Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.04

おすすめアイテム

油揚げ+お米には意味があった! 「いなり寿司」の豆知識

大人から子供まで、みんなが大好きな「いなり寿司」。親しみを込めて「おいなりさん」と呼ぶこともありますよね。でも改めて考えてみると、「おいなりさん」って誰のこと? どうして油揚げとお米の組み合わせなの? など、知らないことばかり。そこで、さまざまな日本文化に詳しい和文化研究家・三浦康子さんに、いなり寿司の由来について教えていただきました。

 

いなり寿司は「稲荷神」へのお供え物

伏見稲荷と狐の像

普段はおにぎりと同じように食べている、親しみ深い食べ物「いなり寿司」。でも本来は、神へ捧げる神聖な食べ物なんだそう。

「いなり寿司は、初午祭で『稲荷神』へ捧げるお供え物に由来します。『稲荷神』は農耕を司る神様のことで、その神を祀るのが稲荷神社。その総本山が京都の伏見稲荷大社です。初午とは、2月最初の午の日のことで、伏見稲荷大社がある稲荷山に神が降臨したとされる日。全国の稲荷神社では、五穀豊穣や商売繁盛を祈願する『初午祭』が行われます。その際に稲荷神へ奉納されるのが、いなり寿司というわけです」

2016年は2月6日が初午に当たる日。2月の行事と聞いて、まず思い浮かぶのは「節分」(2月3日)ですが、こんな大切な行事もあったんですね。

「油揚げ」にも「お米」にも意味があった!

「油揚げは、稲荷神の使いとされる『狐』の好物。本来の狐の好物はネズミですが(※ネズミの油揚げという説もあります)、殺生はタブーとされるため、代わりに大豆でできた油揚げを供えるようになったようです。その後、油揚げの中に農耕の神である稲荷神がもたらしてくれた飯(酢飯)が詰められるようになりました。稲荷神にまつわる2つの食材が組み合わさってできたのが、いなり寿司なのです」

東日本では「俵型」、西日本では「三角形」

三角形と俵型のいなり寿司

いなり寿司には「俵型」と「三角形」がありますが、三浦さんによれば、その形は東西で分かれ、それぞれに意味があるんだそう。

「東日本の主流は『俵型』。「米俵」に見立てて生まれた形です。対して西日本では『三角形』が主流。「キツネの耳」に見立てたものです」

形は違えど、どちらにも稲荷信仰が反映されているんですね。

あなたはどれを選ぶ? バリエーション豊かな「いなり寿司」カタログ

いわれを知ったら、「いなり寿司」が食べたくなってきませんか? 「いなり寿司」とひと口に言っても、油揚げと酢飯だけのシンプルなタイプから、酢飯の中に具材が入っているもの、おこわで作られたものなど、バリエーション豊かないなり寿司が売られています。いろいろなタイプを食べ比べてみても面白いですね。

①<神田志乃多寿司>昔いなり

<神田志乃多寿司>昔いなり

<神田志乃多寿司>昔いなり 3個入 540円(税込)※三越伊勢丹限定

創業1902年以来、長く愛される老舗<神田志乃多寿司>。人気の「昔いなり」は、昔ながらの味と製法を受け継いだ銘品です。甘めに味付けされた手揚げの油揚げは厚みがあり、口に入れた瞬間じゅわっと煮汁が溢れます。酢飯に入っているレンコンが、食感のアクセントに。

 

②<スシアベニューK’s>柚子いなり

<スシアベニューK’s>柚子いなり

<スシアベニューK’s>柚子いなり 1個 104円(税込)

油揚げが裏返しになった、関西風の三角形タイプ。一口食べるとほろりと崩れる酢飯にはゆず皮が混ぜ込まれ、さわやかな柚子の風味が広がります。

 

③<亀戸 升本>マクロビ稲荷

<亀戸 升本>マクロビ稲荷 五目 黒米 各1個

<亀戸 升本>マクロビ稲荷 五目・黒米 各1個入 432円(税込)

具材の色鮮やかさが美しい一品。玄米の酢飯に煮付けた人参やしいたけを混ぜた『玄米五目稲荷』(写真左)、モチモチとした食感の黒米を使った『玄米黒米いなり』(写真右)のセットです。

 

④<おこわ米八>おこわいなり

<おこわ米八>おこわいなり

<おこわ米八>おこわいなり 5個入り 735円(税込)

酢飯の代わりに「おこわ」を包んだ変わりいなりは、おこわ専門店<おこわ米八>ならでは。「かやくおこわ」、「栗おこわ」、「お赤飯」や季節のおこわなど全5種類が贅沢に味わえます。

 

取材協力

三浦康子

三浦康子(みうらやすこ)
和文化研究家。古き良き日本の文化を今に生かす方法をTV、ラジオ、新聞、雑誌、Webなどで提案。NHK「マイあさラジオ」、フジテレビ「ノンストップ!」などレギュラーも多数。順天堂大学非常勤講師もつとめ、「行事育」提唱者としても注目されている。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)、『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)ほか多数。http://wa-bunka.com/

文: 小林実央

取材協力:三浦康子
写真:新妻和久、Thinkstock(1枚目左/2枚目)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/神田志乃多寿司、スシアベニューK’s、亀戸 升本、おこわ米八にてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。