白銀の雪の上にのる完熟マンゴー

一度食べたら忘れられない、とろ~っとした食感と口いっぱいに広がる濃厚な甘み。完熟マンゴーを一口ほおばると、あたかも南国を旅しているかのようなトロピカルな気分になってきます。けれどここ数年、日本の最北端・北海道からマンゴーが出荷されているのだそう。それはいったい、どんなマンゴーなのか、三越伊勢丹・生鮮担当の片桐健治アシスタントバイヤーに違いを伺いました。

 

夏が旬の沖縄・宮崎県産のマンゴーに対し、北海道産は冬が旬!

国産マンゴーというと、ポピュラーな産地は宮崎県や沖縄県。日照時間が長く温暖で、プロ野球やJリーグチームがシーズン前のキャンプを行うほど暖かな地域。そんな気候でこそ、濃厚で甘いマンゴーが育つのに、今回紹介する「白銀の太陽」はまさかの北海道産。日本各地のおいしい果物を求めて飛び回る片桐さんにとっても、このマンゴーを知った時は衝撃的だったそう。

「国産マンゴーの産地は、沖縄か宮崎、鹿児島くらいで、初夏の5~7月が旬。この『白銀の太陽』は、栽培の北限地を一気に飛び級で北海道に広げ、旬も11月下旬から年内いっぱい、といろんな果物を見てきた私ですが、こんな異例づくしは初めてでした」。

「白銀の太陽」の栽培は縁の下のヒミツにあり

ではなぜ、北海道産マンゴー「白銀の太陽」は、気候も旬も例外なのに、栽培できるのでしょうか?

実はこの「白銀の太陽」、「太陽のたまご」などで知られるいわゆる宮崎マンゴーと故郷は同じ。品種も同じく「アーウィン種」で、りんごのような真っ赤な果皮とぽってり丸い卵型の500g前後のアップルマンゴー系の品種。

というのも、北海道・十勝の生産者(現「ノラワークス」代表)が、宮崎県日南市で行われた農林水産省主催のマルシェで地元のマンゴー生産者との交流の中から生まれたもの。温暖な地域では、気候の関係上クリスマスに食べられるマンゴーを収穫できない……。という発想を逆転させた結果、北海道では冬に作れるはず、と宮崎からの技術指導を受けて、栽培されるようになったのです。

北海道でマンゴーを栽培するための特別な温室

温泉と雪の再生可能エネルギーを80%以上使用

真冬に出荷するマンゴーを栽培するにあたって、屋外の年間気温差が50度にもなる十勝の厳しい気候に適する、エネルギーの確保と直面することに。そこで考え出されたのが、温室の地中にあらかじめ管を埋め、近くの十勝川温泉の温かい水を通し、厳しい冬の凍るような冷たい地面を温めること。逆に夏場には、冬の間に降り積もった山のような雪を利用し、温室の地温を下げることに見事成功。十勝でのマンゴー栽培は、こうして可能になったのです。

温室内で豊かに育つマンゴー

これからは、こたつでマンゴー!

「時期はずれの冬のマンゴーなのに、従来の5~6月に入荷するマンゴーと品質も味も変わらない、糖度17~18度の濃厚な甘みが詰まっている最高レベルのおいしさです。マンゴーは大きければ大きいほど、果汁も多く甘みも強く、食べたときの満足度も大きいフルーツですね。これからの年末シーズン、パーティやイベント、お歳暮など、目からウロコのマンゴーはいかがでしょうか? 人とはちょっと違う、差のつくギフトをお考えの方にもおススメです」と片桐さん。

冬といえば、「こたつでみかん」が定番ですが、年末年始の特番を観ながらマンゴーを食べる、というのもいいかもしれません。まだまだ生産者も生産量も少ない「白銀の太陽」。宮崎の「クリスマスシーズンにマンゴー」の夢を叶え、さらに、雪深い北海道の冬場の雇用創出に光をもたらし、地域が活性化する可能性を存分に秘めた、再生可能エネルギーで育つ究極のフルーツとしてますます見逃せないですね。

文: 羽生田由香

  • スタイリスト/片桐健治

    三越伊勢丹・生鮮担当アシスタントバイヤー。日々、美味しい果物を求めて、日本中の農園や生産者の元へ飛び回っている。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、 2015年12月25日(金)まで伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ