Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.10.05

おすすめアイテム

新米の季節到来! 2015年人気の4種を食べ比べ!

普段、お米の銘柄はどうやって選んでいますか? なんとなく知っている名前や値段で選んでしまう……という人も少なくないのでは。「品種でどんな違いがあるの?」「お米によって炊き方も変えるべき?」など、改めて考えると「お米」って、毎日食べるものにもかかわらず、意外と知らないことの多い食材です。

そこで今回は、お米選びの目を養うべく、人気の4種の食べ比べに挑戦。三越伊勢丹食品統括部グローサリーバイヤー・金井則篤さんと「お米アドバイザー」カワサキ森田屋の川崎好之さんに解説してもらいながらの試食です。

食感や味だけでなく「見た目」の違いも歴然!

今回、金井バイヤーにセレクトしていただいたのは①兵庫県産の「コウノトリ育むこしひかり」、②茨城県産の「笑みの絆」、③北海道産の「ゆめぴりか」、④京都丹波産の「<農樹>こしひかり」の4種。炊き立てごはん特有のなんともいえない甘い香りがふわ〜っと漂います。

①バランスの良さはピカイチの「コウノトリ」

兵庫県産の米、「コウノトリ育むこしひかり」

金井バイヤーも「バランスがいいですよね」と言う通り、特筆すべきはその甘みやうまみの「ちょうどよさ」。見た目はツヤツヤ、食感はモチモチで食が進みます。

②寿司用に開発された「笑みの絆」はあっさり系

茨城県産の米、「笑みの絆」

「寿司用」に開発されたお米なので、あえて甘みなどを抑えた仕上がりなんだそう。主役となるお寿司の具材を引き立てるよう追求されたおいしさ。粘り気が少ないので、寿司の具と一緒になったら、ほろりと口の中でほどけそう。

③柔らかな食感の「ゆめぴりか」は冷めても美味

北海道産の米、「ゆめぴりか」

食感は柔らかく粘りの強さも感じられ、ほどよい甘みで美味。水分が多いので、水を減らして炊く人もいるんだとか。時間が経ってもモチモチなので、お弁当やおにぎりにもよさそうです。

④噛むほどに甘みが広がる「<農樹> こしひかり」

京都丹波産の米、「<農樹>こしひかり 農樹」

見た目はふっくら、一粒一粒がしっかり立っています。弾力のある食感に適度な粘り、噛むほどに口の中に広がる甘み。「お刺身やお魚に合いますよ」と川崎さん。

好みや料理に合わせて、お米を選ぶ楽しみ

実際に4種を食べ比べてみると、食べる前には想像できなかった「違い」と「個性」がはっきりと感じられました。個人的にはバランスの良さが際立っていた「コウノトリ」がNO.1でしたが、「料理との組み合わせ」を工夫したら、それぞれの魅力を最大限に引き出すことができそう。ぴったりの料理とあわせて試してみたいところです。

今回登場した4種の新米は、伊勢丹新宿店で販売中とのこと。今年の新米は料理に合わせて、あるいはお好みの風味や食感で選んでみるのもおすすめですよ。

文: 田辺香

イラスト:上坂じゅりこ

バイヤー・スタイリスト / 金井則篤
三越伊勢丹食品統括部グローサリーバイヤー。お米をはじめ、食品に関する知識はかなりのもの。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品(新米)は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。
全国各地のお米の中から、伊勢丹のバイヤーが確かな目で安心安全でおいしいお米を厳選。「伊勢丹お米セレクション」はこちら。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。