風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_1

フランスのシャンパーニュ地方で、決められた製法に従って造られる発泡ワイン「シャンパーニュ」。日本では、パーティなどの晴れの場を盛り上げてくれるお酒としておなじみですが、日常的にも愉しみたいですよね。

そんなシャンパーニュの醸造を手がける数あるメゾンの中でも、個性光る小規模生産者(レコルタン・マニピュラン)の魅力について、伊勢丹新宿店『グランド カーヴ』のソムリエ・宮沢典芳さんにうかがいました。

土地の個性が際立つ、一期一会のシャンパーニュ

シャンパーニュと聞けば、「モエ・エ・シャンドン」や「ヴーヴ・クリコ」といった大手メゾンが有名ですが、それらとは一線を画する小規模生産者のシャンパーニュも人気を集めています。その魅力の違いについて宮沢さんは、こう説明します。

「大手メゾンのものは、いつ飲んでも同じクオリティの味を愉しめるという安定感が魅力です。逆に小規模生産者のものは、年ごとに味が違う、手づくり感の魅力があります」

大規模経営の大手メゾンは、自社で所有する畑のぶどうや契約農家から仕入れたぶどうを使って醸造しています。いろいろな村のものをブレンドすることで、安定した味を造り出すことができるのだそうです。

風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_2

一方、小規模生産者は、自分の畑で育てたぶどうだけを使って醸造するので、ぶどうの出来具合などに左右される分、味が一定ではありません。そこに面白さがあるのだと宮沢さんは言います。

「小規模生産者のシャンパーニュは、村ごとのキャラクターを楽しめるのも特長で、土地の個性が味に強く出ているんです。たとえば、シャルドネ(白ぶどう)をメインに醸造する村もあれば、ピノ・ノワール(黒ぶどう)をメインにする村もあります。それだけで、味わいはまったく違ってきます」

古代品種のぶどうを使ったワインも登場

ほかにも木樽で発酵・熟成を行ったりと、畑の管理から醸造まで生産者のオリジナリティが色濃く反映されるようです。ちなみに最近は、ぶどうの古代品種を栽培して造るシャンパーニュや、原酒ワインにこだわった造り方がトレンドなのだとか。

「古代品種は、取り組みがはじまって間もないので、味はまだ挑戦中という感じですが、その

うちにおいしいものが出てくるかもしれません。また、若手生産者の間では、シャンパーニュのベースとなるワインに使うぶどうを丁寧に選別するなど、ワイン醸造の部分に力を入れるところも出てきています」

さまざまなメゾンの味を飲み比べる贅沢

そんな個性豊かな小規模生産者のシャンパーニュを、あれこれ飲み比べてみたいという方におすすめなのが、「小規模生産者シャンパーニュ ハーフボトル飲みくらべ10本セット」(各375ml)29,160円(税込/120セット限定)です。(ご好評につき完売いたしました)

「立地の違うメゾンのものがセレクトされているので、土地ごとの個性が愉しめるはずですよ」という宮沢さんに、愉しみ方のポイントを教えてもらいました。

風薫る季節には滑らかな泡を。個性が光るシャンパーニュの造り手たち_3

「たとえば、このセットの構成の軸になっている左から3番目と7番目の<ルブルン・セレブネイ>は、全体に酸味の効いた、きりりとした辛口の味わいなので、冷やしてスターターとして飲んでみてください」

食事と一緒に楽しみたいなら、左から8番目の<アンリエ・バザン>ブラン・ド・ノワールがオススメとのこと。

「『ブラン・ド・ノワール』は、黒ぶどうのみを使用したシャンパーニュで、ほんのりオレンジ色がかっています。冷やしてフルート型のグラス(細いグラス)で飲んでもいいですが、あえてワイングラスを使って、少し温度を上げて飲んでみるのもいいでしょう。風味が強いので、軽めの肉料理などにも合うと思いますよ」

お気に入りを見つけたら、ラベルをチェック!

「飲み比べて、もし好みのものを見つけたら、ラベルを撮影するかメゾン名を控えておいてくださいね。ご来店いただいたとき、お客さまのお好きなシャンパーニュをセレクトする大切な手がかりになりますので」

造り手のこだわりによって味や香り、色まで違ってくる、シャンパーニュの奥深さに触れられる絶好のチャンスです。さっそく、いろいろなメゾンの味を試して、自分好みのシャンパーニュを見つけましょう!

文: 森田香子

写真:写真提供:Think Stock(1〜2枚目)

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数量には限りがございますので、品切れの節はご容赦ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられています。

  • スタイリスト/宮沢典芳

    伊勢丹新宿店本館地下1階「グランド カーヴ」のソムリエ。年1回は、フランスのシャンパーニュ地方へ足を運ぶほど、泡が大好き! 毎日、シャンパーニュが飲めるような生活にあこがれつつ、日常ではビールやハイボールなどの泡も楽しんでいる。 趣味は、スタジアムでのサッカー観戦。ひいきのチームは、地元の柏レイソル。

商品の取扱いについて

世界各国のワインとハードリカーが揃った伊勢丹新宿店のグランド カーヴ。その充実のラインナップをはじめ、イベント情報や専属ソムリエによる旬なワイン情報などをお届けするワイン・洋酒の総合オンラインページ「グランド カーヴ オンラインストア」はこちら

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. キャベツの外葉は捨てないで! 部位別の美味しい食べ方
  2. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 1,000円で買える! ご挨拶に使える&気の利いた引っ越しの手土産
  5. 500円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 気の利いたアイテムをワンコインで