Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.25

おすすめアイテム

パンの魅力を知り尽くした「パンラボ」おすすめ、注目のパン屋3選

美味しいパン屋が最近とても増えた印象があります。今世間ではパンブームと言われています。家の近くにどんどん美味しいパン屋ができて、みんながパンの美味しさに目覚めはじめたことが大きな原因のひとつかもしれません。そんななかでも私が心惹かれてやまないパン屋さん、単に「美味しい」を超えて、どきどきわくわくという興奮を与えてくれるパン屋さんです。そんな3軒のお店をこれから紹介します。

こんなパン食べたことない! イノベーションのデパート。池尻大橋「TOLO PAN TOKYO」

TOLO PAN TOKYO

イノベーションのデパート。「TOLO PAN TOKYO」のことを私はそう呼んでいます。誰も食べたことのない、新しい美味しさへ。「TOLO PAN TOKYO」の田中真司さんはいつもなにかを探しています。寝るのも忘れて実験し、美味しいものができると、「今回こんなん作ったんですよ!」とすごく楽しそうに新しいパンのことを語ってくれるのです。

TOLO PAN TOKYOのアップルパインの

アップルパイン

私をどきどきさせてくれるパンたち。たとえば、輪っかの形をしたアップルパイン。輪切りのパイナップルに、クロワッサンの層、キャラメリゼされたりんごの層と、3つの輪が重ねられたおもしろい形。噛めば、果汁とともに、カルダモンやカルバドスの香りが噴き出し、不思議な美味しさを醸しだします。

 
TOLO PAN TOKYOのパンオショコラ

パンオショコラ

パンオショコラの場合。クロワッサン生地を噛み破ると、乾いた音を激しく立てて層が崩壊していきます。それをたとえるなら、ボテトチップスを10枚くらいまとめて食べた感じといえばいいでしょうか。加えて、ヴァローナのチョコレートのフルーティなこと、口溶け滑らかなこと。それが豊かなバターと混じり合って極上のマリアージュを繰り広げます。

新進気鋭の若手シェフが作る国産小麦パン。那須「カネルブレッド」

カネルブレッド

栃木県那須にあるカネルブレッド。シェフの平山翔さんはまだ28歳という若さ。いま若い世代に素材を大事にするパン職人が増えていますが、国産小麦の使い手である彼はまさに旗手といえるでしょう。

 

カネルブレッドの内観

たとえばピーナッツとチーズのビアリー。むにゅう、としっとりと水分を含んだ生地が歯と歯茎に与えた快感の信号が全身を駆け巡るといった感じ。ピーナッツの香ばしさ、チーズのコク、やがておいかけてくる小麦のフレーバーが見事にマリアージュして、素材の美味しさを讃えるのです。やさしくて官能的な食感は、カネルブレッドを特徴づけるもの。

 
カネルブレッドのクリームパン

クリームパン

クリームパンでいえば、ぷるん。中が空洞になっていて、ぱふっとミルキーな香りがしたかと思うと、ちゅるっとクリームがパン生地といっしょに溶けてきて、まるで桃みたいな不思議なフルーティさが滲みだします。平山さんはクリームにバニラを入れません。奄美諸島産の素焚糖(すだきとう)と、パン生地の中の焦がしバターがハーモニーを奏で、国産材料のすばらしさを歌いあげるのです。

まるでパンの森! 300種ものパンが並ぶ、松戸「ZOPF」

ZOPF(ツオップ)

最後に、どきどきわくわくの巨匠を挙げましょう。松戸のZOPF(ツオップ)は、駅から遠い住宅街という立地をものともせず、毎日行列ができるパン屋です。山小屋風の小さな店舗の中に1日300種のパンが並ぶ様は圧巻。美味しそうなパンの森に迷いこんで、「あれ食べたい、これ食べたい」のパン欲が異常増幅し、気がつくとトレイの上はパンでてんこ盛りになっているのです。

ZOPFのマンゴーカスタード

マンゴーカスタード

たとえば、思わず手にとらずにいられないマンゴーカスタード。やわらかでぷりっとして卵もミルクも濃厚なブリオッシュでできたカップの中には、こってりと甘いカスタードがたっぷり盛られていて、その上にマンゴー。ぴちぴちと果汁が弾け、さわやかな酸味が甘いカスタードの上にふりかかって、すばらしいマリアージュとなります。

 
ZOPF(ツオップ)のいちじくとチョコのミルフィーユ

いちじくとチョコのミルフィーユ

いちじくとチョコのミルフィーユはその名の通り、いちじくとチョコとライ麦生地のパンを折り重ねたパン。それらの間に完全な相性があることに驚きます。いちじくのただれた甘さはチョコのカカオ感と酸味へ飛び移り、またいつの間にかいちじくの果汁が顔を出すという調子にぐるぐると廻って、めくるめく世界が広がります。

 

池田浩明
パンラボ主宰、ブレッドギーク(パンおたく)。パンラボblog(panlabo.jugem.jp/)、twitter(@ikedahiloaki)でパン情報発信。2月19日に新刊『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)発売。もっと美味しく安全な小麦を日本に広げるプロジェクト「新麦コレクション」代表。

文: 池田浩明

写真:池田浩明
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
Vins et voyages 世界を旅するワイン展〜パンとチーズをカバンにつめて〜
開催期間:2016年2月24日(水)~29日(月)(最終日午後6時終了)
伊勢丹新宿店本館6階=催物場
今回は「造り手の個性」にスポットをあて、世界のワインをご紹介。また「パン」とのマリアージュや日本のワイナリーにも注目し、その魅力をお愉しみいただけます。
 
【商品の取扱いについて】
記事でご紹介している各ショップは、2016年2月24日(水)~29日(月)伊勢丹新宿店本館6階=催物場「Vins et voyages 世界を旅するワイン展〜パンとチーズをカバンにつめて〜」に出店いたします。掲載の商品は一部お取扱いがございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。
 
伊勢丹オンラインストアでは、2016年2月11日(木・祝)午前10時〜3月28日(月)午前10時まで、2016SPRING LIQUOR SELECTION 春のワイン・洋酒・日本酒・TSUNAMI 通信販売」を開催しております。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。