料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

料理が上手な人って「木製のまな板」を使っているイメージ、ありませんか。いつか自分もちゃんとしたものを選びたいと思いつつ、結局お手入れが楽で、デザイン豊富な樹脂製品などを使い続けているという人も少なくないはず。

今回は、そんな憧れの「木製のまな板」の魅力をご紹介。お話を聞いたのは、今年創業225年を迎える刃物店の老舗<木屋>の小峰裕太さんです。

木製のまな板の2つの魅力

①包丁の刃を傷めにくい

木製のまな板には程よい弾力性があるため、包丁の刃先が潰れにくいといわれています。そのため、他の材質のまな板に比べて包丁の刃当たりがやわらかく、包丁の刃を傷めにくいのです。よく切れる包丁を使うと食材の舌触りや香りにまで差が出るため、和食の料理人さんほど木のまな板を愛用しているのだとか。

②「削り直し」によってきれいな状態に

木製のまな板の表面を削り直す「削り直し」を行うことで、きれいな表面を出し直すことが可能。<木屋>の店頭には、数十年にもわたってこの削り出しのためにまな板を持ち込まれるお客さまがいるそうです。※<木屋>取扱い製品に限ります。

初心者におすすめなのはイチョウとヒノキ

そんな木製のまな板、一口に木製といってもイチョウ、ヒノキ、桜、桐、ヒバなど材質はさまざま。なかでも、初心者におすすめなのはイチョウとヒノキなのだそう。

イチョウ

特徴:適度に油分を含み、水はけにも優れている。また、木質が均一でやわらかいので包丁にやさしく、復元力があり、反りやゆがみも少ない。

ヒノキ

特徴:木肌は美しく、木目が緻密で弾力性が強い。包丁の刃当たりがよく、使う響きも心地よい。

気になるお手入れ、風通しだけよくすればOK

木のまな板のイメージ

「木製のまな板」のお手入れ方法、聞けば難しいことは一切なし。たわしを使ってぬるま湯もしくは水で洗うのが基本です。注意するのは「水はけ」だけなんだとか。

「木製のまな板は風通しがよい場所に立てて置いておけば、自然と水がはけていきます。このときのポイントは、木目に沿って縦に置くこと。水は繊維に沿って出ていくので、より水はけがよくなりますよ」

ただし、乾燥のしすぎはひび割れの原因となるため直射日光は避けるようにしましょう。それさえ守れば、カビや臭いなどの心配はほとんどなく、また、家庭用のまな板の大きさであれば反りや歪みもほぼ発生しないとのこと。

魚などを調理したあとに臭いが気になるようであれば、粉末のクレンザーか粗塩を使います。熱湯や中性洗剤を使うと木材に含まれる油分が落ちていってしまうのでNGです。

万が一、使っているうちに黒ずみや凹みが出てきたら削り直しができるほか、ちょっとした黒ずみぐらいであれば、紙やすりで削って自宅でメンテナンスすることもできます。

「気負わず、まずは木製のまな板を使ってみてほしいですね。毎日使う調理道具はやっぱりストレスなく使えるものが一番。包丁にこだわったら、ぜひまな板もいいものを選んでください」

お手入れも簡単で、長く愛用できるという木製のまな板。試さない手はないかも!

文: 大川祥子

写真:Thinkstock / Getty Images
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング/キッチン用品にてお取扱いがございます。 また、<木屋>の商品は一部、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いいたしております

また、記事でご紹介した「削り直し」は、有料にて承ります(税込2,300円、お預かり期間:約1ヵ月半〜2ヵ月)。
※<木屋>の製品に限ります。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 材料は水だけ! ホイップみたいなアボカドディップの作り方
  2. 肉もフライパンも冷たいまま!? プロが教える最新ステーキの焼き方テクニック
  3. 少ない油でジューシーに! 「なす炒め」のコツをプロが解説
  4. レモンサワー専門店が直伝! 薄まらない濃厚レモンサワーの作り方
  5. グリル不要、焼き時間は2分! 意外なコツ満載「焼きなす」レシピ

シドニー発のタイ料理が話題の予感!

Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー
Longrainのベジタリアンのベテルリーフ シドニーのLongrainの様子 Longrainのグリーンカレー

モダン・タイ・レストラン<Longrain(ロングレイン)>

シドニーのモダン・タイ・レストラン<Longrain>が日本初上陸。そう聞いて、タイなのにオーストラリア? と思われたことでしょう。でも実は、シドニーはアジアの食文化が盛んなエリア。タイ料理も美味しく、洗練された独自のスタイルが形成されているんだそう。しかも<Longrain>は平日夜は予約の取れない人気店なんだとか。特に注目したいのはそのハーブ使い。東南アジアで噛む嗜好品と言われるキンマの葉の上に海老や野菜をのせた「ベテルリーフ」(写真1枚目)はどんな味なのか気になります! 今後話題の予感です。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

店舗のご案内

記事で紹介しているレストランLongrain(ロングレイン)は、2017年8月26日(土)オープン予定。WEBまたはお電話にて予約を承っております。

WEBサイト:http://longrain.im-transit.co.jp
電話番号:03-5424-1300
営業時間:月-金 11:30〜16:00/17:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
土日祝 11:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39階

おすすめアイテム一覧へ

しっかり辛いのがうれしい! 豚肉のガパオ弁当

マンゴツリーデリのガパオ
マンゴツリーデリのガパオ

<マンゴツリーデリ>豚ひき肉のガパオ 803円(税込)

「今日はエスニック気分」という時に立ち寄るのが<マンゴツリーデリ>。ガパオには「豚」「豚の大辛」「鶏」「季節野菜」の4種類があって、とろんと半熟の目玉焼きがのっています。エスニック好きとしては「豚の大辛」にやみつき! 豚肉を、目玉焼きとジャスミンライスと混ぜるとちょうどいいスパイシーさになるんです。お弁当でも本格的なお店で食べるような満足度で、つい買って帰ってしまいます。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/マンゴツリーデリにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

みなぎる力強さ。いわてのヤマブドウを1本にしたジュース

佐幸本店の完熟 山のきぶどう
佐幸本店の完熟 山のきぶどう

<佐幸本店>完熟 山のきぶどう(600㎖)1,944円(税込)

ぶどうジュースに「生命力」や「力強さ」を感じたのは初めて! そんな感覚を覚えるのは、岩手県で育まれた完熟ヤマブドウだけを収穫して絞った、ストレート果汁の「山のきぶどう」。ワイルドな渋みがあるのかと思いきや、感じるのはやさしい甘さと酸味。でもその濃厚さに自然の力を感じます。元気がほしいときにも味わいたい、フレッシュな1本です。

文: FOODIE編集部

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

超極細、その名も「白髪」! 極上の食感は一食の価値あり

三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」 三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」
三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」 三輪山本の手延べ素麺「銘品 白髪」

<三輪山本>手延べ素麺「銘品 白髪」(90g)540円(税込)

見てください、この超極細の麺を!「白髪」の名の通り、麺の細さは直径約0.3mm。一般的なそうめんの1/3ほどの細さです。未だかつてこんなに細いものを箸ですくったことってなかったかも……。その味わいは想像以上にしっかり。一年間の長期熟成が生み出したコシと舌触りにびっくりです。そうめんのイメージが覆るこの味は、一食の価値アリ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いいたしております。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

ジャケ買い大正解。甘酸っぱいショートブレッド

ベイクドのクランベリーショートブレッド ベイクドのクランベリーショートブレッド
ベイクドのクランベリーショートブレッド ベイクドのクランベリーショートブレッド

<ベイクド>クランベリーショートブレッド(9枚)1,296円(税込)※日持ち3週間程度。

なにこれかわいいーー! と、ピンクのフラミンゴにひと目惚れし、衝動買いしてしまったこれ。塩気のあるサクサクホロホロの生地に、クランベリーとレモンピールのプチプチ食感&酸味、アーモンドの香ばしさがマッチ。手土産として高得点ですが、このかわいさと美味しさ、渡すのが惜しい……。自分用にプチ贅沢なおやつとしてデスクに忍ばせ、コーヒーのお供にしています(ボックス捨てられません)。

文: 斉藤彰子

写真:菅井淳子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/ベイクドにてお取扱いがございます。また、<ベイクド>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ