MOYASHIMON1と喰譜

時に味わい深く、時に人生の栄養となるのは、ひと皿の美味しい料理も、一冊の素敵な本も同じなのかもしれません。ブックディレクターの幅允孝さんがそんな「よく噛んで」読みたい、美味しい本たちを紹介してくれるこの連載。今回は海外に向けて日本の「食」と「文化」を伝える本をご紹介します。

マンガ『もやしもん』で発酵文化を伝える

日本の食を海外に伝えるとき、どうしても悩むのが日本食のステレオタイプだ。海外でSUSHIといえば、アボカドやエビにマヨネーズがたっぷり乗ったカリフォルニアロール的な、つまりデフォルメされたSUSHIが今までは当たり前だった。ところが、そういった「日本風」の料理ではなく、もっと本質的な日本料理を求める声が高まっている機運を、近々の出版物で感じることができる。

もやしもんの英訳「Moyashimon 1:tales of Agriculture」

『Dashi and Umami:The Heart of Japanese Cuisine』のような、お出汁の取り方を紹介した本がロングセラーとして愛され、日本の発酵文化を見事に紹介したマンガ『もやしもん』が『Moyashimon 1:Tales of Agriculture』として英語に翻訳され紹介される。日本文化である「マンガ」としての役割はもちろん、その背景にある食文化も伝える1冊だ。(ちなみに『もやしもん』は、吹き出し内や欄外のテキストが多いことで知られるのだが、それらもしっかり英語化し濃厚な発酵文化を余すとこなく伝えている。) 

食ではなく「喰」で日本料理の本質を伝える

喰譜 Jiki-fu

他にも人気がある食本はいくつかあるが、日本料理の本質を外国人にも伝えるという意味で緒方慎一郎の『喰譜 Jiki-fu』も欠かせない1冊だろう。

SIMPLICITY代表のデザイナー緒方慎一郎は、和菓子店「HIGASHIYA」や和食料理店「八雲茶寮」などを開き、日本文化の新しい差し出し方を模索してきた人。そんな彼に東京大学総合研究博物館館長の西野嘉章が協力する形で出版されたのがこの『喰譜 Jiki-fu』である。

「自然との共生のなかで培われてきた日本の感性を以て、食をひとつの芸術としてあつかう。」という序文の緒方の言葉にあるように、虎河豚(とらふぐ)、猪、蕨(わらび)など日本の食材とそれに合わせた器が博物誌的に美しく並ぶ。それらの写真は、まるで宝石やアートオブジェを撮るようなライティングで真っ黒な背景に写し出され、魚や獣の肉や見事に生育した野菜は神々しさすら漂わせている。その傍らには素材の来歴や受け継がれている調理法が日英表記で紹介され、この一冊を眺めれば日本が食を通じて大切にしてきた精神や作法、そして美意識を(知るというより)感じることができるだろう。

また、この本がユニークなのはタイトルのつけ方である。「食」ではなく「喰」という漢字を使った緒方の想いは、食べ物を芸術として捉えながら、あえて野趣(やしゅ)を好むという矛盾を孕んでいる。緒方の得意とするデザインの技術を用いれば「食べる」ということを崇高な事象に持っていき、どこまででも美しく装うことができたかもしれない。しかし、この本は僕たちが何か命を屠(ほふ)り、それを食べ、排泄しながら生きていることを認めている。つまり、たかが「喰」だと知り、その根本を認めながら、それでもなお食に憧れ、こだわってきた日本の食の系譜を包み込むような1冊なのである。

ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの店内

なぜこれらの本を紹介したかというと、マレーシアの首都クアラルンプールに私の会社「BACH」の手掛けた本屋ができて、実際にこの2冊を並べたからだ。

本屋は元々あった「クアラルンプール伊勢丹LOT10店」を全面改装した百貨店「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」の中にあり、地下1階から5階まで約1万1,000平方メートルにも及ぶ店舗の3階全体が本の売り場となっている。中には茶室やギャラリーもあり、本を中心とした体験型の複合施設ともいえる。

ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの店内

この3階にある書店は、日本の文化を紹介するために FOOD、CULTURE、KIDS、LIFESTYLE、TRAVEL & NATUREという5つのテーマに合わせ約8,000タイトルの選書によって成り立っている。準備に1年以上かけたこのプロジェクトは、とても骨の折れる仕事だったが、なんとか完成にこぎつけることができた。

文化は色々な方向から影響を与え合いながら、どんどん編みこまれるものだから、日本の食のリアリティを海外に伝えるのは本当に難しい。しかし、(最終的にはマレーシアならではの解釈で受け取られるとしても)発信する側が自分たちの足元をしっかり知り、踏み固めることはとても大切なのだなと今回のプロジェクトを通じて思った。

幅允孝のよく噛んで読みましょう #1 ミシマ社「コーヒーと一冊」_04

幅允孝(はば・よしたか)
ブックディレクター。BACH(バッハ)代表。人と本がもうすこし上手く出会えるよう、さまざまな場所で本の提案をしている。

 

文: 幅允孝

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ