炊きたてのごはん

1年で一番ごはんがおいしい季節、どうせなら自分好みのお米を、最高の炊き方で仕上げた「究極の一膳」を味わってみませんか!?

おいしいごはんの食べ方を日夜研究している炊飯系フードユニット「ごはん同盟」のシライジュンイチさんに、好みのお米の見極め方とおすすめ品種、お米のタイプ別に炊く際のポイントを教えていただきました!

2017年「こだわりのお米」はこちら

どれが好み? 「食感」は大きく分けて3タイプ

シライさんによると、お米の品種によって最も違いが出るのが「食感」なのだそう。

「『アミロース』という種類のでんぷんの含有量で、米の『粘り』が左右されます。含有量が多いと粒が硬くあっさりとした食感に、逆に少ないともっちりと粘りけのあるお米になるんです。ちなみに『甘み』もよく着目されますが、日本のお米は甘みの強いコシヒカリ系統や、それを超えることを基準に改良された品種がほとんど。目指す方向性として『甘みが少ないもの』を分類するのは、少し難しいんですね」

今回は、粘りの強い「もっちりタイプ」、粒感を感じる「あっさりタイプ」、その中間にあたる「しっかりタイプ」の3つのタイプに分類し、それぞれに該当する品種をレコメンドしてもらいました!

まずは、おすすめ品種のマトリックス分布をご紹介。

お米品種のマトリックス分布図

粘りの強い「もっちり」タイプ

【おすすめ品種】

  • ゆめぴりか(北海道)
  • おぼろづき(北海道)
  • ミルキークイーン(秋田県)


「炊き上がりはやわらかめ。甘みが強いので、濃い目の味付けの料理に合います。冷めても硬くなりにくくおいしさが損なわれないので、お弁当やおにぎりにもぴったり。逆にチャーハンやカレーなど、パラパラしたお米が適当な料理には向きません」

【炊き方のコツ】

「炊く際のポイントは水加減。水が多いとベチャッとした炊き上がりになってしまうので、気持ち少な目の水で炊くのがおすすめです」

オールマイティな「しっかり」タイプ

【おすすめ品種】

  • コシヒカリ(新潟)
  • あきたこまち(秋田)
  • 森のくまさん(熊本)

「どんな料理にも合う、オールマイティな味わいです。甘みも強いので、味がはっきりしている洋食とともに味わうのがおすすめ。代表的なのはやはりコシヒカリ。日本全国でつくられていて、一概には言えませんが、産地によって若干傾向に違いがあります。東北・北陸地方のものは甘みが強く、山陰地方のものは粒感がしっかりしているものが多いです」

【炊き方のコツ】

「コシヒカリに代表される最もスタンダードなタイプのお米なので、炊き方は炊飯器の指示通りでOKです」

粒を感じる「あっさり」タイプ

【おすすめ品種】

  • ササニシキ(宮城)
  • ふっくりんこ(北海道)
  • まっしぐら(青森)

「粒がしっかりしていて炊き上がりは硬め。甘みも控えめなので、和食や朝ごはん向きです。個人的には、新潟出身なのでコシヒカリに馴染みがあるのですが、最近はあっさりタイプのササニシキがおいしいなぁと感じています。新米の出回る季節は、サンマの塩焼きとササニシキのごはんを合わせると最高ですね」

【炊き方のコツ】

「炊き方は、『もっちりタイプ』とは逆に、気持ち水を多めに炊いてみてください。硬くなり過ぎず、あっさりタイプのお米の魅力が十分引き出せると思います」

冷めたときにこそ、お米本来の魅力がわかる

異なるタイプのお米をいくつかそろえて、食べ比べてみるのも面白そうです。その品種の持ち味を最も堪能するには、どんな味わい方がおすすめなのでしょうか?

「実はお米の本当のおいしさがわかるのは冷えてから。ひと肌程度に冷ましたごはんは、水分を逃さないようにお米のまわりに膜ができるので、一粒一粒がはっきり立ち、甘みも増します。また、ぜひ『おひつ』を使ってみてください。炊飯器で炊いたごはんでも、保温状態にせずおひつに移し替えるだけで余計な水分がとれ、粒感をしっかり感じるごはんになっておいしいですよ」

それぞれの品種の魅力を把握して、料理や気分に合わせてお米を替えてみる――。新しいごはんの楽しみ方、はじめてみませんか?

文: 斉藤彰子

写真:Thinkstock/Gettyimages(1枚目)

商品の取扱いについて

もっとお米の魅力を知り、愉しみ、大切に食べていくことができたら。三越伊勢丹がご紹介する「こだわりのお米」はこちら

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. お菓子の宝石箱! 伊勢丹で人気の缶入りクッキー&フールセック6選
  2. 肉じゃがなのに、出汁も水も不要!? 4つの新常識で作るシェフ直伝レシピ
  3. 卵と出汁は1:3が黄金比!プロが教える、一生ものの茶碗蒸しレシピ
  4. 洋食派なら試したい! 伊勢丹で買えるとっておき朝ごはんアイテム
  5. 捨てるのはちょっと待った! シェフ直伝「セロリの葉」が主役のレシピ

夏みかんの中にちらし寿司……!?

有職の夏かん寿司
有職の夏かん寿司

<有職>夏かん寿司(1個)1,512円(税込)

夏みかんの「ふた」を外すと、中にはなんとちらし寿司が! 季節感に加え、そんなうれしいサプライズ感も楽しめるのが<有職>の「夏かん寿司」です。ばらちらしの上に鯛、穴子、鮭、海老、枝豆などをトッピング。酢飯には夏みかんの果肉入りで、さわやかな香りが食欲をそそります。小ぶりなサイズは差し入れにもぴったり。場の盛り上げにひと役買うこと間違いなしの逸品は、ぜひここぞというときのキラーアイテムに!


※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年5月中旬~8月中旬

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/有職にてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ

<和久傳>の代名詞!食通をうならせるれんこん菓子「西湖」

<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖
<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖

<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖(せいこ)(竹籠5本入り)1,728円(税込)

いまや<紫野和久傳>の代名詞ともなっている西湖。れんこんからとれるデンプンと和三盆で作ったお菓子です。とろんっと非常にやわらかいそれを香りのよい笹の葉からそのままぱくりといただくと、想像通りのとろける食感と優しい甘みに吸い込まれます。のどごしはつるっとしていて、すぐにまた一口と食べたくなる美味しさ。食通たちをうならせている伊勢丹新宿店の人気手土産、さすがといわざるを得ません!

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/紫野和久傳にてお取扱いがございます。 また<紫野和久傳>の一部商品は、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

歯ごたえと甘辛さがクセになる!<浅草今半>の佃煮

<浅草今半>牛肉ごぼう(60g)540円(税込)

言わずと知れたすきやきの名店<浅草今半>。その秘伝の割下でごぼうとやわらかい牛肉を炊き上げた「牛肉ごぼう」は、同店の佃煮シリーズの中でも人気の商品です。ごぼうはささがきなのでシャキシャキとした歯ごたえを残しつつもやわらかい食感。ひとたび口に入れると甘辛さがクセになり、白ごはんがすすみます。オムレツやキッシュの具材としても人気が高いそう。料理好きの方は必見です!

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=粋の座/浅草今半にてお取扱いがございます。 また伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

母の日に親子で♡ デメルのカーネーションケーキ

デメルのトッフェントルテ
デメルのトッフェントルテ

デメル>トッフェントルテ(直径約12cm)2,700円(税込)

バニラ&苺のクリームを使ったデコレーションでカーネーションを表現した<デメル>の「トッフェントルテ」。中央にデコレーションされた3輪のバラ、ハート型のホワイトチョコレートが目を惹き、ひと目で母の日ギフトに採用の愛らしさです! ドーム型のレアチーズケーキの中には苺のムースが。母の日にかわいい! と盛り上がりながら、親子で一緒に食べたいケーキです。

※取扱い:日本橋三越本店
※販売期間:2018年5月10日(木)〜2018年5月13日(日)

文: 佐藤優香

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※販売期間:2018年5月10日(木)〜2018年5月13日(日)

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=デメルにてお取扱いがございます。また<デメル>の一部商品は、三越オンラインストアでもお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ

ピリ辛がクセになる!老舗料亭が手掛ける近江の名産

<招福楼>赤こんにゃく油煮
<招福楼>赤こんにゃく油煮

<招福楼>赤こんにゃく油煮(150g) 864円(税込)

滋賀に本店をかまえる老舗料亭、<招福楼>。その名店の味が手ごろな価格で味わえるのが「赤こんにゃく油煮」です。「赤こんにゃく」とは近江で古くから食されいている名産品。鉄分できれいな赤色に染められたこんにゃくは、レバー…?マグロ…?と見間違ってしまうかも。醤油と出汁、一味でピリ辛に仕上げられていてクセになる味わい。日本酒やビールとも好相性なので、お酒の肴にどうぞ。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=粋の座/招福楼にてお取扱いがございます。 また<招福楼>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ