Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.10.25

スイーツ

アツアツ、ひんやり、フランス菓子「クルスタッド」がブーム目前!?

パンケーキやクロワッサンとドーナツを掛け合わせたクロナッツなど、流行が次々と生み出されるスイーツ業界。次なるブームが予感されているのが、フランス風アップルパイ『クルスタッド』です!

その魅力を探るべく、鎌倉の人気店『Laine Sucre sale (レネ シュックレ サレ)』へ実際に食べに行ってみることに。

今注目のスイーツ「クルスタッド」とは?

『Laine Sucre sale』でクルスタッドを焼き上げるレネ・伊純さん

クルスタッド(=Croustade)とはフランス語で「殻」という意味を持つ、フランス南西部発祥の料理。『Laine Sucre sale』のマダム、レネ・伊純さんによると、

「中に包むものによって甘いものや、しょっぱいものなど様々なレシピがあります。中にアーモンドクリームやカスタードクリーム、りんごなどを入れて焼き上げたお菓子『クルスタッド・オー・ポム』は、日本でも知られているのではないでしょうか」

とのこと。

『Laine Sucre sale』のクルスタッドは、シェフの出身地であるノルマンディーの代表的な食材、乳製品やりんご、カルヴァドス(りんごのお酒)などをふんだんに使い、他にはないオリジナルのデザートに仕上げているといいます。

アツアツ、ひんやりのできたてをいただきます

オーブンから取り出されるできたてのクルスタッド

『Laine Sucre sale』では、注文を受けてからオーブンで焼きあげるスタイル。焼きあがったら塩キャラメルソースを敷いたお皿の上にのせ、ホイップクリーム、またはバニラアイスクリームをトッピングして完成です。

パリパリに焼きあげられた生地の食感、その中はアツアツのクリームとりんご。塩キャラメルソースと冷たいクリームを混ぜながら、ゆっくり味わう『クルスタッド』は絶品!

できたてを味わうデザートなので、残念ながらテイクアウトはできませんが、ここに来ないと食べられない、という貴重さも魅力なのです。

「コーヒーや紅茶もご用意していますが、ぜひスパークリングワインやシードルと一緒に召し上がってみてはいかがでしょうか」とはレネさんからのレコメンド。

そう「クルスタッド」は発泡性の軽いお酒ともマッチする大人のデザートなのです。

鎌倉では早くも人気が広がりつつある『クルスタッド』。日本中にブームが来るのももうすぐかも。

文: 北條尚子

写真:Chia Ho

※本記事内でご紹介している商品は、三越伊勢丹でのお取扱いはございません。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。