最近妙な噂を耳にすることはないでしょうか。「究極の手巻き寿司を作る人がいる……」「全国でテマパという秘密の集会が開かれているらしい……」「選ばれた人しか入手できない手巻き寿司のレシピがあるんだって……」。

どうやら噂の真相は、「手巻キング」と呼ばれる人が握っているそう。FOODIE編集部が直撃取材しました!

 

浅葱色の法被がトレードマーク。颯爽と登場した手巻キング

手巻キングこと飯尾彰浩さん

手巻キングとの接触がかなったのは、伝統食材を守り継承していくユニット『HANDRED』がイベントを開催していた都内某所。さわやかな笑顔が印象的なこちらの男性が手巻キングの正体、飯尾彰浩さんです。この日も飯尾さんは、ゲストに振る舞うための酢飯を用意していました。

 

 その正体は、お酢蔵の五代目蔵元

はじめましての挨拶もほどほどに、さっそく噂の真相を確かめます。あの、手巻キングって何者なんでしょうか?

「全国で手巻き寿司の魅力を伝え歩いている人物です。まあ、私ですが……。私の本業は、明治26年から続く京都府・宮津のお酢蔵『飯尾醸造』の五代目。米作りから始める『富士酢』を醸造し、ご家庭はもちろんプロの料理人にもお届けしています」

飯尾醸造

なるほど。なんだかすごいお酢を醸造していそうですね。

「うちは酒を醸してからそれを原料にして酢を造る、日本古来の製法を続けています。今でもこの造り方を続けているメーカーは稀。『富士酢』には、農薬不使用の米を贅沢に使っています」

 

蔵元が手巻キングになったワケ

そんなこだわりのあるお酢を造っている蔵元が、なぜ手巻キングになったのでしょう?

「手巻き寿司を通じて日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったからです。手巻き寿司は、ホストとゲストが一緒にテーブルを囲むことができる料理。酢飯と具材を用意しておけば、キッチンを行ったり来たりせず、ゲストをもてなすことに集中できます」

日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったきっかけは何でしょうか?

「現代は人間関係が随分と希薄になりました。人を家庭に招いておもてなしする習慣も減りましたよね。伝統に携わる仕事をしている人間としてそれを寂しく思い、日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったんです」

手巻キングが広める「テマパとは!?」

手巻き寿司

客人を招いて手巻き寿司を振る舞うことでおもてなし力を向上させたいと考えた手巻キングは、手巻き寿司パーティ(通称:テマパ)そのものの魅力を広めはじめます。

「手巻き寿司はサンドイッチ、ピンチョスに並ぶ世界三大片手料理のひとつ。片手にグラス、片手に手巻き寿司を持って自在に動き回れるので、立食パーティにぴったりです」

海外からのゲストがいる際には、日本の文化を伝えながら親睦も深められるというテマパ。ゲストに合わせた具を用意することで、ゲストにとってもホストにとっても、良いことづくめのパーティになります。

テマパの奥義が秘められた『テマパ完全マニュアル』

テマパマニュアル

テマパの魅力をさらに広めるため、手巻キングはテマパを開催するにあたってのノウハウをつづった『テマパ完全マニュアル』を制作。テマパ主催者を初級・中級・上級のグレードに分け、中級以上と認められた人にだけこの極秘資料を渡しています。

「『テマパ完全マニュアル』の中には、主催者が立派なテマパホストになれるノウハウが事細かに記載されています。ただ、初心者にはまずテマパを楽しむことを大切にしてほしいと思っているので、渡していません」

ちなみに、上級は手巻キングを満足させるようなおもてなしができる人だけがなれるのだそう。なかなかハードルが高そうです。

目標は年間1,000人にテマパの魅力を伝えること

手巻き寿司パーティ

手巻キングは2015年「T1000」というプロジェクトを立ち上げました。1年間で1,000人にテマパの魅力を伝えるというもので、10月現在で800名ほどの参加があったようです。 「酸っぱいものが苦手だというお子さまや男性も、手巻き寿司はよく食べてくれます。テマパでおもてなしという文化を伝えつつ、米酢や赤酢という伝統食材の魅力が伝わったらいいなと思います」

手巻キングがレクチャーを行う「公式テマパ」の予定は、Facebook(https://www.facebook.com/kingoftemaki)で公開されています。気になる方はぜひご覧ください。

文: 大川祥子

取材:北條尚子
写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ