鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_1

今も昔も、とっておきのごちそうと言えば「すき焼き」。甘辛い割下がからんだ霜ふりの薄切り和牛、そして牛脂の旨味が染み込んだネギやお豆腐の味わい……。これぞ大人も子供も楽しめる「鉄板」メニューと言えるのではないでしょうか。 ところでこのすき焼きに、ちょっと風変わりなバージョンがあるのをご存知ですか? すき焼きの概念を覆す2つの「ご当地すき焼き」を、三越伊勢丹食品統括部の板津貴史さんと霞怜子さんにご紹介いただきました。

牛肉の代わりに鰻!? 琵琶湖発「じゅんじゅん」

すき焼きと言えば牛肉、と思ったら大間違い。なかには鰻(ウナギ)が主役のすき焼きだって存在するのです。「じゅんじゅん」は、滋賀県・湖北/湖東地方で食べられてきた郷土料理。たっぷりのゴボウやネギとともに甘辛いタレで鰻を煮込んだ、まさに鰻のすき焼きです。

鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_2

かつて琵琶湖の漁師たちがたまたま獲れた鰻をすき焼きにして食べたのがはじまり、とも、蒲焼きにならないサイズの鰻を煮込んで食べていた、ともいわれています。ちょっと可愛らしい響きの「じゅんじゅん」という名前は、鍋で煮込む際の音に由来。この地方では鰻に限らず、すき焼き風鍋の総称としても使われている言葉だそうです。

とろけるような鰻の舌触り 気になるその味わいは?

「甘辛い煮汁で煮込まれた鰻はふんわりとろけるような舌触り。おともに入れるゴボウが余分な脂を吸ってくれるので、さっぱりといただけます」と板津さん。「生の鰻を手に入れるのは難しくても、蒲焼きを使えばご家庭でも手軽に作れるので、ぜひ試してみていただきたいですね」。グローサリー担当の霞さんは、「蒲焼きのタレと煮汁のマッチングも抜群です。お好みで花山椒を加えても美味ですよ」と付け加えてくれました。

文明開化の地で生まれた、すき焼きのルーツ「牛鍋」

すき焼きが現在の形と名前になる以前、厚切りの牛肉を甘味噌でいただく「牛鍋」という料理が文明開化の地、横浜で大流行しました。現在でも当時のままのスタイルの牛鍋を食べさせる店が残っているそうです。当時まだなじみの薄かった牛肉の臭みを消す、というのが味噌を使った理由。また、牛肉が薄切りではなくぶつ切りなのは、考案した店主が肉を薄く切るのが面倒だったから、という説も!?

鰻から味噌味まで!? 日本の食文化の多様性を物語る、ご当地すき焼き_3

味の決め手は甘味噌

板津さんによると「濃厚な甘味噌と厚切り牛肉との相性は抜群です。とろける牛脂を味噌の甘みが心地よく包み込んで、飽きずに食べられます。レア気味でいただくのがおすすめですよ」とのこと。また、使用する味噌は、「江戸甘味噌」がおすすめ。「これにみりんや出汁を加えて練り、一晩寝かせておくと味わいが濃くなり、割下ともよくなじみます」と霞さん。 日本の食文化の多彩さの一端を物語る「鰻のじゅんじゅん」と「牛鍋」。どちらも家庭で手軽に作れる、ごちそう鍋料理です。こんなルーツの話題とともに、おもてなし料理のレパートリーに加えてみるのもいいかも知れませんね。

文: 東海林美佳

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/板津貴史

    三越伊勢丹 食品統括部 食品第一商品部 生鮮 アシスタントバイヤー。「作り手とお客さまをつなぎ、その両方に感動していただけるような商品をご提供していきたいと思っています」。

  • スタイリスト/霞怜子

    三越伊勢丹 食品統括部 食品第一商品部 グローサリー アシスタントバイヤー。「生産者の想いとこだわりがたくさん詰まった商品や、日本の風土や地域ならではの未来に食べ継いでいくべき食文化を伝えていきたいです」。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=フレッシュマーケット/吉川水産、精肉の二幸、グロッサリー/広布屋、あぶまた味噌にてお取り扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ