鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_1

今も昔も、とっておきのごちそうと言えば「すき焼き」。甘辛い割下がからんだ霜ふりの薄切り和牛、そして牛脂の旨味が染み込んだネギやお豆腐の味わい……。これぞ大人も子供も楽しめる「鉄板」メニューと言えるのではないでしょうか。 ところでこのすき焼きに、ちょっと風変わりなバージョンがあるのをご存知ですか? すき焼きの概念を覆す2つの「ご当地すき焼き」を、三越伊勢丹食品統括部の板津貴史さんと霞怜子さんにご紹介いただきました。

牛肉の代わりに鰻!? 琵琶湖発「じゅんじゅん」

すき焼きと言えば牛肉、と思ったら大間違い。なかには鰻(ウナギ)が主役のすき焼きだって存在するのです。「じゅんじゅん」は、滋賀県・湖北/湖東地方で食べられてきた郷土料理。たっぷりのゴボウやネギとともに甘辛いタレで鰻を煮込んだ、まさに鰻のすき焼きです。

鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_2

かつて琵琶湖の漁師たちがたまたま獲れた鰻をすき焼きにして食べたのがはじまり、とも、蒲焼きにならないサイズの鰻を煮込んで食べていた、ともいわれています。ちょっと可愛らしい響きの「じゅんじゅん」という名前は、鍋で煮込む際の音に由来。この地方では鰻に限らず、すき焼き風鍋の総称としても使われている言葉だそうです。

とろけるような鰻の舌触り 気になるその味わいは?

「甘辛い煮汁で煮込まれた鰻はふんわりとろけるような舌触り。おともに入れるゴボウが余分な脂を吸ってくれるので、さっぱりといただけます」と板津さん。「生の鰻を手に入れるのは難しくても、蒲焼きを使えばご家庭でも手軽に作れるので、ぜひ試してみていただきたいですね」。グローサリー担当の霞さんは、「蒲焼きのタレと煮汁のマッチングも抜群です。お好みで花山椒を加えても美味ですよ」と付け加えてくれました。

文明開化の地で生まれた、すき焼きのルーツ「牛鍋」

すき焼きが現在の形と名前になる以前、厚切りの牛肉を甘味噌でいただく「牛鍋」という料理が文明開化の地、横浜で大流行しました。現在でも当時のままのスタイルの牛鍋を食べさせる店が残っているそうです。当時まだなじみの薄かった牛肉の臭みを消す、というのが味噌を使った理由。また、牛肉が薄切りではなくぶつ切りなのは、考案した店主が肉を薄く切るのが面倒だったから、という説も!?

鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_3

味の決め手は甘味噌

板津さんによると「濃厚な甘味噌と厚切り牛肉との相性は抜群です。とろける牛脂を味噌の甘みが心地よく包み込んで、飽きずに食べられます。レア気味でいただくのがおすすめですよ」とのこと。また、使用する味噌は、「江戸甘味噌」がおすすめ。「これにみりんや出汁を加えて練り、一晩寝かせておくと味わいが濃くなり、割下ともよくなじみます」と霞さん。 日本の食文化の多彩さの一端を物語る「鰻のじゅんじゅん」と「牛鍋」。どちらも家庭で手軽に作れる、ごちそう鍋料理です。こんなルーツの話題とともに、おもてなし料理のレパートリーに加えてみるのもいいかも知れませんね。

文: 東海林美佳

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/板津貴史

    三越伊勢丹 食品統括部 食品第一商品部 生鮮 アシスタントバイヤー。「作り手とお客さまをつなぎ、その両方に感動していただけるような商品をご提供していきたいと思っています」。

  • スタイリスト/霞怜子

    三越伊勢丹 食品統括部 食品第一商品部 グローサリー アシスタントバイヤー。「生産者の想いとこだわりがたくさん詰まった商品や、日本の風土や地域ならではの未来に食べ継いでいくべき食文化を伝えていきたいです」。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=フレッシュマーケット/吉川水産、精肉の二幸、グロッサリー/広布屋、あぶまた味噌にてお取り扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 材料は水だけ! ホイップみたいなアボカドディップの作り方
  2. レモンサワー専門店が直伝! 薄まらない濃厚レモンサワーの作り方
  3. 肉もフライパンも冷たいまま!? プロが教える最新ステーキの焼き方テクニック
  4. 少ない油でジューシーに! 「なす炒め」のコツをプロが解説
  5. 短時間で簡単!どんどん使える野菜の作り置きレシピ

あの名作フィナンシェにさらなるプレミアムが!

ノワ・ドゥ・ブールの焼きたてフィナンシェ(フランス産発酵バター)
ノワ・ドゥ・ブールの焼きたてフィナンシェ(フランス産発酵バター)

<ノワ・ドゥ・ブール>焼きたてフィナンシェ(フランス産発酵バター)(1個) 324円(税込)※賞味期限:焼成日から2日 

※販売期間:2017年8月23日(水)〜9月5日(火)

大好きな<ノワ・ドゥ・ブール>の「焼きたてフィナンシェ」に、さらなるプレミアムバージョンが販売されると聞いて、飛んできました。プレミアムなポイントはずばりフランス産発酵バターを使用していることだそう。ひと口かじれば、口いっぱいに広がるミルク感たっぷりのまろやかな味わい。トッピングのカソナードのカリッとした食感、口どけの余韻があとを引き……。これはひとつじゃ済みませんよ!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/ノワ・ドゥ・ブールにてお取扱いがございます。 また、<ノワ・ドゥ・ブール>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ルーフトップでバケーション気分! 伊勢丹のビアガーデン

伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ 伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ
伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ 伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ

<BEER GARDEN PLAN>料理+フリードリンクプラン(1名)4,800円(税込)から

都会とは思えない開放感たっぷりのルーフトップテラス。実はここ、伊勢丹新宿店の本館屋上のビアガーデンなんです。カジュアルなビアガーデンとは一味違う、美しく手入れされた芝生やウッド調のガーデンファニチャーは雰囲気たっぷり。サルヴァトーレ クオモプロデュースによる南イタリアを中心としたオリジナル料理で、バケーション気分を味わいにまた足を運びたくなる、そんな空間です!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

イベントのご案内

【イベントのご案内】
今回、ご紹介した伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデン「SKY PARADISE BEER GARDEN」が下記の日程で開催中です。
会期:〜2017年9月24日(日)
 ※8月22日(火)、8月29日(火)は店舗休業日のためクローズ。
会場:伊勢丹新宿店 本館屋上=アイ・ガーデン
営業時間:午後3時〜午後10時
 ※8月の土・日・祝日 午後1時〜午後10時
ラストオーダー:フード 午後9時/ドリンク 午後9時30分
ご予約・お問合せ先:03-6890-0199(受付時間:午前11時〜午後8時)

おすすめアイテム一覧へ

シドニー発のタイ料理が話題の予感!

Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー
Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー

モダン・タイ・レストラン<Longrain(ロングレイン)>

シドニーのモダン・タイ・レストラン<Longrain>が日本初上陸。そう聞いて、タイなのにオーストラリア? と思われたことでしょう。でも実は、シドニーはアジアの食文化が盛んなエリア。タイ料理も美味しく、洗練された独自のスタイルが形成されているんだそう。しかも<Longrain>は平日夜は予約の取れない人気店なんだとか。特に注目したいのはそのハーブ使い。東南アジアで噛む嗜好品と言われるキンマの葉の上に海老や野菜をのせた「ベテルリーフ」(写真1枚目)はどんな味なのか気になります! 今後話題の予感です。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

店舗のご案内

記事で紹介しているレストランLongrain(ロングレイン)は、2017年8月26日(土)オープン予定。WEBまたはお電話にて予約を承っております。

WEBサイト:http://longrain.im-transit.co.jp
電話番号:03-5424-1300
営業時間:月-金 11:30〜16:00/17:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
土日祝 11:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39階

おすすめアイテム一覧へ

しっかり辛いのがうれしい! 豚肉のガパオ弁当

マンゴツリーデリのガパオ
マンゴツリーデリのガパオ

<マンゴツリーデリ>豚ひき肉のガパオ 803円(税込)

「今日はエスニック気分」という時に立ち寄るのが<マンゴツリーデリ>。ガパオには「豚」「豚の大辛」「鶏」「季節野菜」の4種類があって、とろんと半熟の目玉焼きがのっています。エスニック好きとしては「豚の大辛」にやみつき! 豚肉を、目玉焼きとジャスミンライスと混ぜるとちょうどいいスパイシーさになるんです。お弁当でも本格的なお店で食べるような満足度で、つい買って帰ってしまいます。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/マンゴツリーデリにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

みなぎる力強さ。いわてのヤマブドウを1本にしたジュース

佐幸本店の完熟 山のきぶどう
佐幸本店の完熟 山のきぶどう

<佐幸本店>完熟 山のきぶどう(600㎖)1,944円(税込)

ぶどうジュースに「生命力」や「力強さ」を感じたのは初めて! そんな感覚を覚えるのは、岩手県で育まれた完熟ヤマブドウだけを収穫して絞った、ストレート果汁の「山のきぶどう」。ワイルドな渋みがあるのかと思いきや、感じるのはやさしい甘さと酸味。でもその濃厚さに自然の力を感じます。元気がほしいときにも味わいたい、フレッシュな1本です。

文: FOODIE編集部

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ