を切ってより濃厚にして食べたり、ドリンクにアレンジしたり、料理の下ごしらえや調味料として使う方も増えてきています」(小林さん)

これまで、朝食やおやつなど、カジュアルな食べ物としてのイメージが強かったヨーグルトですが、ここ数年で、想像以上に進化しているようです。さっそく、実際に2人がセレクトしたヨーグルトを食べ比べてみたいと思います!

毎日食べたいシンプル&ピュアな味わい

ホウライ株式会社の千本松牧場生乳100%プレーンヨーグルト

<ホウライ株式会社>千本松牧場生乳100%プレーンヨーグルト(400g)303円(税込)

千本松牧場生乳100%プレーンヨーグルト

「千本松牧場生乳100%プレーンヨーグルト」は、栃木県千本松牧場の生乳を使い、保存料などを一切加えていないプレーンタイプ。スプーンですくえばなめらかに崩れ、あとには乳清(ヨーグルトの製造過程でできる透き通った液体、これも栄養価抜群!)が残ります。食べてみると、酸味は少し強め。ただ、毎朝食べたいと思えるスタンダードな味です。

「すごくシンプルに作られたヨーグルトなんですよ」(小林さん)

各家庭に1つは常備して、ジャムを入れたり、はちみつをかけたりと、家族みんなで自由に楽しみたいですね。

毎朝食べるためのアレンジ:寝かせフルーツヨーグルト
「前の晩にドライフルーツをつけておくと、フルーツがヨーグルトの水分を吸収し、ヨーグルトにはフルーツの甘みが染みこんで、美味しくなるんです」(齋藤さん)

スイーツ感覚で食べる、超濃厚なご褒美ヨーグルト

(有)山のいぶきの山吹色のプレーンヨーグルト

<(有)山のいぶき>山吹色のプレーンヨーグルト(250g)411円(税込)

山吹色のプレーンヨーグルトの味

2品目は、こってりクリーミーな「山吹色のプレーンヨーグルト」。伊勢丹新宿店では、1週間のうち3日間しか入荷のない、稀少な商品なのだそう。フタを開けると、まず目に入るのはフタの裏側と器の縁とにたっぷりと付いた、ジャージー牛乳の「クリーム」。ノンホモジナイズド製法で作っているので、ヨーグルトからクリームが分離するんだそうです。

「見てください、この濃厚なクリーム! スプーンですくって、振ってもなかなか落ちないでしょう? まずはこれだけを食べてみてほしいですね」(小林さん)

食べた瞬間、まるでバターのようなすごいコクにびっくり! ミルクの味がしっかり感じられます。

「これくらいのクリーム感だと、ジャムやはちみつよりもメープルシロップやチョコレートソースが合うんです。もはやスイーツの域です」(齋藤さん)

毎朝食べるためのアレンジ:トーストにオン!
「クリーム感たっぷりのこのヨーグルトだからこそできるアレンジ。ふちのクリームと一緒に塗ると、上質なクロテッドクリームのようです」(小林さん)

舌触りがクセになるとろとろタイプ

株式会社ピエトロのピエトロヨーグルト オリゴ糖入り

<株式会社ピエトロ>ピエトロヨーグルト オリゴ糖入り(450g)486円(税込)

ピエトロヨーグルト オリゴ糖入り

3品目は「ピエトロヨーグルト オリゴ糖入り」。熊本県産の生乳を100%使用した完全受注生産品。

「ヨーグルトが苦手な人にもぜひ一度は食べていただきたい一品です。実は、個人的に一番好きな味なんです。今朝も食べてきました」(小林さん)

飲めそうなくらいのとろ~りとした感じが印象的で、この舌触りは今までにないかも! オリゴ糖の甘さが自然で、しっかり甘いのに後味はさっぱりしていて、いくらでも食べられそうです。

毎朝食べるためのアレンジ:シリアルにトッピング
「自然な甘さとなめらかな舌触りが、甘さ控えめのシリアルにぴったり。あえて手を加えず、そのままの美味しさを楽しんで」(小林さん)

もはやチーズ? 料理のための濃厚ヨーグルト

日本ギリシャヨーグルト株式会社のギリシャヨーグルト アテナ

<日本ギリシャヨーグルト株式会社>ギリシャヨーグルト アテナ(500g)540円(税込)

ギリシャヨーグルト アテナ

最後は人気のギリシャタイプの本格派。ギリシャの伝統的な乳酸菌を使った「ギリシャヨーグルト アテナ」です。食べる前に感じたのは、「え、すごくかたい!?」と驚くほどのかたさ。スプーンですくった後も、しっかりと形をとどめています。質感も味もこれまでのヨーグルトとはまったく違うタイプ。

「実はこの商品、料理に使うことに特化して作られたヨーグルトなんです。熱しても分離しにくいので、幅広いメニューに活用できます。もちろん低カロリーなので、マヨネーズやバターの代わりにするのもおすすめですよ!」(小林さん)

「濃厚なクリーミーさがあるのに、味はかなりさっぱり、不思議ですね。独特のコクはバターやチーズに近いかも」(齋藤さん)

毎朝食べるためのアレンジ:ギリシャ風ヨーグルトドレッシング
「塩とお好みの調味料(サラダ用のシーズニングなど)を混ぜ合わせれば、ギリシャ風のヨーグルトドレッシングに! サラダにも肉料理にも合います」(小林さん)

実際に食べ比べてみると、味の幅広さにびっくり! みなさんも、自分のお気に入りのヨーグルトを見つけて、自由でグルメなヨーグルトライフをはじめませんか?

文: 陣内桂香

写真:山田和幸 
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 小林大地
国分首都圏株式会社 伊勢丹新宿店担当。担当商品のひとつであるヨーグルトの研究のため、自宅でも毎日ヨーグルトを食べている「ヨーグルト男子」。
バイヤー・スタイリスト / 齋藤聖子
シェフズセレクション キッチンステージ担当。調味料ジュニアマイスターの資格所持者。お菓子作りのなかでも「粉もの」が得意で、キッシュやピザなども作ります。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。