Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.27

スイーツ

菱餅からひな壇ケーキまで! かわいいひな祭りスイーツ5選

3月3日の桃の節句に、ひな人形を飾るひな祭り。その起源は、平安時代の上流階級の子女の人形遊びからはじまり、江戸時代には民間にも広がって、やがて女の子の成長と幸せを願う行事になったといわれています。

そんなひな祭りに欠かせないのがお菓子。古来より、その色や形に、子供の健やかな成長を祝う気持ちを託してきました。菱餅にひなあられといったおなじみの和菓子だけでなく、今ではパーティでシェアできる春らしい桜色のケーキなどの洋菓子も人気だそう。今回はその中から、見た目にかわいらしく、食べて美味しいひな祭りスイーツを、伊勢丹新宿店・洋菓子担当の長竹快枝さんに教えてもらいました。

春を味わう桜色のゼリー「水晶月餅 桜餅」

<円果天>水晶月餅 桜餅

<円果天>水晶月餅 桜餅 1個 432円(税込)

水晶玉のように透きとおった、月餅形の桜色のゼリー。まるで宝石のようなこのお菓子は、<円果天>の「水晶月餅 桜餅」。桜の葉を使用した餡をもちっとしたお餅で包み、桜ゼリーの中に閉じ込めています。

「プルプルとした食感で、別添えの桜のソースをかけていただくと桜餅のような味わいに。ひな飾りを眺めながらいただきたい、春を感じるお菓子です」

 

桃、白、緑の三色に思いを込めた「菱餅」

<鈴懸>菱餅

<鈴懸>菱餅 540円(税込)

桃の花を表す桃色が「魔除け」を、残雪を表す白が「浄化」を、新緑を表す緑色が「健康」を意味するといわれる菱餅。そんなひな祭りの情景を美しい和菓子にしたのが、<鈴懸>の「菱餅」です。

「煎った餅粉を使用することで、芳しく深い味わいになっています。世代を問わず人気のお菓子なので、ひな祭りにご家族でどうぞ」

 

飾っても、食べても楽しめる「雛祝い」

<鶴屋吉信>雛祝い

<鶴屋吉信>雛祝い 2箱入 1,620円(税込)

<鶴屋吉信>の「雛祝い」では、桜のコハク、落雁、すはまの花見だんごなど、色とりどりの干菓子を紅白の金平糖とともに小箱に詰め合わせました。お雛様とお内裏様の絵柄の箱入りです。

「お雛様とお内裏様の小箱は、そのまま飾って楽しむこともできます。お干菓子はお茶会を彩る和菓子なので、ご進物にもおすすめですよ」

 

おもたせにぴったり「ひなまつりパーティーセット」

<モロゾフ>ひなまつりパーティーセット

<モロゾフ>ひなまつりパーティーセット 1,512円(税込)

お雛様、お内裏様、ぼんぼりを見立てた4個のカップケーキが入った<モロゾフ>の「ひなまつりパーティーセット」。フレッシュないちごや濃厚チョコレートクリームを使用した3つの味のカップケーキが楽しめます。

「ホールのケーキではなく、めずらしいカップケーキの詰め合わせ。切り分けずに手軽に食べられるのでおもたせにぴったりです。華やかな見た目で、お祝いやパーティが盛り上がります!」

 

かわいらしさ満点!「おひなさまのケーキ」

<ロリオリ365 by アニバーサリー>おひなさまのケーキ

<ロリオリ365 by アニバーサリー>おひなさまのケーキ 4,320円(税込)

<ロリオリ365 by アニバーサリー>の「おひなさまのケーキ」は、ひな壇をイメージしたホールケーキ。いちごのお雛様とお内裏様やお花を散りばめたかわいらしいケーキです。

 

<ロリオリ365>ひなまつりデコレーション

「ふわふわのスポンジといちごのショートケーキは、大人から子供まで、みんなで楽しめる美味しさ。見た目もかわいくて、箱を開けたら歓声が上がること間違いなしです」

 

今年はお気に入りのひな祭りスイーツを選んで、ひな祭りを楽しく過ごしましょう。

文: 矢部智子

写真:Thinkstock(1枚目)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 長竹快枝
洋菓子担当4年目のスタイリスト。マ・パティスリーにて、日々お客さまとの触れ合いを楽しんでいる。「『また来週顔を出すね』という方が増えてくるのが、励みになっています」

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/円果天、鈴懸、茶の道/鶴屋吉信、カフェ エ シュクレ/モロゾフ、ロリオリ365 by アニバーサリーにてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。