「出町ふたば」の代表銘菓「名代 豆餅」

世界遺産・下鴨神社のある京都・出町エリア。鴨川のそばのノスタルジックなムードが漂う商店街に、明治32年から続く老舗「出町ふたば」があります。平日にもかかわらず「出町ふたば」の店の前には途切れることのない人の列がずらり。一見なんの変哲もなさそうな和菓子店に、なぜ、こんなにも多くの人が惹きつけられているのでしょう。人気の理由を探りました。

【理由その1】あくまで「おやつ」の親しみやすさ

店内風景

多くの人が買い求めているのが、看板商品の豆大福、「名代 豆餅」。昔から庶民のおやつとして愛され、創業した明治時代には、薪を運ぶ大原女(おはらめ)が、小腹を満たすためよく「名代 豆餅」を食べていたといわれています。大正時代に入ると、周辺の大学の学生さんがおやつに買って帰る光景がよく見られたそうです。

現在、客層は遠方から足を運ぶ人が半数を占めるように。取材に訪れた日には外国人の方も買いに来ていました。

【理由その2】厳選した赤えんどうがアクセント

製造作業

全国から選りすぐりの食材だけを仕入れている「出町ふたば」。なかでも特にこだわっているのは食感の重要なアクセントとなる赤えんどうで、北海道の美瑛や富良野の契約農家から、特別に大きく甘みのある豆を選び抜いて送ってもらっているそう。さらに、そこから「名代 豆餅」に適した豆だけを選りすぐって使っています。

あんは、北海道・十勝産の小豆を、お餅は滋賀羽二重もち米の新米を使用。農業技術の進化によって、お米の質は昔よりもさらに良くなっていると三代目の女将は言います。

【理由その3】2度づきするから、餅がきめ細やか

「素材の良さを生かすために、昔ながらの製法で作り上げています」

そう話してくれたのは三代目女将。あんは、小豆がやわらかくなるまで炊き、舌に残りがちな皮をしっかりと除去して、なめらかなこしあんに仕上げて寝かせます。お餅は、羽二重もち米を蒸してから、2度に分けて機械で丹念につくことで、きめ細やかなモチモチの生地に。全体の味のバランスをとるために、少し塩味も加えるそう。そこに、何度も洗って、蒸し、強めに塩味を効かせた赤えんどうをたっぷり混ぜます。

成形する際は、つきたてのお餅の風味を損なわないよう手早くあんを詰めて丸めていくのがミソ。女将によれば「素材の持つ風味を大切にするために、触り過ぎないことが大事」なのだそう。熟練の職人さんたちが、瞬く間に作り上げていく早業は見事です。

製造作業

【理由その4】餅の風味と豆の歯ごたえが絶妙!

「名代 豆餅」

そうして出来上がった「名代 豆餅」はコロンとしたフォルムに豆の存在感が際立つ、愛らしい見た目です。溶けそうなほどのやわらかさの中に確かな弾力を感じさせる羽二重餅に、舌触りがなめらかなこしあん、大きめの赤えんどうがゴロゴロと。

いただくときは、つぶしてしまわないようそっと手にとって口に運びます。ぐーんとお餅が伸びて、お米が持つ甘い風味がやさしく広がります。そこにきて、大粒の豆のほっくりとした歯ごたえが絶妙。上品な甘みのしっとりとしたあんと、えんどう豆の香ばしさ、塩味がバランスよく広がり、幸せな気持ちになってきます。

こだわりと伝統が磨いた京都が誇る伝統の和菓子は、機会があるのなら何度でも食べたい逸品です。

地元の方のみならず、観光客からも愛されている「出町ふたば」の「名代 豆餅」。実は、月に一度だけ東京でも味わうことができます。毎月第3土曜日に日本橋三越本店で販売され、毎回すぐに完売してしまうほどの人気。数量限定なので、整理券が配布される14時までには列に並んでおくのがおすすめです。
※販売は15時からとなります。

文: 黒田弓子

写真:増田えみ
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=菓遊庵にてお取扱いがございます。 
また、ジェイアール京都伊勢丹地下1階=和菓子/京銘菓、ジェイアール西日本伊勢丹オンラインストアでもご紹介いたしております(店頭受取のご予約のみ)。
※販売日時・販売数には限りがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ロングセラーには理由がある! 世代を越えて愛される名スイーツ5選
  2. 半熟も固焼きも完璧!「目玉焼き」を好みの加減に仕上げるシェフのテクニック
  3. バイヤー直伝レシピ! コンソメいらずの絶品ポトフ
  4. 夢のコラボ! フロマジュリー・ヒサダ×モロゾフのプレミアムなチーズケーキ
  5. 「自分買い」するならコレ! 絶品ハロウィンスイーツ6選

秋グルメの最高峰!? トリュフ香る贅沢スープ

カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付
カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付

<カフェ プルニエ パリ>クリームスープ フレッシュトリュフを添えて 3,240 円(税込)

パリ・マドレーヌにあるカフェレストラン<カフェ プルニエ>の日本第一号店が、2018年10月5日(金)に伊勢丹新宿店にオープン! ぜひとも味わいたい季節限定メニューがこのスープ。イタリア産フレッシュ黒トリュフと、フォアグラを贅沢に使った一品です。添えられたエディアールのバゲットに、卵黄を溶かしたスープをたっぷりとしみ込ませれば、さらに美味しさ倍増! スープボウルから立ち上るスライストリュフの香りと、濃厚なフォアグラ、クリームスープが三位一体となって醸し出す、美食体験をぜひ!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:10月17日(水)~31日(水)

文: 原口りう子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。またピエール・エルメ・パリの商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

1粒300円超え! 地味だけど唸る美味しさ

ぼうだい本舗の露渋栗
ぼうだい本舗の露渋栗

<ぼうだい本舗>露渋栗(1個入り) 335円(税込)

京都の老舗甘納豆店<ぼうだい本舗>の「露渋栗」は、なんと1粒300円を越える高級和風グラッセ。ちょっとしたケーキほどのお値段ですが食べてみれば納得。口の中に広がる上品な味わいは、熊本県産の和栗本来の甘さ。濃いめのほうじ茶と一緒に食べれば、至福の瞬間が訪れます。素材の味を生かす丁寧な仕事に、食通のあの人も唸るはず。ここぞというときの手土産におすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: 嘉藤美保子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/名匠銘菓にてお取扱いがございます。 
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まるでお茶漬け!? だしで食べる和風グラノーラ

久右衛門のだしで食べるグラノーラセット
久右衛門のだしで食べるグラノーラセット

<久右衛門>だしで食べるグラノーラセット(1セット/グラノーラ200g・久右衛門だし×5包)1,685円(税込)

新感覚のグラノーラが<久右衛門>から登場しました。大麦をベースに、大豆、そば、えのき茸、くるみを加え、味噌で焼き上げた国産素材の和風グラノーラ。ここに、だしパック「久右衛門だし」で抽出した相性抜群のだしをかけていただきます。いわし煮干し・かつお節・焼きあご・昆布・椎茸など国産素材だけを贅沢に使用した芳醇なだしと、滋味豊かなグラノーラが混ざり合い、味わいや食感の変化を時間とともに楽しめます。クセになるこの美味しさを、ぜひ一度お試しあれ。

※取扱い:伊勢丹新宿店、伊勢丹オンラインストア
※販売期間:2018年9月19日(水)~10/2(火)

文: 香取里枝

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は2018年9月19日(水)~10/2(火)の間、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/久右衛門にてお取扱いがございます。また、<久右衛門>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

期間限定の甘い幸せ♡ ピエール・エルメの焼きたてヴィノエワズリー

クロワッサン オ ザマンド
クロワッサン オ ザマンド

<ピエール・エルメ・パリ>クロワッサン オ ザマンド (1個/日本製)486円(税込) 

<ピエール・エルメ・パリ>からこの期間、伊勢丹新宿店限定でクロワッサン オ ザマンドがお目見え。クロワッサンの中に、コクのあるくるみと華やかな香りのヘーゼルナッツ風味のアーモンドペーストが入っていて、今まで食べたことのない深みのある味わい! 外はサクサク、中はしっとりした生地の食感も楽しめるところは、さすが“パティスリー界のピカソ”と称される巨匠のヴィノエワズリー。1日2回焼き立てが届けられる、2週間だけのお楽しみです。お見逃しなく!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~ 10月2日(火)、各日平日100点限り、土・日・振替休日各日120点限り
※販売時間:午前10時30分~、午後14時~

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

優雅なお月見にいかが? <ピエール・エルメ・パリ>のオリジナル月餅(ムーンケーキ)

Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ
Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ

<ピエール・エルメ・パリ>Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ (1箱・要冷蔵/日本製)3,888円(税込)

9月24日は、中国の中秋節。1年でもっとも美しい満月がみられる日として、古くから月餅を食べる習慣があるのだとか。その月餅を、パティスリー界の巨匠、ピエール・エルメが作ったら……。昨年発表して人気を博した「ムーンケーキ」が、今年は伊勢丹新宿店に登場します。風味あふれるローズ入りアーモンドビスキュイ、ライチのパート・ド・フリュイ、フランボワーズの3つが見事に調和する「イスパハン」は、優雅なおいしさにうっとりしてしまいます。ほかに、柚子と抹茶が香る「テベール エ ユズ」、ショコラとプラリネを組み合わせた「プラリネ エ ショコラ」、アーモンドとバニラの香り高い「アンフィニマン ヴァニーユ」の全4種類が1箱に。パリや香港では“お月見”に家族や親しい人と食べる、人気のアイテムなのだとか。満月の夜の手土産にしたら自慢できそう。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月1日(土)~ ※予定数なくなり次第、販売終了

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月1日(土)〜数量限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ