Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.02.11

読み物・コラム

缶つま×あけぼのさけ 缶詰対談。2016年「おつまみ缶詰」最前線

2016年のおつまみは、高価で高品質な「缶詰」がブーム。「安価な保存食」だった缶詰に何が起こっているのでしょうか? 今回は「缶つま」の国分グループ本社・笹野直子さんと、「あけぼのさけ」のマルハニチロ・松原正幸さんによる缶詰開発部署の担当者対談が実現。おすすめの「おつまみ缶詰」も紹介します!

 

缶詰の常識が変わる! 白熱の缶詰トーク

缶詰の新常識① 脱・缶詰売場!

缶詰の新常識② ターゲットは女性!

缶詰の新常識③ ちょっと贅沢が幸せ!

松原さん:現在、「おつまみ缶詰」のパイオニアといえば国分さんの「缶つま」ですよね。はじめて見たときは驚きましたよ、「こんな考えがあったのか!」って。

国分グループ本社・笹野直子さん

笹野さん:「缶つま」の目的は、「缶詰売場」から脱却すること。価格競争をするのではなく、「お酒コーナー」でおつまみとして女性に売りたかったんです。女性の方が多少高くても本当に欲しいものを手に取ってくれますからね。

松原さん:「缶詰=おじさん」ではなく若い女性が楽しむという新しい市場価値が生まれていますね。この背景には、東日本大震災からの復興の影響があるのではないかと考えています。自粛ムードから景気も上向き、「美味しくていいものを食べたい!」と思う人が増えてきたと思うんです。

マルハニチロ・松原正幸さん

笹野さん:「食の安全」に対する関心も年々高まっているので、高価でも安心できる国産原料で作る「本物」が好まれるようになりました。

松原さん:プレミアムビールやウイスキーのブームも追い風。「おつまみ缶詰」は時代とマッチングしているんですよ!

 

開発者イチオシ缶詰を食べ比べ!

<国分>女性視点が生んだ『甘〜い』おつまみ

缶つま★レストラン 厚切りベーコンのハニーマスタード味

<国分>缶つま★レストラン 厚切りベーコンのハニーマスタード味 432円(税込)

国分・笹野さんのおすすめは、「缶つま★レストラン 厚切りベーコンのハニーマスタード味」。サイコロ状のベーコンをハニーマスタードで味つけした、甘みと酸みがクセになる商品です。

笹野さん:「缶つま」シリーズは103種類もあるのですが、発売以来ずっとトップ5に入っている人気商品です。実はこれ、会社の仲間で飲みに行った時に、女性がチーズにハチミツを合わせたおつまみを頼んだことで、ひらめいたんです! もちろん男性の上司は驚いていましたよ。

松原さん:国分さんはこれまでにない商品を作る力やデザイン、プレゼンテーション力が高いですよね。うん、これは美味しいな〜。国分さんの発想には「どんな味を求められているか?」というお客さま第一の考えがベースにあるように感じます。

<マルハニチロ> 極上の『香り』に老舗の技術が光る!

CASA de BAR さばのバジルオイル煮

<マルハニチロ>カーサ・デ・バル さばのバジルオイル煮 378円(税込)

一方、マルハニチロの松原さんは昨年3月に発売された新しいおつまみ缶詰を紹介。

松原さん:ワインに合う「CASA de BAR(カーサ・デ・バル)」シリーズから、とくに苦労した「CASA de BAR さばのバジルオイル煮」を食べてください。

笹野さん:写真ではなく、イラストを使ったパッケージがおしゃれですよね。『缶詰らしくない缶詰』はすごく勉強になります。開けてみると……いい香り! さばの切り身もきれいですよね。

松原さん:魚の加工技術には自信があるのですが、バジルの「香り」が難しかったですね。缶詰は長時間加熱殺菌するので、どうしても香りが弱くなるもの。バジルとさばの最適なバランスを試行錯誤し、半年間かけてようやく完成しました。

笹野さん:マルハニチロさんは老舗なのに、どんどん新しいことに取り組まれているのがさすがです。味も美味しいし、これだけで大満足です!

2016年、缶詰はさらに進化する!?

国分グループ本社・笹野直子さんと、マルハニチロ・松原正幸さん

開発部署同士の2人ですが、とくに意見が一致したのは「もっといろいろ缶に詰めたい!」という熱い「缶詰愛」。

松原さん:乳製品や揚げ物など、缶詰には向かないとされる食材にも挑戦したいです。

笹野さん:フカヒレやアワビなど、本当に高価で高品質な缶詰ができているってことを提案したいです!

保存食から、身近な「ごちそう」へ。2016年、缶詰の更なる進化に期待です。

おまけ もっと缶詰を楽しむ3つのコツ

①「湯煎」でさらに美味しく!

笹野さん:とくにお肉の缶詰は、冷えると脂分が固まってしまうことがあります。湯煎で少し温めると、脂が溶けてより美味しくなりますよ。

②水煮缶はシンプルにわさび醤油で!

松原さん:素材のうまみが出るさばの水煮はぜひシンプルに味わってみてください。わさび醤油がおすすめです!

③汁ごと使えばパスタソースに早変わり!

笹野さん:オイルサーディンなどの缶詰はよく料理に活用していますが、とくにおすすめはオイルごと使うパスタ。醤油とレモンを加えると和風に大変身しますよ。

取材協力

国分グループ本社・笹野直子さんと、マルハニチロ・松原正幸

(左)国分グループ本社 マーケティング開発部 笹野直子さん:好きな食べ物は「パスタ」。「さまざまな缶詰を活用した、オリジナルのレシピを楽しんでいます」。
(右)マルハニチロ 加工食品ユニット グロッサリー事業部 松原正幸さん:好きな食べ物は「地元・宮崎名物のチキン南蛮」。「いつか缶詰にしたいです」とのこと。

文: 大久保敬太

写真:山中智衛
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。
伊勢丹オンラインストアでは、2016年2月11日(木・祝)午前10時~3月28日(月)午前10時まで、「2016SPRING LIQUOR SELECTION 春のワイン・洋酒・日本酒・TSUMAMI 通信販売」を開催。記事でご紹介の<マルハニチロ>、<K&K>のセット商品などをお取扱いいたしております。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。