海外の友人に、ジャパニーズテイストな手みやげはいかが? 甘いの辛いの5選

海外の友人を訪ねたり、ゲストをお迎えしたり――。そんなとき、手みやげやおもたせは何にすればいいのか悩みますよね。できるだけ、日本を感じさせるものがいいとは思うものの、海外の方の嗜好から外れ過ぎないようにも気をつけたいものです。

年々、海外のお客さまが増えている伊勢丹新宿店。そこで人気の商品を、甘いの辛いのを織り交ぜて、5点ご紹介します。

A:パッケージも日本らしいミックススパイス

日本のミックススパイスとして、海外でも知られつつある七味。最近はネットのレビューでも話題になっているようです。「八幡屋礒五郎」の七味は、辛味を出すための唐辛子、辛味と香りを併せ持つ山椒・生姜、風味と香り豊かな麻種・胡麻・陳皮・紫蘇の7種類をブレンド。小さい缶に漢字や色合いが印象的なパッケージデザインも日本らしく、日持ちもしてかさばらないので、日本の調味料はお土産としてピッタリです。

<八幡屋礒五郎> 七味唐辛子(1個) 371円 ■シェフズセレクション

B:抹茶フレーバーのコンフィチュール

和菓子だけでなく、洋菓子のフレーバーとしても人気の抹茶。いまや外国人観光客にも「GREEN TEA」ではなく、「MATCHA」で通用するようです。そんな抹茶をコンフィチュール仕立てに。京都宇治の石臼挽き抹茶を使用し、すっきりとした甘さと抹茶のほろ苦さが絶妙なコンフィチュールは、パンにぬるだけでなく、白玉や餡などと合わせて、デザートに添えるのもおすすめです。

<セゾンファクトリー>コンフィチュール抹茶(155g)1620円 ■シェフズセレクション

C:和のアートを感じさせる干菓子

「tatamize」はフランス語で「日本趣味」を表す言葉。モダンな意匠の干菓子を、市松模様を描くように納めた一箱は、和のアートを感じさせます。また、阿波和三盆の上品な口溶けは外国の方にもインパクトを与えるはず。常温で20日の日持ち、気軽に贈りやすいサイズ感もポイントです。

<鈴懸>tatamize(胡麻、黄粉)各1箱 1,080円 ■甘の味

D:ユニークな和食モチーフのアイシングクッキー

キュートな見た目でギフトとしても人気を博している「アンファン」のアイシングクッキー。海外の方にも知られているお寿司や天ぷらそばといった和食をモチーフにしています。パッケージは風呂敷に包まれているので、日本のイメージをたっぷり楽しんでもらえるアイテムです。

※参考掲載

E:パッケージも可愛い、日本アレンジの北欧菓子

「Fika」(フィーカ)は三越伊勢丹が立ち上げたブランドで、伝統的なレシピを再現しつつも、日本人の口に合うようにアレンジした北欧菓子を販売しています。北欧のパン「クネッケブレード」は、ライ麦粉が入ったクラッカーのような薄い生地を、食べやすいサイズにして焼き、コーヒーとチーズ、2つのフレーバーで味付けしました。北欧菓子でありながら、伊勢丹新宿店限定販売であることや、そのキュートなパッケージが外国人観光客の心を惹きつけているようです。

<フィーカ>クネッケブレード(コーヒー、チーズ各9枚入)648円 ■カフェ エ シュクレ

日本ならではのフレーバーや和菓子はもちろん、アレンジを加えた洋菓子などで意外性も出せば、海外の方との会話もふくらむかもしれませんね。

文: 横澤寛子

※「FOODIE」2015年5月号掲載の再編集記事です。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクション/八幡屋礒五郎、セゾンファクトリー、甘の味/鈴懸、カフェ エ シュクレ/フィーカにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 煮込まないのが正解! 野菜の甘さに感激する意外な「豚汁」レシピ
  4. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  5. ただ焼くだけなんて損! ソーセージが美味しくなる食べ方、教えます。