「特選べにさけ茶漬」など、ひと缶1,500円前後の高級缶詰の画像

かつて缶詰といえば、「リーズナブルだし、何かと便利だから……」と常備しておくものでした。買物や料理が億劫なとき「これでいいか」と手にする、いわば「受動的な食べ物」と思っていた方もいるでしょう。
ところが最近、そんな缶詰界に異変が! 素材や製法にこだわった総菜を缶に封じ込めた「グルメ缶詰」なる製品が登場。K&Kの「缶つま」シリーズや、いなばのタイカレーなど、なかにはひと缶500円前後もするものが、食にうるさい人々の人気を集めているのだとか。
今回は、そんなグルメ缶のさらに上をいく、ひと缶1,500円前後の高級缶詰を実食。缶詰のイメージを大きく刷新する、その実力やいかに?

見た目はシンプル。自信の表れか?

今回、用意した3缶ともに、シンプルデザインが特徴。皿に盛った切り身を鮭の上に乗せた、ちょっぴりシュールなイラストもいい味を出しています。どれも必要以上の情報は入れない、引き算の美学ともいえるデザイン。それが洗練された上質さを醸し出しているのかも!?
さすが高級缶詰。「余計なことは言わなくても、食べれば分かる」といった自信の表れでしょうか。ますます中身が楽しみです。さっそくいただきます!

お茶が魔法のお湯に思えるさけ缶!?

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_2

「あけぼのさけ缶」で有名なマルハニチロの隠れた人気商品だという紅さけのほぐし身。まずは缶を開けた瞬間にビックリ! 想像以上に身がぎっしりです。
そのまま食べてみると、油に浸かっていた身が驚くほどしっとり。旨みがぎゅっと凝縮されています。 日本酒のアテにしたら、いつまでも飲み続けていられそう。

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_3

もっと驚いたのは、その後……。お茶漬けにしたときのジャンプ率! 
そのまま食べるのとは完全に別モノ。確実によりおいしくなっています。ただのお茶漬けが、べにさけ缶が入るだけで、一瞬で高級茶漬けの味に。油がほどよくお茶に溶け、さけの旨みが際立ちます。
この缶詰が、なぜ「特選べにさけフレーク」ではなく、「特選べにさけ茶漬」という名前がついているのか、その理由がわかった気がします。何もわかっていなかった私……。そのまま食べて、すみませんでした。

<あけぼの>紅鮭茶漬(190g)1,512円(税込)■シェフズセレクション

レストランと互角? いや、それ以上?

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_4

家庭で本格的な洋食が楽しめる「プレミアムアイ」の缶詰シリーズより、老若男女みんなが大好きなビーフシチューをセレクト。缶を開けただけで、おいしいであろうことは想像できますが、ごく標準的なビジュアルです。

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_5

温めてスプーンを口に運ぶと……。なんじゃこりゃあぁー! この濃厚さは一体!? さまざまな味が次々と現れ、口の中がさながら味のジャングルに。
甘み、旨み、酸味が複雑に絡み合った、深いコクと奥行きのある上品な味わいで、ホテルのレストランで食べるビーフシチューのよう。バゲットで最後の一滴まできれいに拭き取り食べ尽くしたい! 
もちろん、大きくてやわらかなビーフをはじめ、缶詰ながらゴロゴロとした具材がたっぷり入っています。もはや缶詰のクオリティはここまできているのかと、驚くばかり。実際には、その想像をはるかに超えるおいしさでした。さすがに、この値段は伊達じゃない。

<プレミアムアイ>ビーフシチュー(200g)1,404円(税込)■シェフズセレクション

濃厚ジューシーな幻の黄桃

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_6

見てください! この輝くように鮮やかな黄色を! 桃の産地として有名な岡山市で生産されている「中山金桃」。白桃の生産が盛んな岡山にあって、黄桃は珍しいだけでなく、わずかな生産者のみで作られている希少価値の高い桃です。

その値段に納得。ひと缶1,500円もする「高級グルメ缶詰」を食べてみた_7

ほどよい弾力がある果肉は、シロップ漬けにしても甘ったるくなく、濃厚でフレッシュな味わい。見た目もマンゴーのような色ですが、風味もトロピカルフルーツのようです。マスカルポーネチーズと合わせれば、上品な前菜のできあがり。桃の甘みとチーズのコクが、意外にも相性抜群です。

中山金桃(425g)1,458円(税込)■シェフズセレクション

高級グルメ缶詰の想像以上のクオリティに驚きの連続でした。これが家の戸棚に入っていたら、それだけで毎日をもっとポジティブな気分で過ごせそう。サプライズの贈り物にもピッタリですよ。

文: 吉田佳代子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取り扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. キャベツの外葉は捨てないで! 部位別の美味しい食べ方
  2. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 1,000円で買える! ご挨拶に使える&気の利いた引っ越しの手土産
  5. 500円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 気の利いたアイテムをワンコインで