進化形味付き海苔のイメージ

味付け海苔といえば、旅館の朝食に出てくる甘辛いしょうゆ味が定番ですが、意外な味と形のラインアップが増えているんです。

明太子やネギみそ味など、お酒のつまみになるものから、お子さまの好きなカレー味まで、伊勢丹新宿店で注目の5品をご紹介します!

 

【ネギみそ味】白いご飯がほしくなる具付き海苔

山本海苔店の「一藻百味 ネギみそ味」とおにぎりと一緒に食べるイメージ

山本海苔店一藻百味 ネギみそ味 1袋4枚入り 195円(税込)

細かい粒状のネギみその具がたっぷりとまぶされた、正方形の味付け海苔。実は1998年から発売されているロングセラーです。噛むとカリカリとした食感で、ネギみその味と風味をしっかり感じます。白いご飯はもちろん、野菜やチーズなどを巻いておつまみにするのもおすすめ。ネギみそのほかに、うに、明太子、鮭、うめの全5種類があります。

【わさび味】ピリッとした辛みに海外のファンも!

わさびパウダーを微細に吹き付けた味付け海苔です。鼻から抜けるツンとした刺激が楽しめます。2002年の発売以来、海外のファンも多いそう。お酒のつまみはもちろん、そばや豆腐などシンプルな味のものと合わせると、わさびと海苔の風味が引き立ちます。わさび味のほかに昆布だし塩味、辛口味の全3種類。

【青じそ味】飽きのこないさわやかな香り

薬味や刺身のツマなど脇役になりがちな青じそは、ありそうでなかったフレーバー。パリッとした海苔の食感の中にさわやかな青じその風味が漂い、口の中がスッキリとする味付けです。チーズなどの濃厚な食材との取り合わせにもピッタリ。<山本山>では柚子、ごま、しらす、うめなどの味付け海苔の取扱いもあり。

【明太子味】2枚の海苔で具をサンドした進化形

山本海苔店の「おつまみ海苔 明太子の味」とビールと一緒に食べるイメージ

<山本海苔店>おつまみ海苔 明太子の味 1缶20g 648円(税込)

昭和53年(1978年)に<山本海苔店>が考案した、2枚の海苔で具を挟んだ味付け海苔。全国加工海苔品評会で「うめの味」が農林水産大臣賞を受賞し、今では他社から類似品が発売されるほどの人気商品です。その名の通り、お酒がすすむしっかりした味の明太子、うに、わさびごま、うめ、おかかの全5種類がラインアップ。

【カレー味】スパイシーさがお子さまにも人気

山本海苔店の「はろうきてぃ 海苔ちっぷす カレー」と牛乳と一緒に食べるイメージ

<山本海苔店>はろうきてぃ 海苔ちっぷす カレー 1缶20g 648円(税込)

サンリオとのコラボにより、前出の「おつまみ海苔」の名を新たに発売された、キティ缶シリーズです。カレー、ブルーベリー、ゆずはちみつ、玄米、うめ、ごまの意外なフレーバー全6種が勢揃い。スパイシーなカレー味は、お子さまのおやつや海外の方の日本土産としても人気が高い自信作。

味付け海苔は明治2年<山本海苔店>によって考案され、昭和、平成と進化し続けてきました。現在では海外からも注目され、今後のさらなる展開に目が離せません!

文: 原田視納子

写真:安田裕(ヤスダフォトスタジオ)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

店舗のご案内について

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/山本海苔店、山形屋海苔店、山本山にてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 1,000円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 外さないアイテムが勢揃い
  2. 干さない・シソなし、だから簡単。塩漬けするだけの梅干しの漬け方
  3. 意外だけどハマる! 栃木のご当地フード「ニラそば」を作ってみました
  4. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  5. 「炙り=たたき」じゃなかった!かつおのたたきの正しい意味とは