最近妙な噂を耳にすることはないでしょうか。「究極の手巻き寿司を作る人がいる……」「全国でテマパという秘密の集会が開かれているらしい……」「選ばれた人しか入手できない手巻き寿司のレシピがあるんだって……」。

どうやら噂の真相は、「手巻キング」と呼ばれる人が握っているそう。FOODIE編集部が直撃取材しました!

 

浅葱色の法被がトレードマーク。颯爽と登場した手巻キング

手巻キングこと飯尾彰浩さん

手巻キングとの接触がかなったのは、伝統食材を守り継承していくユニット『HANDRED』がイベントを開催していた都内某所。さわやかな笑顔が印象的なこちらの男性が手巻キングの正体、飯尾彰浩さんです。この日も飯尾さんは、ゲストに振る舞うための酢飯を用意していました。

 

 その正体は、お酢蔵の五代目蔵元

はじめましての挨拶もほどほどに、さっそく噂の真相を確かめます。あの、手巻キングって何者なんでしょうか?

「全国で手巻き寿司の魅力を伝え歩いている人物です。まあ、私ですが……。私の本業は、明治26年から続く京都府・宮津のお酢蔵『飯尾醸造』の五代目。米作りから始める『富士酢』を醸造し、ご家庭はもちろんプロの料理人にもお届けしています」

飯尾醸造

なるほど。なんだかすごいお酢を醸造していそうですね。

「うちは酒を醸してからそれを原料にして酢を造る、日本古来の製法を続けています。今でもこの造り方を続けているメーカーは稀。『富士酢』には、農薬不使用の米を贅沢に使っています」

 

蔵元が手巻キングになったワケ

そんなこだわりのあるお酢を造っている蔵元が、なぜ手巻キングになったのでしょう?

「手巻き寿司を通じて日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったからです。手巻き寿司は、ホストとゲストが一緒にテーブルを囲むことができる料理。酢飯と具材を用意しておけば、キッチンを行ったり来たりせず、ゲストをもてなすことに集中できます」

日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったきっかけは何でしょうか?

「現代は人間関係が随分と希薄になりました。人を家庭に招いておもてなしする習慣も減りましたよね。伝統に携わる仕事をしている人間としてそれを寂しく思い、日本人のおもてなし力を向上させたいと思ったんです」

手巻キングが広める「テマパとは!?」

手巻き寿司

客人を招いて手巻き寿司を振る舞うことでおもてなし力を向上させたいと考えた手巻キングは、手巻き寿司パーティ(通称:テマパ)そのものの魅力を広めはじめます。

「手巻き寿司はサンドイッチ、ピンチョスに並ぶ世界三大片手料理のひとつ。片手にグラス、片手に手巻き寿司を持って自在に動き回れるので、立食パーティにぴったりです」

海外からのゲストがいる際には、日本の文化を伝えながら親睦も深められるというテマパ。ゲストに合わせた具を用意することで、ゲストにとってもホストにとっても、良いことづくめのパーティになります。

テマパの奥義が秘められた『テマパ完全マニュアル』

テマパマニュアル

テマパの魅力をさらに広めるため、手巻キングはテマパを開催するにあたってのノウハウをつづった『テマパ完全マニュアル』を制作。テマパ主催者を初級・中級・上級のグレードに分け、中級以上と認められた人にだけこの極秘資料を渡しています。

「『テマパ完全マニュアル』の中には、主催者が立派なテマパホストになれるノウハウが事細かに記載されています。ただ、初心者にはまずテマパを楽しむことを大切にしてほしいと思っているので、渡していません」

ちなみに、上級は手巻キングを満足させるようなおもてなしができる人だけがなれるのだそう。なかなかハードルが高そうです。

目標は年間1,000人にテマパの魅力を伝えること

手巻き寿司パーティ

手巻キングは2015年「T1000」というプロジェクトを立ち上げました。1年間で1,000人にテマパの魅力を伝えるというもので、10月現在で800名ほどの参加があったようです。 「酸っぱいものが苦手だというお子さまや男性も、手巻き寿司はよく食べてくれます。テマパでおもてなしという文化を伝えつつ、米酢や赤酢という伝統食材の魅力が伝わったらいいなと思います」

手巻キングがレクチャーを行う「公式テマパ」の予定は、Facebook(https://www.facebook.com/kingoftemaki)で公開されています。気になる方はぜひご覧ください。

文: 大川祥子

取材:北條尚子
写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ロングセラーには理由がある! 世代を越えて愛される名スイーツ5選
  2. 半熟も固焼きも完璧!「目玉焼き」を好みの加減に仕上げるシェフのテクニック
  3. バイヤー直伝レシピ! コンソメいらずの絶品ポトフ
  4. 栗好きにはたまらない! 栗がごろっと入った秋限定スイーツ
  5. 「自分買い」するならコレ! 絶品ハロウィンスイーツ6選

秋グルメの最高峰!? トリュフ香る贅沢スープ

カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付
カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付

<カフェ プルニエ パリ>クリームスープ フレッシュトリュフを添えて 3,240 円(税込)

パリ・マドレーヌにあるカフェレストラン<カフェ プルニエ>の日本第一号店が、2018年10月5日(金)に伊勢丹新宿店にオープン! ぜひとも味わいたい季節限定メニューがこのスープ。イタリア産フレッシュ黒トリュフと、フォアグラを贅沢に使った一品です。添えられたエディアールのバゲットに、卵黄を溶かしたスープをたっぷりとしみ込ませれば、さらに美味しさ倍増! スープボウルから立ち上るスライストリュフの香りと、濃厚なフォアグラ、クリームスープが三位一体となって醸し出す、美食体験をぜひ!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:10月17日(水)~31日(水)

文: 原口りう子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。またピエール・エルメ・パリの商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

1粒300円超え! 地味だけど唸る美味しさ

ぼうだい本舗の露渋栗
ぼうだい本舗の露渋栗

<ぼうだい本舗>露渋栗(1個入り) 335円(税込)

京都の老舗甘納豆店<ぼうだい本舗>の「露渋栗」は、なんと1粒300円を越える高級和風グラッセ。ちょっとしたケーキほどのお値段ですが食べてみれば納得。口の中に広がる上品な味わいは、熊本県産の和栗本来の甘さ。濃いめのほうじ茶と一緒に食べれば、至福の瞬間が訪れます。素材の味を生かす丁寧な仕事に、食通のあの人も唸るはず。ここぞというときの手土産におすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: 嘉藤美保子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/名匠銘菓にてお取扱いがございます。 
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まるでお茶漬け!? だしで食べる和風グラノーラ

久右衛門のだしで食べるグラノーラセット
久右衛門のだしで食べるグラノーラセット

<久右衛門>だしで食べるグラノーラセット(1セット/グラノーラ200g・久右衛門だし×5包)1,685円(税込)

新感覚のグラノーラが<久右衛門>から登場しました。大麦をベースに、大豆、そば、えのき茸、くるみを加え、味噌で焼き上げた国産素材の和風グラノーラ。ここに、だしパック「久右衛門だし」で抽出した相性抜群のだしをかけていただきます。いわし煮干し・かつお節・焼きあご・昆布・椎茸など国産素材だけを贅沢に使用した芳醇なだしと、滋味豊かなグラノーラが混ざり合い、味わいや食感の変化を時間とともに楽しめます。クセになるこの美味しさを、ぜひ一度お試しあれ。

※取扱い:伊勢丹新宿店、伊勢丹オンラインストア
※販売期間:2018年9月19日(水)~10/2(火)

文: 香取里枝

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は2018年9月19日(水)~10/2(火)の間、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/久右衛門にてお取扱いがございます。また、<久右衛門>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

期間限定の甘い幸せ♡ ピエール・エルメの焼きたてヴィノエワズリー

クロワッサン オ ザマンド
クロワッサン オ ザマンド

<ピエール・エルメ・パリ>クロワッサン オ ザマンド (1個/日本製)486円(税込) 

<ピエール・エルメ・パリ>からこの期間、伊勢丹新宿店限定でクロワッサン オ ザマンドがお目見え。クロワッサンの中に、コクのあるくるみと華やかな香りのヘーゼルナッツ風味のアーモンドペーストが入っていて、今まで食べたことのない深みのある味わい! 外はサクサク、中はしっとりした生地の食感も楽しめるところは、さすが“パティスリー界のピカソ”と称される巨匠のヴィノエワズリー。1日2回焼き立てが届けられる、2週間だけのお楽しみです。お見逃しなく!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~ 10月2日(火)、各日平日100点限り、土・日・振替休日各日120点限り
※販売時間:午前10時30分~、午後14時~

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

優雅なお月見にいかが? <ピエール・エルメ・パリ>のオリジナル月餅(ムーンケーキ)

Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ
Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ

<ピエール・エルメ・パリ>Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ (1箱・要冷蔵/日本製)3,888円(税込)

9月24日は、中国の中秋節。1年でもっとも美しい満月がみられる日として、古くから月餅を食べる習慣があるのだとか。その月餅を、パティスリー界の巨匠、ピエール・エルメが作ったら……。昨年発表して人気を博した「ムーンケーキ」が、今年は伊勢丹新宿店に登場します。風味あふれるローズ入りアーモンドビスキュイ、ライチのパート・ド・フリュイ、フランボワーズの3つが見事に調和する「イスパハン」は、優雅なおいしさにうっとりしてしまいます。ほかに、柚子と抹茶が香る「テベール エ ユズ」、ショコラとプラリネを組み合わせた「プラリネ エ ショコラ」、アーモンドとバニラの香り高い「アンフィニマン ヴァニーユ」の全4種類が1箱に。パリや香港では“お月見”に家族や親しい人と食べる、人気のアイテムなのだとか。満月の夜の手土産にしたら自慢できそう。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月1日(土)~ ※予定数なくなり次第、販売終了

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月1日(土)〜数量限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ