桜の季節。「花見かき」と東北の桜プロジェクトに、復興を想う_1

桜の季節が今年もやってきました。

なかでも東北地方は桜の名所が多いことでも知られていますし、また桜を愛でながらいただく、この季節ならではの食も充実しています。

全滅した「花見かき」が、見事に復活

たとえば、岩手県宮古市の赤前地区の「春のたより花見かき」、通称「花見かき」もそのひとつ。一般的に牡蠣の旬は冬ですが、岩手県では、牡蠣は4月、5月が一番美味しいといわれていて、名前の通り、花見のシーズンにピッタリ。

 

その特徴は大きさにあります。殻の長さは13cmから15cmで、むき身の重さは50g前後。同地区で採れる牡蠣の中でも「花見かき」として出荷できる身入りの良いものは、全体の5%程度となる大変貴重なものです。

桜の季節。「花見かき」と東北の桜プロジェクトに、復興を想う_2

こちら、震災前は約2万個を出荷していましたが、東日本大震災で牡蠣が全滅。そこから関係者の努力によって、現在では7000個程度まで回復しています。とはいえ数が少なく、そのほとんどが地元で消費されてしまうため、「花見かき」を食べるには地元まで足を運ぶのがよいですね。

さらに昨年は、東日本大震災のために中断していた三陸鉄道の春のイベント「花見かき列車」が4年ぶりに復活しました。お座敷列車のなかで、炭火で焼き上げた牡蠣をいただく夢見心地のひととき。今年の開催は未定とのことですが、昨年に引き続き、運行されることを祈りましょう。

花見を通した、復興プロジェクトも

桜の季節。「花見かき」と東北の桜プロジェクトに、復興を想う_3

また、東北地方では東日本大震災の後に、桜や花見に関連したプロジェクトも発足しています。たとえば、宮城県名取市の名取市観光物産協会が進めているのが復興桜プロジェクト。これは津波で壊滅的被害を受けた、名取市閖上(ゆりあげ)地区において、津波をかぶりながらも花を咲かせた桜から芽をとり育成した苗木を植樹することで、新たな桜名所づくりを進める計画です。これが発端となり、宮城県では阿武隈川から松島湾を経て旧北上川までの全長約49kmにわたる長さ日本一の運河群(貞山運河,東名運河,北上運河)に桜を植樹する計画も進行中です。

岩手県陸前高田市では、市内約170kmに渡る津波の到達ラインに10mおきに桜を植樹する「桜ライン311」が進められています。その目的は、ラインに沿った桜並木を作ることで、後世の人々に津波の恐れがあるときにはその並木より上に避難するよう伝承していくこと。同じことを繰り返さないために、多くの人々の思いを形にする桜並木の完成が待ち望まれています。

最後にお花見情報です。東北地方の桜を象徴するのは、日本三大桜としても知られる福島県三春町の「三春滝桜」。品種はエドヒガン系の紅枝垂桜で、大正11年10月12日に国の天然記念物の指定を受けた名木になります。樹齢は1,000年以上といわれ、樹高は13.5m、根回りは11.3m、枝張りは幹から南へ14m以上。まさしく日本を代表する桜の巨木であり、近くから見た姿は圧巻のひと言。過去のデータを参考にすると、開花時期は4月中旬から下旬。満開日は20日前後になることが多いようです。

文: 石川博也

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  4. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ