Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.10

おすすめアイテム

「彼が欲しいもの≠いい贈り物」 男性バイヤーが教える『甘くない』バレンタイン

バレンタインといえばチョコレート。けれど相手が「甘いものが苦手」という場合も少なくありません。「いったいなにを贈ったらいいんだろう……」と、頭を悩ませている人も多いのでは?

今回提案するのは、そんな男性への贈りものにぴったりな「甘くない」バレンタインギフト。

自身も「甘いものはちょっと苦手」という三越伊勢丹の和洋酒バイヤー髙橋隼人さんが、渡す相手のポイントをおさえた、ハイセンスなフードギフトを男性目線でプレゼンします!

「相手が欲しいもの=いいプレゼント」ではない!?

バレンタイン=チョコレートの公式から外すなら、おさえておきたいポイントがいくつかあると髙橋さん。

「プレゼントって、100%相手が欲しているものをあげる必要はないと思うんです。本当に欲しいものは自分で買えばいいのですから。せっかく贈るなら、ハッと新鮮に感じられてその人の新しい世界が広がるものや、興味をそそられるものがいいのではないでしょうか。また、相手としては、自分のことを想って選んでくれたんだな、ということがわかるとやっぱりうれしいですよね」

髙橋さんが提案するギフト選びのポイントは以下の3点です!

①食への興味を深掘りする
②新体験を一緒に楽しむ
③相手の状況を考え、メッセージを込める

「こだわりの調味料」で料理への興味を喚起!

シチリア産天日海塩、花彫本ラー油、石垣島ラー油

(右から)<ラヴィダ>シチリア産天日海塩(500g)1,404円(税込)、<辺銀食堂>石垣島ラー油(100g)846円(税込)、<花彫酒家>花彫本ラー油 辛口(95g)918円(税込)

〈贈りたい相手〉料理に興味のある男性、独り暮らしの男性

まずは「食への興味を深堀りするギフト」として髙橋さんイチオシするのが、「ちょっとこだわり」のある調味料です。

「相手が少しでも料理に興味があるなら、おすすめしたいのが調味料のギフトです。男性は形から入るので、いい調味料をもらったら、『せっかくだから何か作ってみよう』とその気になってしまいがち(笑)。紹介した塩、ラー油はともに、自分で買うには少しハードルが高く感じてしまう価格。その分、ギフトとして渡せば喜ばれると思います。女性としても、お返しにその調味料を使った料理を作ってもらうという楽しみができますよね」

「紅茶でリラックスして」とメッセージを込めて

テ シードル

<ナヴァラサ>テ シードル(2.5g×10個入り)1,620円(税込)

〈贈りたい相手〉多忙な男性

男性に紅茶? とちょっと意外に感じられますが、「だからこそ、贈りものとしておすすめしたい」と髙橋さん。

「『自分ではなかなか購入しないもの』だからこそ、ギフトとして意味があると思います。紅茶が好きな男性でも、『りんごのお酒、シードルのフレーバーのお茶だよ』なんていわれたら、驚きもあるのではないでしょうか。相手が忙しい状況だったら、『たまには紅茶でも飲んでリラックスしてね』というメッセージにもなりますよね。何よりそういった気持ちで選んでくれたことがわかれば、男性としてはそれだけでうれしいはず」

「忙しくても温かい料理を」という心遣いで

パスタキット中身とパスタキットパッケージ

〈贈りたい相手〉独り暮らしの男性、多忙な男性

独り暮らしの男性や、多忙な男性への贈りものとして髙橋さんがおすすめするのがパスタキット。パスタとトマトソース、ハーブ、木べらまでもパッケージされ、これひとつでいつでも美味しいトマトソースパスタが作れます。

「本格的な料理好きには少し物足りないかもしれませんが、手軽にパスタが作れるので便利です。また誰が作っても失敗がないので、腕に自信がない男性も安心。相手のことを思いやったギフトですよね。さらに料理に目覚めるきっかけにもなるかもしれません」

インパクトをふたりで楽しむ「トマトジュース」

ベジターレ トマトクリスタル

<ベジターレ>トマトクリスタル100% トマトジュース(ストレート)(300ml)1,851円(税込)

〈贈りたい相手〉新しいもの好きな男性

黄金色に輝く液体、実は「トマトジュース」というから驚きです。大吟醸の日本酒に使われることの多い「雫搾り」という技術を応用し、重力だけで滴り落ちるトマトエキス100%で作られたこのジュースは、「食の新体験」を楽しむのにピッタリ、と髙橋さん。

「『えっ、これトマトジュース!?』と、見た目だけで十分インパクトがありますよね。味も、通常のトマトジュースよりすっきりしているので、ふたりで一緒に未体験の味を楽しむ、というのもいいのではないでしょうか」

「ワインを一緒に選ぶため」に贈るチーズ

パッシートワインのチーズ

<Blue’61>ブルーチーズ(100g)1.521円(税込)

〈贈りたい相手〉ワイン好きな男性

最後に髙橋さんがおすすめするのは、ワインと一緒に楽しみたいチーズ。ワインと一緒に贈るのではなく、あえてチーズのみ、というのがポイントだそう。

「2016年のバレンタインは日曜日です。女性から『チーズは私が買っていくから、合うワインを一緒に選ぼうね』とリクエストをして、デートを兼ねる……というシチュエーションも素敵なのではないでしょうか。そのためのチーズなので種類は好みで選んでもいいのですが、セレクトしたのはちょっとだけ甘口の『パッシート』というチーズ。チョコレート的な甘さは苦手でも、せっかくのバレンタインなので少し甘みのあるチーズで、ゆったりふたりの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか」

「チョコレート以外で」と考えると難しく感じるバレンタインギフトですが、贈る相手のことを想えば、コツは意外に簡単。「どこで、誰と、どうやって楽しむか」を考えながら、素敵なギフトを見つける時間も楽しんでください。

文: 斉藤彰子

写真:菅井淳子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 髙橋隼人
2004年入社。婦人服、食料品催事を経験し、2013年よりワインバイヤー。「生産者とお客さまの接点」を創りだすことに取り組んでいる。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクション、プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。
世界の逸品の粋を集めた食の編集ショップ、伊勢丹オンラインストア「プラ ド エピスリー」はこちら。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

三越・伊勢丹オンラインストア