並べられたクスミ ティのラインアップ

2017年の春に日本に本格上陸を果たしたフランス発のティーブランド<クスミ ティ>。数年前からジワジワと話題になっていたその名前と、おしゃれなパッケージで気になっている人も多いのではないでしょうか。

その一方で、同ブランドの魅力でもある多彩なフレーバーから「どれを選べばいいのか迷ってしまう」との声も。

今回は、そんなビギナーに向けて「まず<クスミ ティ>を知るなら絶対に押さえるべき」メゾンのアイコン的なフレーバーを紹介します。

ブランドの伝統を宿したアイコン。「アナスタシア」

クスミティのアナスタシア

<クスミ ティ>アナスタシア(125g) 3,240円(税込)

創業者パヴェル・クスミチョフ自らが考案し、以来、ブランドのアイコンとして愛され続けている「アナスタシア」。ブランドのなかでも、世界で一番飲まれているロングセラーなお茶です。

「<クスミ ティ>とはどんなブランドなのか、と興味を持っていただいたときの入口となるフレーバーです。創業者が考案したレシピを大きく変えることなく、今でも受け継いでいます。一般的なアールグレイティーに使われるベルガモットに加え、レモン、ライム、オレンジといった柑橘系のフルーツフレーバーをプラス。ベルガモットの香りをしっかり感じつつ、フルーティな酸味や甘みもあるのが特徴です。夏はアイスティーもおすすめ」(<クスミ ティ>の日本展開責任者 中山敏之さん)

ストレスフルな現代人のためのフレーバー。「デトックス」

クスミ ティのデトックス

<クスミ ティ>デトックス(125g) 3,888円(税込)

かねてから日本での人気も高いのが、こちらの「デトックス」。10年ほど前に、新しいカテゴリー「Wellness Blends」の象徴として考案されたブレンドです。

「伝統にとらわれず、革新的な挑戦を続けることを表すメゾンの象徴的な存在だと思います。ベースはマテ茶。そこに緑茶とレモングラスをブレンドした、ハーブ感たっぷりの味わいです。ストレスフルな現代人のために、というコンセプトで作られたこのお茶は、今や世界中で愛されるようになり、『アナスタシア』と並んで、ブランドのアイコンとなりました」

「デトックス」の派生形として、よりフルーティで飲みやすいパイナップルフレーバーの「BBデトックス」、さらに昨年にはよりトロピカルな「ブルーデトックス」も登場。特に中山さんが「夏にぴったり」と太鼓判を押す「ブルーデトックス」は、発売されて間もないにも関わらず、かなり人気の高いフレーバーなんだとか。

緑茶をフランス的にアレンジ。「ローズ グリーン ティ」

クスミ ティのローズ グリーン ティ

<クスミ ティ>ローズ グリーン ティ(125g) 3,240円(税込)

もうひとつ、ブランドを知る上で欠かせないのが「Classical Green Teas」シリーズの展開です。日本人には馴染みのある緑茶ですが、<クスミ ティ>が手掛けることで、まったく新しいティーに変身するから不思議!

「『Classical Green Teas』シリーズは、ベースが緑茶のためどれも日本人の味覚に非常に馴染むものだと思いますが、逆に日本人にはない発想で作られていることに目新しさが感じられます。なかでも『ローズ グリーン ティ』は、中国緑茶にローズというフランス的な発想で、<クスミ ティ>の醍醐味を感じることができるフレーバーです」

いったい何がすごいの? 3つの魅力をご紹介

並べられたクスミティのラインナップ

<クスミ ティ>はいったいどうしてこれほど注目されているのでしょうか。3つのポイントでまとめてみました。

①約150年の歴史を誇り、その変遷がユニーク

<クスミ ティ>は、1867年、帝政ロシア時代に創業されたという由緒を誇ります。

「独創的なブレンドで当時の皇帝のお気に入りとして名を馳せたものの、ロシア革命の混乱から逃れるために、パリへ移転。その地でさらにブランドの魅力に磨きをかけてきました。『アナスタシア』をはじめ、現在展開されているティーのなかにも長い歴史を持つものが少なくありません」

②革新的なフレーバー

現代人のライフスタイルに合わせた新たなラインアップも新設されるなど、伝統と革新が共存しているのも魅力。また、「紅茶ブランド」ではなく、「ティメゾン」とするには理由があります。

「本国フランスでは、緑茶や中国茶などティー全体を包括的に展開しており、紅茶の枠にとどまらないからです。さまざまな茶葉を自在に使い、従来の常識にとらわれない発想で手がける独創的なフレーバーがブランド最大の魅力だと思います」

③見た目がとってもおしゃれ!

そして、なんといっても女性の心を鷲掴みにするのが、カラフルでかわいい茶缶。フランスを感じさせつつもどこかエキゾチックな佇まいは、そのブランドの数奇な歴史の変遷にも端を発しているのかも?

フォトジェニックな茶缶は、見るだけで気分がアガること間違いなし。紅茶ファンもそうでもない人も、無二のティーブランド<クスミ ティ>から、まったく新しいお茶の世界に足を踏み入れてみてください。

文: 斉藤彰子

写真提供:クスミ ティ
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/中山敏之

    <クスミ ティ>の日本展開を手がけるブルーベル・ジャパン 株式会社ビジネス・デベロップメント シニア・マネージャー。「お茶は、日常生活の上での演出効果もあると思います。<クスミ ティ>の多彩なフレーバーをシーンによって飲み分けることで、心身ともにリラックスしていただければと思います」

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
クスミ ティ プロモーション
2017年8月9日(水)~8月21日(月)
期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階プラド エピスリー店頭にて、記事掲載商品をはじめ、クスミ ティのさまざまな魅力を感じることができる商品をご紹介いたします。
【商品の取扱いについて】 
記事で紹介している商品の一部は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 詳しくは販売員までおたずねください。また銀座三越地下2階=GINZAティーでは<クスミ ティ>の商品の一部をお取扱いいたしております。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 材料は水だけ! ホイップみたいなアボカドディップの作り方
  2. レモンサワー専門店が直伝! 薄まらない濃厚レモンサワーの作り方
  3. 肉もフライパンも冷たいまま!? プロが教える最新ステーキの焼き方テクニック
  4. 少ない油でジューシーに! 「なす炒め」のコツをプロが解説
  5. 短時間で簡単!どんどん使える野菜の作り置きレシピ

ルーフトップでバケーション気分! 伊勢丹のビアガーデン

伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ 伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ
伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ 伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデンのイメージ

<BEER GARDEN PLAN>料理+フリードリンクプラン(1名)4,800円(税込)から

都会とは思えない開放感たっぷりのルーフトップテラス。実はここ、伊勢丹新宿店の本館屋上のビアガーデンなんです。カジュアルなビアガーデンとは一味違う、美しく手入れされた芝生やウッド調のガーデンファニチャーは雰囲気たっぷり。サルヴァトーレ クオモプロデュースによる南イタリアを中心としたオリジナル料理で、バケーション気分を味わいにまた足を運びたくなる、そんな空間です!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

イベントのご案内

【イベントのご案内】
今回、ご紹介した伊勢丹新宿店 本館屋上のイタリアンビアガーデン「SKY PARADISE BEER GARDEN」が下記の日程で開催中です。
会期:〜2017年9月24日(日)
 ※8月22日(火)、8月29日(火)は店舗休業日のためクローズ。
会場:伊勢丹新宿店 本館屋上=アイ・ガーデン
営業時間:午後3時〜午後10時
 ※8月の土・日・祝日 午後1時〜午後10時
ラストオーダー:フード 午後9時/ドリンク 午後9時30分
ご予約・お問合せ先:03-6890-0199(受付時間:午前11時〜午後8時)

おすすめアイテム一覧へ

シドニー発のタイ料理が話題の予感!

Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー
Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー

モダン・タイ・レストラン<Longrain(ロングレイン)>

シドニーのモダン・タイ・レストラン<Longrain>が日本初上陸。そう聞いて、タイなのにオーストラリア? と思われたことでしょう。でも実は、シドニーはアジアの食文化が盛んなエリア。タイ料理も美味しく、洗練された独自のスタイルが形成されているんだそう。しかも<Longrain>は平日夜は予約の取れない人気店なんだとか。特に注目したいのはそのハーブ使い。東南アジアで噛む嗜好品と言われるキンマの葉の上に海老や野菜をのせた「ベテルリーフ」(写真1枚目)はどんな味なのか気になります! 今後話題の予感です。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

店舗のご案内

記事で紹介しているレストランLongrain(ロングレイン)は、2017年8月26日(土)オープン予定。WEBまたはお電話にて予約を承っております。

WEBサイト:http://longrain.im-transit.co.jp
電話番号:03-5424-1300
営業時間:月-金 11:30〜16:00/17:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
土日祝 11:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39階

おすすめアイテム一覧へ

しっかり辛いのがうれしい! 豚肉のガパオ弁当

マンゴツリーデリのガパオ
マンゴツリーデリのガパオ

<マンゴツリーデリ>豚ひき肉のガパオ 803円(税込)

「今日はエスニック気分」という時に立ち寄るのが<マンゴツリーデリ>。ガパオには「豚」「豚の大辛」「鶏」「季節野菜」の4種類があって、とろんと半熟の目玉焼きがのっています。エスニック好きとしては「豚の大辛」にやみつき! 豚肉を、目玉焼きとジャスミンライスと混ぜるとちょうどいいスパイシーさになるんです。お弁当でも本格的なお店で食べるような満足度で、つい買って帰ってしまいます。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/マンゴツリーデリにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

みなぎる力強さ。いわてのヤマブドウを1本にしたジュース

佐幸本店の完熟 山のきぶどう
佐幸本店の完熟 山のきぶどう

<佐幸本店>完熟 山のきぶどう(600㎖)1,944円(税込)

ぶどうジュースに「生命力」や「力強さ」を感じたのは初めて! そんな感覚を覚えるのは、岩手県で育まれた完熟ヤマブドウだけを収穫して絞った、ストレート果汁の「山のきぶどう」。ワイルドな渋みがあるのかと思いきや、感じるのはやさしい甘さと酸味。でもその濃厚さに自然の力を感じます。元気がほしいときにも味わいたい、フレッシュな1本です。

文: FOODIE編集部

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

超極細、その名も「白髪」! 極上の食感は一食の価値あり

三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」 三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」
三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」 三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」

<三輪山本>手延べ素麺「銘品 白髪」(90g)540円(税込)

見てください、この超極細の麺を!「白髪」の名の通り、麺の細さは直径約0.3mm。一般的なそうめんの1/3ほどの細さです。未だかつてこんなに細いものを箸ですくったことってなかったかも……。その味わいは想像以上にしっかり。一年間の長期熟成が生み出したコシと舌触りにびっくりです。そうめんのイメージが覆るこの味は、一食の価値アリ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いいたしております。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ