Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.11.17

ニュース・イベント

サードウェーブの次は何がくる!? コーヒーの最新トレンド解説

数年前まではほとんど知られていなかった『バリスタ』という職業が広く認知されるようになり、飲み方や抽出方法など、楽しみ方も日々進化し続けているコーヒーの世界。

それだけ、多くの人にとってコーヒーが、毎日の暮らしに欠かせない存在である証とも言えるでしょう。近年では『サードウェーブ』というキーワードも注目を浴び、ますます盛り上がりを見せています。

そこで今回は、自身もコーヒーをこよなく愛するという三越伊勢丹アシスタントバイヤーの齊藤優輝さんに、最新のコーヒートレンドについて伺ってみました。 

トレンドを紐解く3つのキーワード

キーワード①テロワール

コーヒーの実

「いま、私が注目しているキーワードは3つ。1つ目のキーワードは「テロワール(=風土の個性)」です。かつてコーヒーといえば、『レギュラーコーヒー』と呼ばれるものが一般的でした。ブラジルやインドネシアなど産地が明記されているものがあっても、品種や農園まではわからなかった。でも最近では農園や畑別の気候にまで注目して豆を選ぶ文化が生まれています。今後は、どの国の、どんな農園の、どんな畑で育った、どんな品種の豆かなど、ワインと同じような感覚でコーヒーもテロワールで選ばれる時代が来ると思っています」

コーヒーは「果物」であると齊藤さん。私たちが毎日食べるお米や野菜を産地や品種で選んでいるように、日常的に飲むコーヒーに対しても同じような視点を持つのは、当然の流れと言えるかもしれませんね。そういったコーヒーを取扱うブランドもどんどん増えています。なかでも注目のブランドは、元麻布の「ミカフェート」。代表の川島良彰氏は、これまでに世界各国2,000ヵ所以上のコーヒー農園を訪れた「コーヒーハンター」。農園の土づくりからはじまり、その土地に合ったコーヒーの品種の栽培方法や、技術指導なども現地で行っています。 

キーワード②クラフトマン

コーヒーの焙煎風景

「2つ目のキーワードは「クラフトマン(=職人)」。ここでいうクラフトマンとは、淹れ方や焙煎、抽出方法、カッピングの技術など、さまざまな側面からコーヒーに職人として携わる人物のこと。

たとえば、アジア人として初めてワールドバリスタチャンピオンシップで優勝した「丸山珈琲」の井崎英典氏は、抜群の技術でお客さまの目の前でコーヒーを淹れ、パフォーマンスでも楽しませるプロフェッショナル。この人が淹れるコーヒーが好き、この焙煎家の豆が好き、そんな楽しみ方もできるのがコーヒーの魅力ですね」

丸山珈琲以外にも、日本各地には素晴らしいクラフトマンが無数にいます。アプローチ方法は異なっても、それぞれのクラフトマンのコーヒーへの想いは同じ。

クラフトマンと同じようにコーヒーに情熱を傾ける齊藤さん、ゆくゆくは、コーヒーが発展途上国の経済を支える産業にもなり得ると言葉にも熱が入ります。

キーワード③カフェグルマン

カフェグルマンの写真

3つ目のキーワードは「カフェグルマン」。

「フランスで流行しているコーヒーとお菓子の新しい楽しみ方です。いわゆる喫茶店の「ケーキセット」のように、コーヒーとケーキが別々に運ばれてくるのではなく、カフェ・グルマンはワンプレートの上にエスプレッソやコーヒーと焼き菓子やケーキなどの小さなお菓子をいくつかのせて提供するスタイル。パティシエやシェフの視点から提案する、コーヒー×お菓子のマリアージュです。見た目もとっても華やかですよ!」

『グルマン』とはフランス語で食いしん坊という意味。「カフェグルマン」は、いろいろなものを少しずつ食べたい……! という食いしん坊のワガママを叶えてくれる楽しみ方なんですね。

 

一杯が生み出す感動が、市場を広げていく

コーヒーのある暮らしのイメージ

「今やコーヒーは、テロワールやクラフトマン達の個性を楽しむ時代です。今後もさらに、素晴らしいテロワールや優れたクラフトマンが現れ、コーヒー業界は進化を続けるでしょう。コーヒーは国や宗教、年齢や性別を問わず広く愛される飲み物。今は苦手意識を持っている人でも、生産者やクラフトマンたちのこだわりが詰まった一杯に出合えば、『コーヒーっておいしいんだ』という感動を味わうことができるはず。コーヒーを飲む人は今後もまだまだ増える可能性があると思っています。市場が大きくなれば、生産者達のモチベーションもさらに高くなり、豆の品質向上にも繋がると思うんです」と齊藤さん。

私たちが毎日のように飲んでいるカップ一杯のコーヒーは、たくさんの人と繋がっているんですね。

いつもよりもじっくり、味わいながらコーヒーを飲みたくなりました。

文: 河西みのり

写真: Thinkstock/Gettyimages(4〜6枚目以外)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 齊藤優輝
三越伊勢丹催事アシスタントバイヤー。各地の生産者のひたむきな想いを届けるべく、様々な催事を企画中!

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
My Cup of Favor~魅惑のコーヒーを探して~
開催期間:2015年11月18日(水)~11月23日(月・祝)(最終日午後6時終了)
伊勢丹新宿店本館6階=催物場にて、全国各地から14名のスペシャリストが集結する催物、「My Cup of Favor~魅惑のコーヒーを探して~」を開催いたします。
コーヒー豆の産地×品種×生産者の魅力が感じられるコーヒーが楽しめるほか、この機会にしか食べられない限定スイーツも登場。ハワイでコーヒー農園を営む山岸秀彰氏の講演などコーヒーにまつわるセミナーも開催されます。

【商品の取扱いについて】
伊勢丹オンラインストアでは、2015年11月24日(火)午前10時まで、My Cup of Favorおすすめの商品をご紹介しています。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。