Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.16

スイーツ

これぞ「和モダン」! 春を届けるカラフル&ポップな和菓子4選

ケーキなどの洋菓子に比べると、やや地味な印象を持たれがちな和菓子。でも、意外とカラフルでポップなものも多いんです。立春を迎える2月に入れば、ふんわり華やかな色が店頭に並びます。

日本橋三越本店の菓遊庵にも、かわいい春の和菓子が揃いました。なかでも「いったいどんな味?」とワクワクしてしまうような、ゆかいなお菓子をご紹介しましょう。

コロンとした春色「紙ふうせん」は予想外の味わい

<菓匠 髙木屋>紙ふうせん

<菓匠 髙木屋>紙ふうせん(9個入) 648円(税込)

淡いピンクにグリーン、そしてホワイトと、ふんわりとした春色のまんまるお菓子。パリッとした最中皮の中には、小さな和風ゼリーが詰まっています。まろやかな甘さは、コーヒーや紅茶のお供にもぴったり。意外な風味と食感が楽しめます。

 

梅の赤に鶯の緑。季節の色が美しい「うぐいす餅」

<亀屋良長>うぐいす餅

<亀屋良長>うぐいす餅(2種/各3個入) 648円(税込)

春の訪れを意味する「梅に鶯(うぐいす)」にかけた、ひとくちサイズの餅菓子。鶯色のよもぎ餅は粒あん、梅の花色の餅は白あん入り。それぞれにまぶしたきな粉と青大豆粉の、繊細な色合いも楽しみたいところ。季節の和菓子ならではの、風情あふれる一品です。

 

繊細でカラフルな「白絹手毬」は爽やかな柑橘風味

<京あめ クロッシェ>白絹手鞠(レモンライム)

<京あめ クロッシェ>白絹手鞠(レモンライム)(1箱40g) 540円(税込)

カラフルな絹糸を巻きあげて作られる手毬(てまり)をモチーフにした細工飴。京の伝統と技術に新しい技と感性を掛け合わせた「京あめ」は、繊細な色目とつややかな質感が美しく、かわいさの中にも凛とした佇まいを感じさせます。お味は上品で爽やかなレモンライム。

 

白・黒・赤のモダンなキューブ「遊びかん トリコ」

<風流堂>遊びかん トリコ

<風流堂>遊びかん トリコ(115g) 486円(税込)

「遊びかん トリコ」は、生姜風味の白、黒糖風味の黒、紅色仕立てのピンクが愛らしい「つまめる羊羹(ようかん)」。マットな色や質感、キューブ状の形がモダンな一品です。はじめはしっとり、少し日が経つと表面が白く糖化し、異なる口当たりが楽しめます。

目で見て、味わって、季節の彩りを感じさせてくれる春の和菓子たち。ほっと一息つきたいときに用意しておけば、そのかわいらしさに癒やされそう。ちょっとした手土産やお客さまに出すお茶菓子としても、きっと喜ばれるものばかりですよ。

文: 根本暖子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=菓遊庵にてお取扱いがございます。 
独自の味覚と感性で厳選した全国の銘菓をお届けするお菓子のセレクトショップ、三越オンラインストア 「菓遊庵」はこちら。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。