あじさいと手土産のイメージ図

夏の帰省時に欠かせない、手土産。毎年のこととなると、いつも同じもの、定番ものを選びがちです。でも、帰省とひと言に言っても手渡す相手はさまざま。選び方にちょっとした気遣いを添えるだけで、夏の思い出に残る贈り物になります。

そこで、おじいちゃんおばあちゃん、久しぶりに会う友人、親戚など、どんな相手も笑顔にする手土産の選び方を、伊勢丹新宿店フードアテンダントの加藤美紀さんに教えてもらいました。

「常温」「スリム」「限定」が帰省みやげの3原則

まず、最初におさえておきたい、帰省時ならではのポイントが3つ。

「ご配送される場合も、日持ちがして『常温』のものが扱いやすいですね。また、帰省時には着替え類など、いつも以上に荷物が増えている状態。そこにプラスしての手土産になるので、極力『スリム』なもの、電車や飛行機でのご移動中に、形が崩れにくいものがいいでしょう」

さらに、東京らしさを出すならちょっとしたレア感も大事だと加藤さんは言います。

「せっかくですので、ご当地では手に入らないものを選びたいですね。東京ならではという意味で、伊勢丹新宿店『限定』のものは、喜んでいただけるのではないでしょうか」

これらのルールをおさえたうえで、帰省時にぴったりの手土産を教えてもらいました。夏休みによくある4つのシーンに合わせ、それぞれにフィットするアイテムの「選び方」、「おすすめの1品」をご紹介します。

久しぶりに会う、おじいちゃん、おばあちゃんへ

①<円果天>月餅と水晶月餅のセット

<円果天>の月餅と水晶月餅の画像

■<円果天>月餅 6個 、水晶月餅 4個入/3,240円(税込)/伊勢丹新宿店・浦和店限定

「やはり夏は冷たいものがうれしいですが、水羊羹の類はいただく機会も多いはず。そうめんなどもそうですが、シーズンの定番ものは食べ飽きている方も多いでしょう。安定感がありながらも『いろいろな味』が選べると、目先が変わり、楽しみがいも感じていただけます」

そう語る加藤さんが選んでくれたのは、<円果天>の月餅と水晶月餅のセット。

「まず、焼き菓子とゼリーの両方を楽しめるところが、小さな心遣いになります。円果天の月餅はマンゴーなど季節のあんをお選びいただけますし、水晶月餅も黒胡麻、ライチ、杏仁など味のバラエティが豊か。開封する前から中身の鮮やかな色が見えるので見た目にもきれいです」

さらに、水晶月餅の「ソース」に注目してほしいと加藤さん。

「黒胡麻にはいちじく、ライチには甘酸っぱいサンザシなど、それぞれに相性のよいソースがついています。かける手間はありますが、最初はゼリーをそのままで食べていただき、途中でソースをかけて2つの味を楽しんでいただけるんですよ。また、水晶月餅は日持ちが長いので、焼月餅を先に召し上がっていただいた後、じっくりお召し上がりいただけます」

店頭では試食もできるので、選ぶ方も楽しい1品です。

お子さまから大人まで、勢ぞろいの夏休みに

②<フィーカ>スイーツアソート

フィーカのスイーツアソート

<フィーカ>スイーツアソート/3,240円(税込)/伊勢丹新宿店限定

「私が子供の頃には、母の実家に全国からいとこ達が一斉に集まって、大賑わいだったんですよ」と、ご自身の思い出とともに教えてくれた加藤さん。親戚みんなで囲む手土産のキーワードは、「にぎやかさ」と、どれを食べようか「選ぶ楽しみ」だそう。

この夏の加藤さんのおすすめは、<フィーカ>の「スイーツアソート」。

「ヘラ鹿のクッキーが4枚、箱入りのシンプルなクッキー、バターケーキの詰め合わせです。この1箱を囲んで、『どれから食べようかな』『迷っちゃうね!』という会話で盛り上がっていただきたいですね」

でも、数が揃わないと子供同士で取り合いになってしまうのでは……?

「親戚みんなで囲むお菓子は、オフィスのように全員に均等に行き渡ることよりも、『私はコレ!』と選べる楽しさを大切にしたいんです。取り合いになったとしても、『また今度買ってきてね』と次の再会のきっかけに話がつながりますよ」

地元に帰って、プチ同窓会

③<ノワ・ドゥ・ブール>フィナンシェ

伊勢丹フードアテンダントが教える、夏の帰省にオススメの手みやげ4品_04

<ノワ・ドゥ・ブール>フィナンシェ 1個/216円(税込)/伊勢丹新宿店・日本橋三越限定

気心が知れた久しぶりのメンバーに会えるのも、帰省時の楽しみのひとつ。そんなときの手土産は、「ちょっと気の利いたもの」を選びたいもの。加えて「ほかの人が絶対に買っていないものを狙う」のも、みんなの心をつかむコツだと加藤さん。

お友達に会う時間がわかっていれば、「ぜひ焼きたてタイプを」と選んでくれたのが、<ノワ・ドゥ・ブール>のフィナンシェ。ギフト用の個包装されたタイプも取り扱いがありますが、日持ちが3日の焼き立てタイプはフレッシュなおいしさが格別(!)だそう。

「焼き立てタイプは1つずつ紙の袋に入っていてラッピングはありませんが、そんなラフな包装も、他店にはないもの。気心が知れた仲間だからこそ、形式ばらずに『焼き立て感』を届けたいですね。袋から漂うバターの香りに『これ今食べていい?』のひと言が引き出せるはずですよ」

どこかのおうちに集まる場合は、5個入りと10個入りが選べるわっぱのボックスセットもおすすめ。集まる日から逆算して、フレッシュな焼き立てタイプと日持ちする小包装タイプを使い分けるといいそうです。

東京にいらっしゃれない、あの方へ

④<ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ>サマーリンデ

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのサマーリンデ

■<ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ>サマーリンデ 1個/1,080円(税込)/三越伊勢丹限定 ※夏季限定商品

加藤さんが4品目に教えてくれたのは、農業を営む方など、いろいろな事情で地元を離れられない方への手土産。

「普段東京にお越しになれないため、東京の今の旬や流行を知りたい方が多いようです。そこで、店舗が限られた限定ショップに加えて、期間も限定の品で『今っぽさ』を感じていただきたいです」

教えてくれたのは、意外にも、夏に敬遠されがちな「チョコレート」を使ったお菓子。無添加バウムクーヘンで大人気の<ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ>から夏限定で販売される「サマーリンデ」です。

「夏はチョコレートを避ける時期ではありますが、それゆえ逆に食べたくなるものなんです。こちらは直射日光を避けていただければすぐには溶けないアイテム。スイートチョコとオレンジピール入ゼリーの相性が絶品。お召し上がりの直前に少し冷やしていただくと、より一層おいしく召し上がれます。手土産は小包装で出てくるのが一般的ですが、あえて1本ものでケーキ感を。『ぜひご家族のみなさんで』の気持ちも差し上げたいですね」

東京のお土産をいただき慣れている方に

⑤<賚果 源 吉兆庵>歳々果 SAISAIKA

賚果源吉兆庵の歳々果SAISAIKA

■<賚果 源 吉兆庵>歳々果 SAISAIKA 6個入/2,096円(税込)/伊勢丹新宿店限定・8月頃までの取扱い

こちらも4品目のサマーリンデと同様、伊勢丹新宿店限定であることに加えて、季節も限定のアイテム。

「東京のお土産をいただき慣れている方や、お取り寄せでいろいろなスイーツを召し上がっている方におすすめの、特別感のあるアイテムです。源 吉兆庵で取り扱うフルーツ和菓子は季節ごとに入れ替わるので、その時々でしか味わえない一品は、かなりレア。店舗も時期も限定の珍しさによろこんでいただけるのではないでしょうか」

ゼリーをいただくことが多い季節ですが、いつものゼリーとは一線を画す和菓子の趣きは、きっと印象に残る手土産になることうけあいです。

お相手の好みがわからないときの、必殺アイテム

⑥<日本茶果SANOAH>

日本茶菓SANOAHのキャラメルサンドクッキー 胡桃抹茶

<日本茶菓SANOAH>キャラメルサンドクッキー 胡桃抹茶 10個入/2,484円(税込)/伊勢丹新宿店限定

これまで紹介してきたシーンのどれにも当てはまらないという方はどうしたら……? そんな困ったシーンで役立つ必殺アイテムとして加藤さんが教えてくれたのは、くるみの食感と抹茶の香りが印象的なクッキー。

「和とも洋とも受け取れるうえ、日本茶にも、コーヒーにも、紅茶にも合わせやすい。汎用性の高さで群を抜く一品です。コンパクトでありながら、木箱の上品さもほどよく、リピーターの多さにも納得!オールシーズン人気のアイテムです」

夏ならではの召しあがり方として、「冷蔵庫で冷やして食べるのも美味しい」という抜け目のなさ! どなたに贈っても、きっとよろこばれる一品です。

文: 佐々木智恵美

写真:Think Stock/Getty Images(1枚目)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/加藤美紀

    ギフトアドバイザーの資格も持ち、お客さまの悩みに応えるべく日々リサーチ、商品の提案を行うフードアテンダント。商品をお買い上げいただいたお客さまのリアルなお声を、次のお客さまに橋渡しすることで活かしています。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/円果天、賚果 源 吉兆庵、カフェ エ シュクレ/フィーカ、ノワ・ドゥ・ブール、グラン アルチザン/ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベにてお取り扱いがございます。 また、お電話注文(伊勢丹新宿店 電話03-3352-1111大代表)でもお買い求めいただけます。一部の商品は、伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. まるでクリームみたい! プロが教える濃厚マッシュポテトのレシピ
  2. 肉のうまみが凝縮! 豚バラ肉の塩漬け「パンチェッタ」の自家製レシピ
  3. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  4. 焼いて食べたら美味しかった! 意外な7アイテム
  5. 日本の三大うどんは「讃岐」「稲庭」、あとひとつご存知ですか?