ココナッツオイルのイメージ

トップモデルや、健康を気遣う女性たちの間で人気に火が点き、「ミラクルフード」として注目を集める「ココナッツオイル」。

飛びついてみたものの、「余っている」「独特の香りが気になる」「正直、ちょっと高い」……。などなど、使いこなせていない人も多いのではないでしょうか。

今回は、ココナッツオイルに夢中なひとりでもある食のスペシャリスト・高橋善郎さんに、プロの目から見た魅力を教えていただきます。

28_coconutoil_01

そもそも「ココナッツオイル」ってなに?

ココナッツオイルはその名の通り、ココナッツの実から搾り取ったオイルのこと。その利点はさまざまですが、高橋さんが特に気に入っているのは、意外にも「使い勝手の良さ」なのだとか。

「料理人の立場から実感するココナッツオイルの魅力のひとつとして、まず『劣化しにくい』という点が挙げられます。180度以上の高温にならないと酸化しないため、オリーブオイルやごま油よりもずっと持ちがいいんです。一度開けてから、常温でも清潔な状態を保てば1年は新鮮なまま保存できますよ」

28_coconutoil_02

液体にも、ペーストにもなる不思議なオイル

ココナッツオイルは、25度から液状になり、それ以下の低温ではペーストになるという特徴があります。

「でも、形状が変化しても栄養や風味はそのまま。ペースト状に固まったオイルは、バターのようにパンに塗って食べてもおいしいですね。まさに万能なオイルなんです」

28_coconutoil_03

和食にココナッツオイル!? 意外なおいしさ

和食店に生まれ育ち、和の基本を徹底的に勉強した高橋さん。ココナッツオイルにはまったきっかけは、ちょっと意外です。

「実は、使ってみる前にはココナッツオイルに苦手意識があったんです。『独特の甘い風味がちょっと……』と思っていました。そんな時、ある食のイベントでココナッツオイルメーカーの方と知り合う機会があり、試してみたら目からウロコ! そのやさしい味わいや、オイルとしての利点にすっかり惹かれてしまい、ぜひ自分も使いたいと思うようになりました」

「香味野菜」「発酵食品」との相性◎!

和食がルーツの高橋さんが提案するココナッツオイルのレシピは、日本人なら誰でも食べたことがあるような、家庭的なお惣菜がメイン。

「ココナッツオイルは独特の風味があるので、香味野菜や発酵食品など、香りを持った食材との相性がいいんです。たとえばゴマだれの隠し味に少量効かせたり、梅肉や大葉を使った和え物に加えたり。また、味噌や塩麹といった発酵食品との相性もいいんですよ。豆乳の味噌スープのコク出しや、魚の塩麹焼きなどの焼き油に使うのもおすすめですね」

28_coconutoil_04

どれがいい? おすすめのオイルを聞きました!

ココナッツオイルは日本でもさまざまなメーカーから販売されていますが、高橋さんのおすすめは、フレッシュな実を圧搾して作られた「エキストラバージン」タイプなのだとか。

「最近は、ココナッツオイルもさまざまな種類のものが売られていますが、商品によっては保存料などの添加物が入っていたり、加熱処理によって香りが失われているものがあるのも事実。カラダに良いオイルを選ぶからには、ぜひ混じりけのないエキストラバージンオイルをおすすめしますね。香りもワンランク高く、食材との馴染み方も違いますよ」

食べ続けるなら、良いものを

最後に、気になるコストパフォーマンスについて。

「油はどうしても酸化して古くなってしまう性質があるので、おいしいまま長期間保存できるという点では決してココナッツオイルは高くないと思いますね。また、お手持ちのオイルにブレンドして使うといったアレンジもできるので、意外と長持ちするんです。何より、毎日食べ続けることを考えたら、いいものを摂りたいですよね」

カラダに向き合うという意味でも、長い付き合いになりそうなココナッツオイル。髙橋さんのお話をお聞きしていると、決して高いものではないと思えてきます。

takahashi_yoshirou_pro

料理研究家 高橋善郎

料理研究家。和食店に生まれ育ち、料理の基本を学ぶ。食品メーカー勤務後、料理研究家として独立。確かな腕前と、それを的確に伝えるスキルを併せ持った期待の料理家として人気急上昇中。ココナッツオイルのレシピを多数掲載した「魔法のココナッツオイルレシピ」が宝島社より発売中。

文: 田中 あずさ

写真:園 健、Thinkstock/Getty Images(1枚目)

商品の取扱いについて

ココナッツオイル各種を、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクション、プラ ド エピスリー、本館地下2階=ビューティアポセカリーにてお取扱いいたしております。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ