飲み頃温度でパーティへ直行! ご存知ですか、「ワイン急冷サービス」_1

初夏の日差しを感じることも増えてきたこの頃、白ワインやスパークリングワインのきりっと冷えた感じや、赤ワインも常温より少し冷やすなど、飲み頃温度が気になる季節です。そこでホームパーティへの手みやげや、帰ったらすぐに飲みたいというシチュエーションに、ぜひ活用したいサービスが伊勢丹新宿店ワインコーナー『グランドカーヴ』にありました。

そのワイン、お冷やしいかがですか?

どんなワインにもある飲み頃の温度は、特にこれからの季節、蒸し暑い日本の気候では気になるポイントです。自宅の冷蔵庫やワインセラーに常に必要なワインが冷えている状況であれば別ですが、ホームパーティへの道すがら、手土産としてスパークリングワインを買って持っていく場合や、あるいは購入後、帰宅してすぐに白ワインで乾杯したい場合など「冷えるまで待ってられない!」というシチュエーションもありがちです。すでに冷やしたワインもショップの冷蔵ケースの中に並んでいますが、もし他に本命のワインを見つけてしまったなら。ホームパーティの会場や家で冷えるまで待つか、もったいないけれど、ぬるいまま飲んでしまうか……。

約10分で一番美味しい温度へ。夏に嬉しいお冷やしサービス!

飲み頃温度でパーティへ直行! ご存知ですか、「ワイン急冷サービス」_1

そんな、ワイン好きにありがちなジレンマをあっさり解決してくれるのが、伊勢丹新宿店のワインショップ『グランドカーヴ』。こちらで行っているのが、購入したワインをその場で飲み頃の温度にしてくれる「ワインお冷やしサービス(ワイン急冷サービス)」です。実はここには、ワインを急速で冷やしてくれる秘密のマシンがあるのだとか。これを使えば1度に3本まで冷却が可能で、所要時間は10分程度。

「ご依頼いただく際に、お好みの温度をご相談いただければご対応が可能です! 一般的な適温は白ワインなら8〜10℃、スパークリングワインなら8℃以下でしょうか」

ホテルのチェックインロビーさながらのお渡しカウンターで、ホスピタリティあふれる笑顔で教えてくれるのは、『グランドカーヴ』ワインアドバイザーの杉谷雅樹さん(写真1枚目右)。

白に限らず、暑い日に赤ワインを少し冷やしてもらうといった使い方も、もちろんあり。

「レストランフロアにはワインも持ち込むこともできますので(持ち込み料:1,080円)、こちらでお好みのワインを購入し、冷やして飲み頃にしてから持っていく、なんてこともできますよ」

まるで自宅のセラーから選ぶように、その日飲みたいワインをその場で入手できるだなんて。たとえば特別な日のディナーなどで使えば素敵なサプライズにできますね!

待っている間におすすめ、覗いてみたい秘密の部屋とエピスリー

飲み頃温度でパーティへ直行! ご存知ですか、「ワイン急冷サービス」_4

冷やしたワインの受け取りは、当日中であればいつでもOK。1本につき10分が目安ですが、こみ合うときは少しばかりの待ち時間も。しかし、その時間も楽しく過ごせるアドバイスを杉谷さんから。

「お冷やしの待ち時間に、当ワインコーナー向かいのエピスリー(お惣菜)やパティスリーで、ワインに合うおつまみやスイーツなどを選ばれるお客さまもいらっしゃいますよ」

オリーブやワインに合いそうな瓶詰めの気軽なおつまみ、食後のデザートと至れり尽くせり。そして、実はもうひとつのキラーコンテンツが、カウンターの奥の小さな扉なのだそうです。

飲み頃温度でパーティへ直行! ご存知ですか、「ワイン急冷サービス」_3

ワインコーナーの奥にはひっそりとした扉……その奥には、なんと100年分のワインアーカイヴを誇る、特別なワインセラー、そしてなかなか気軽には手を出せないランクのワインたちを有料で試飲できるスペースが潜んでいるのです!

ちなみにこちら、店頭だけで赤ワインが約300種類、白ワインが約250種類、スパークリングワインが約150種類、合計およそ700種類のワインが並びます。そして奥のセラーにも約700種類のスペシャルなワインが保管されているため、すべて合わせると約1,400種類が購入可能。それを、どれでも飲み頃の温度で、お持ち帰りできるのです。まさにかゆいところに手が届く、この「ワインお冷やしサービス(ワイン急冷サービス)」。無料ですのでぜひ上手に利用して、スマートに美味しく、ワインのある暮らしをさらに充実させましょう。

文: 石川博也

写真/鈴木悌絵

  • スタイリスト/杉谷雅樹

    グランドカーヴ(ワインコーナー)ショップリーダー。
    新宿店本館1階のショーウィンドウを見ながら出勤するのが好きです。イチオシワインは伊勢丹オリジナルのタータンチェックラベルのワイン。ちょっと差のつく手土産にどうぞ。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. キャベツの外葉は捨てないで! 部位別の美味しい食べ方
  2. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 1,000円で買える! ご挨拶に使える&気の利いた引っ越しの手土産
  5. 500円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 気の利いたアイテムをワンコインで