幅允孝のよく噛んで読みましょう #5 「くらしのこよみ」 

時に味わい深く、時に人生の栄養となるのは、ひと皿の美味しい料理も、1冊の素敵な本も同じなのかもしれません。ブックディレクターの幅允孝さんがそんな「よく噛んで」読みたい、美味しい本たちを紹介してくれるこの連載。今回紹介するのは、1年のはじまりにふさわしい1冊。新年に目を通せば、新たな気持ちで丁寧に1年を暮らせそうです。

新年に眺めたくなる「毎年使えるカレンダー」

くらしのこよみの表紙

新年を迎えるにあたって、心改めたいとは毎年思う。実際にきちんと改まるかはさておき、新しい気持ちや決意をもって周りを眺めてみたいと感じる。そんな時、自身のくらしや移りゆく季節を鑑みる本がいいと思うのだけど、僕の場合は結局この『くらしのこよみ』を薦めることに行き着いてしまう。 

これは2011年に出版されたビジュアル歳時記。ダウンロード版もあるけれど、やはり紙の本がいいかなと個人的には思う。

日本には春夏秋冬と豊かな四季があるけれど、本当は七十二もの季節が存在することを教えてくれるこの1冊。地球から見た太陽の通り道「黄道」の一周365度を15度ずつ区切った「二十四節気(にじゅうしせっき)」。それをさらに3つに区分した「七十二候(しちじゅうにこう)」。より細やかな季節の表情を伝える「二十四節気七十二候」を知ることで、移り行く日々を噛みしめることができる。

旬のさかな、旬の野菜を噛みしめる

くらしのこよみの中面

早速ページを開いてみよう。春のページは旧暦の正月である「立春」という二十四節気から始まり、その「立春」も「東風解凍」(はるかぜこおりをとく)、「黄鶯睍睆」(うぐいすなく)、「魚上氷」(うおこおりをいずる)という七十二候の第一候〜三候に分けられる。ひとつの候は大体5日程度。そんな短いインターバルで、季節は移り変わっているのだ。

「東風解凍」を見ても明らかなように、その時期の自然の風景や動植物の変化をそのまま季節の名にする「七十二候」。2月4日から8日頃までを指す「東風解凍」のページをぱらりめくると、春の兆しとなるあたたかい東風が冬に厚く張った氷を溶かしてゆくという解説からはじまり、「立春や野に立つ棒を水つたひ」という中村苑子の俳句が紹介される。そして、次ページの見開きいっぱいには《旬のさかな》として伊勢海老、《旬の野菜》として蕗の薹(ふきのとう)がひろがる。

この《旬のさかな》と《旬の野菜》が僕は愉しみで、暇があればこの本をひらいて旬の食べ物を調べるようになった。実際、四六時中食べたいものが食べられる有難い世の中だからこそ、ささやかな時候に敏感でいたいと思えるし、カリフラワーや海苔の本当の旬を僕はこの本で初めて知った。

パラパラめくるだけで新しい発見があるビジュアル

くらしのこよみの中面

また、本書のよいところはそれらを伝えるビジュアルが優れていること。例えば、先述の伊勢海老は高木春山(たかぎしゅんざん)の『本草図説』から引用されている立派な絵と、『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』の絵が使われている。百科事典の出版社として有名な平凡社の本だからか、美しい絵、写真、イラストなどのビジュアル満載で二十四節気七十二候を伝え、好きな時に好きなページを眺めても読んでも愉しい1冊なのである。

さらには《季節のせいざ》や《季節のたのしみ》と称して星座や祭りを紹介するページもあるし、めまぐるしいスピードで過ぎ去っていく日々をしっかりと味わうにはうってつけの1冊ではなかろうか?

俳人の小澤實(おざわみのる)、折形(おりがた)デザイン研究所の山口信博、染織史家の吉岡幸雄という日本文化をよく知る3人が中心になってつくられた「うつくしいくらしかた研究所」発行の『くらしのこよみ』。ぱらぱらと意図なくめくっても、必ず新しい発見がある優れものの「毎年使えるカレンダー」だと思う。

幅允孝

Profile

幅允孝(はば・よしたか)

ブックディレクター/BACH(バッハ)代表。
人と本がもうすこし上手く出会えるよう、さまざまな場所で本の提案をしている。

文: 幅允孝

写真:山上新平

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ