白銀の雪の上にのる完熟マンゴー

一度食べたら忘れられない、とろ~っとした食感と口いっぱいに広がる濃厚な甘み。完熟マンゴーを一口ほおばると、あたかも南国を旅しているかのようなトロピカルな気分になってきます。けれどここ数年、日本の最北端・北海道からマンゴーが出荷されているのだそう。それはいったい、どんなマンゴーなのか、三越伊勢丹・生鮮担当の片桐健治アシスタントバイヤーに違いを伺いました。

 

夏が旬の沖縄・宮崎県産のマンゴーに対し、北海道産は冬が旬!

国産マンゴーというと、ポピュラーな産地は宮崎県や沖縄県。日照時間が長く温暖で、プロ野球やJリーグチームがシーズン前のキャンプを行うほど暖かな地域。そんな気候でこそ、濃厚で甘いマンゴーが育つのに、今回紹介する「白銀の太陽」はまさかの北海道産。日本各地のおいしい果物を求めて飛び回る片桐さんにとっても、このマンゴーを知った時は衝撃的だったそう。

「国産マンゴーの産地は、沖縄か宮崎、鹿児島くらいで、初夏の5~7月が旬。この『白銀の太陽』は、栽培の北限地を一気に飛び級で北海道に広げ、旬も11月下旬から年内いっぱい、といろんな果物を見てきた私ですが、こんな異例づくしは初めてでした」。

「白銀の太陽」の栽培は縁の下のヒミツにあり

ではなぜ、北海道産マンゴー「白銀の太陽」は、気候も旬も例外なのに、栽培できるのでしょうか?

実はこの「白銀の太陽」、「太陽のたまご」などで知られるいわゆる宮崎マンゴーと故郷は同じ。品種も同じく「アーウィン種」で、りんごのような真っ赤な果皮とぽってり丸い卵型の500g前後のアップルマンゴー系の品種。

というのも、北海道・十勝の生産者(現「ノラワークス」代表)が、宮崎県日南市で行われた農林水産省主催のマルシェで地元のマンゴー生産者との交流の中から生まれたもの。温暖な地域では、気候の関係上クリスマスに食べられるマンゴーを収穫できない……。という発想を逆転させた結果、北海道では冬に作れるはず、と宮崎からの技術指導を受けて、栽培されるようになったのです。

北海道でマンゴーを栽培するための特別な温室

温泉と雪の再生可能エネルギーを80%以上使用

真冬に出荷するマンゴーを栽培するにあたって、屋外の年間気温差が50度にもなる十勝の厳しい気候に適する、エネルギーの確保と直面することに。そこで考え出されたのが、温室の地中にあらかじめ管を埋め、近くの十勝川温泉の温かい水を通し、厳しい冬の凍るような冷たい地面を温めること。逆に夏場には、冬の間に降り積もった山のような雪を利用し、温室の地温を下げることに見事成功。十勝でのマンゴー栽培は、こうして可能になったのです。

温室内で豊かに育つマンゴー

これからは、こたつでマンゴー!

「時期はずれの冬のマンゴーなのに、従来の5~6月に入荷するマンゴーと品質も味も変わらない、糖度17~18度の濃厚な甘みが詰まっている最高レベルのおいしさです。マンゴーは大きければ大きいほど、果汁も多く甘みも強く、食べたときの満足度も大きいフルーツですね。これからの年末シーズン、パーティやイベント、お歳暮など、目からウロコのマンゴーはいかがでしょうか? 人とはちょっと違う、差のつくギフトをお考えの方にもおススメです」と片桐さん。

冬といえば、「こたつでみかん」が定番ですが、年末年始の特番を観ながらマンゴーを食べる、というのもいいかもしれません。まだまだ生産者も生産量も少ない「白銀の太陽」。宮崎の「クリスマスシーズンにマンゴー」の夢を叶え、さらに、雪深い北海道の冬場の雇用創出に光をもたらし、地域が活性化する可能性を存分に秘めた、再生可能エネルギーで育つ究極のフルーツとしてますます見逃せないですね。

文: 羽生田由香

  • スタイリスト/片桐健治

    三越伊勢丹・生鮮担当アシスタントバイヤー。日々、美味しい果物を求めて、日本中の農園や生産者の元へ飛び回っている。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、 2015年12月25日(金)まで伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  4. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ