阪本修氏によって作られたカラフルな漆器

私たちの食生活に欠かすことのできない、和の器たち。ふだん、どんなものを使っていますか? コーディネートにこだわりたいとお店で購入したものの、いざ食器棚に並べるといつもと同じになりがちだったり、食卓に並べてもイマイチ垢抜けない、ということも少なくないのでは。

そんな方にオススメなのが、食卓を美味しく彩る、カラフルな器。「使い方が難しそう」と思われがちですが、ふだんのお皿にポイント使いするだけなら手軽。それだけで食卓の印象が変わり、ぐっと華やかさが増すんです。

 

Step1 最初の1枚には、青系の器を

青色のお皿に盛りつけられたトマト

<藤井敬之作>瑠璃釉ひまわり中皿 7,020円(税込)

「最初に取り入れるなら、青い器がおすすめ」と教えてくれたのは、三越伊勢丹の和食器担当アシスタントバイヤー仲谷ちひろさん。青っぽい器って、食欲を減退させそうなイメージですが……。

「使いにくい色だと思われることが多いですが、和食器とも洋食器とも合わせやすく、最初の1枚にぴったりです。例えばトマトソースのパスタなど、赤のお料理が映えます」と仲谷さん。瑠璃色のお皿に洗ったミニトマトをのせてみると、確かに美味しそう!

のせる食べ物と反対の色の器を使うと、コントラストがはっきりして、食べ物がより鮮やかに美味しそうに見える効果をもたらすのだとか。

Step2 手持ちの器と並べてみて、バランスを見る

では、青以外の器の場合はどうやって取り入れたらいいのでしょうか? どの家庭にもよくある「白磁のシンプルな皿」や、「藍や朱の入った小皿」、「どっしりとした土色の小鉢」などは、いつも同じような雰囲気になってしまいがち。変化をつけながらもセンスのいい組み合わせにするためのポイントは?

「最初は好みの1色をアクセントで入れてみて、お手持ちの食器と一緒に食卓に並べ、バランスを見ながら組み合わせを考えるといいですよ」

Step3 2枚以上取り入れる場合は、同系色でまとめて

「カラフルな器を1色アクセントで入れた後は、徐々に色数を増やしてみると良いのではないでしょうか。複数色使う場合には、同系色でまとめたり、色のトーンを揃えると品よくまとまります」。

また、俳句や着物・帯の柄に季節を取り入れるように、夏は涼やかな色、秋は温かな印象の暖色など、四季の色を器で取り入れて、食卓を豊かにしつらえるのもいいんだそう。

秋冬におすすめのカラフルな器たち

「これからの時期におすすめしたいのが、色や質感にこだわって、多彩なバリエーションを生み出している男性作家の器。食卓に取り入れやすいシンプルな形と、こっくりと深い温かみのある色合いが特徴です。家族団らんの時間をさらに楽しく演出してくれますよ」と仲谷さん。注目の作家と一押しのアイテムを合わせて教えてもらいました。

①柔らかな黄色いカラーが美しい藤井敬之氏の浅鉢

藤井敬之が作った白彩釉黄子持線文四角浅鉢

<藤井敬之作> 白彩釉黄子持線文四角浅鉢 10,800円(税込)

カラフルながらも、柔らかい色合いが食卓に取り入れやすく、これからの時期におすすめの1枚。みんなで取り分けるサラダや、ワンプレートのごはんにもぴったりな、汎用性の高いサイズ感も魅力です。

 

②塗師の阪本修氏によるカラフルな漆器

阪本修氏によって作られたカラフルな漆器

<阪本修作> カップ 3,996円/プレート 3,024円(ともに税込)

普段漆器に馴染みのない人でも気軽に使える、洋食器とも馴染みのいい色合いがポイント。

「色違いでスタッキングしたときの見た目も可愛いので、何色か揃えるのがオススメです」。

 

③秋冬の食卓にも馴染む、光井威善氏のグラス

光井威善が作ったグラスとタンブラー

<光井威善作> 冷酒グラス silence 各種 9,720円(税込)

カットと研磨を施した表面が、温かく、柔らかな印象のグラスとタンブラー。

「ガラスというと夏っぽく感じますが、こっくりとした色合いなので、秋冬の食卓にもぴったりです」

 

「どの器も実際に手に取って触れて、『これいいかも』と心動かされるものを見つけてみてはいかがでしょうか。食卓での取り入れかたをイメージしながらコーディネートを楽しんでいただきたいです」。

何気ないふだんの食卓を豊かに彩るカラフルな器。まずはおひとつ、テーブルの仲間に加えてみませんか。

文: 羽生田由香

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/仲谷ちひろ

    和食器のアシスタントバイヤー。料理好きが高じて、器にも興味が出てきたそう。「作家さんと話をし、作陶背景やこだわりを聞くのが楽しみ。少しずつお気に入りを買い足しています」

商品の取扱いについて

この記事でご紹介している商品は、9月29日(火)~10月6日(火)、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング/プロモーションにてお取扱いがございます。

 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  2. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  3. 意外なあの具材で。シンプルで美味しい炊き込みご飯のレシピ
  4. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  5. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ