日本のキッチンにも、一般的な調味油としてなじんできたオリーブオイル。でも、その香味の違いを意識して選んでいますか?

自分好みのオリーブオイルを探してみよう

一口にエクストラバージンオリーブオイルといっても、産地や品種、搾り方で、ワインのように個性がさまざまです。伊勢丹新宿店にて、20種類以上のオリーブオイルをテイスティングして選べる『オリオテーカ』さんで、スタイリストの鈴木楽生さんに、その手順を伺いました。

オリーブオイルの正式なテイスティング手順

オリーブオイルのテイスティング説明イラスト。オリーブオイルを深さ5mm程度の量カップに注ぐ
  1. カップにオリーブオイルを注ぎます。深さ5mm程度の量でOK。オリーブオイルの色による先入観をなくすため、色付きのカップを使う場合もあります。
    ※本格的なテイスティングでは専用のガラスカップを使用します。手軽な透明のプラスチックカップ(図のように手のなかにすっぽり入るサイズが望ましい)もオススメです。
オリーブオイルのテイスティング説明イラスト。カップの底を持ち、もう片方の手でカップを上からぴったりふさぎオリーブオイルをあたためる
  1. カップの底を持ち、もう片方の手でカップを上からぴったりふさぎます。ふさぐ前にオリーブオイルの香りを確認して、あとで違いがわかるようしておくとよいでしょう。カップを両手で包み込むようにして、ゆっくり回し、オリーブオイルをあたためます。オリーブオイルは軽くあたたまったときに、もっとも香ります。
オリーブオイルのテイスティング説明イラスト。鼻の近くで、そっと手のふたを開けて、香りを嗅ぐ
  1. 鼻の近くで、そっと手のふたを開けて、香りを嗅ぎます。ふわっと特徴的な香りがまず立ち上ります。
オリーブオイルのテイスティング説明イラスト。オリーブオイルを口に含む
  1. オリーブオイルを口に含み、まずは舌の上にのせたままで、口を薄く開けて、歯の隙間から空気を「すっ」と吸い込みます。鼻孔一杯に、オリーブオイルの香りが広がります。
オリーブオイルのテイスティング説明イラスト。オリーブオイルの香りと味わいを感じる
  1. 喉の奥に流し込みます。このときの喉越し、そして少し経ってから追って感じられる、辛み(ポリフェノール)まで、オリーブオイルの香りと味わいを感じとります。

おいしいと思う味はオリーブオイルそれぞれ。選ぶのが難しければ、お店の方に特徴的なものを数種類、オススメしてもらうといいでしょう。さあ、ハーブのような、それともバターのような。個性あるオリーブオイルたちから、あなたのキッチンに連れて帰る一本を選びましょう!

文: 畠山美咲

イラスト:花越千華
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/鈴木楽生

    シェフズセレクション<オリオテーカ>スタイリスト。
    AISO JAPAN認定オリーブオイルソムリエ。おいしいものを求めて、世界中を飛び回ることが生きがい。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  2. 日本の三大うどんは「讃岐」「稲庭」、あとひとつご存知ですか?
  3. まるでクリームみたい! プロが教える濃厚マッシュポテトのレシピ
  4. 肉のうまみが凝縮! 豚バラ肉の塩漬け「パンチェッタ」の自家製レシピ
  5. 食品フロアスタッフが本気で勧める、あの店の「コレ美味しい!」#15