パティスリー ジュンウジタのビスキュイシャンパーニュ(左下),アルレット(右),サクリスタン(左上)

伊勢丹新宿店で、今注目の人気店やパティスリーが週替わりで登場するコーナー「マ・パティスリー」。その常連でもあり、お客さまはもちろん伊勢丹スタイリストからも大人気のお店が目黒・碑文谷にある<パティスリー ジュンウジタ>です。
同店が高い人気を誇る理由のひとつが、表情豊かな焼き菓子。今回は、日々美味しいものを探求し続けている伊勢丹スタイリストも全力でおすすめする<パティスリー ジュンウジタ>の魅力的な焼き菓子を紹介します!

まずは、伊勢丹スタイリストおすすめの3つの焼き菓子をご紹介!

 

伊勢丹スタイリスト人気No.1の『アルレット』

パティスリー ジュンウジタのアルレット(1袋)、サクリスタン

<パティスリー ジュンウジタ>アルレット(1袋) 648円(税込)、サクリスタン(1袋) 540円(税込)

伊勢丹スタイリストのおすすめNo.1は、お店のラインアップのなかでも一番人気だという『アルレット』(写真左)。うずまき状にしたパイ生地をカットして叩いて伸ばし、シナモンと砂糖をかけて焼き上げたフランスの伝統菓子です。

「パイ生地のザクザク感とシナモンがアクセント! あっという間にすべて食べてしまいます」「カリッとしたキャラメリゼとパイの風味がクセになります」(伊勢丹新宿店マ・パティスリースタイリスト)

ザクッと香ばしい歯ごたえの生地は、ほろ苦いキャラメリゼとシナモンの香りがふんわり。後から生地本来のバターの風味が口いっぱいに広がります。

同じ生地で作られた『サクリスタン』でシェフのマジックを楽しむ

『アルレット』のハードな食べごたえを楽しんだ後は、ぜひ『サクリスタン』(写真右)もお試しあれ。『アルレット』と同じパイ生地をねじって砂糖とアーモンドをまぶして焼き上げたお菓子ですが、同じ生地からできているとは思えないほど、ホロホロとして軽やかです。                  

 

素材にこだわった『ビスキュイシャンパーニュ』

パティスリー ジュンウジタのビスキュイシャンパーニュ

<パティスリー ジュンウジタ>ビスキュイシャンパーニュ(1箱)400円(税込)

こちらも人気の焼き菓子『ビスキュイシャンパーニュ』。

「ピンクがかわいらしいスティックのビスキュイ。プレゼントにもおすすめです!」(伊勢丹新宿店マ・パティスリースタイリスト)

サクッとした口あたりの食感に、やさしく広がる卵の味わい……。おもに小麦粉、卵、洋酒、砂糖の4つで作られる、まさにシンプル・イズ・ベストな焼き菓子ですが、素朴であるがゆえに、素材の持つ味や香りがダイレクトに伝わり、製作には繊細さが求められます。

 

青木定治氏の右腕として活躍した気鋭のパティシエ

パティスリージュンウジタ店内、宇治田シェフ

<パティスリー ジュンウジタ>がある場所は、学芸大学駅から歩いておよそ20分、目黒・碑文谷の閑静な住宅街。近くのサレジオ教会からは鐘の音が響き、まるで異国にいるような心地よい雰囲気の街並みです。

シェフパティシエの宇治田潤さんは、<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>や<パティスリー雪乃下>などで腕を振るった後、2011年にこの地に店をオープン。「きれい、かわいいと言われるよりも、『おいしそう』と言ってもらえるのが何よりもうれしい」と無邪気に笑う宇治田シェフのフランス菓子を求めて、駅から多少離れているにも関わらず多くのスイーツファンが訪れています。

 

シェフ初挑戦。ショコラを使ったスペシャリテにも注目

パティスリー ジュンウジタのエクレール ショコラ ハイチ

<パティスリー ジュンウジタ>エクレール ショコラ ハイチ(1個)422円(税込)

そんな宇治田シェフが今挑戦中なのが、こだわりのショコラを使ったガトー。

「うちではカカオの生豆を焙煎するところからタブレットまでの工程を、すべて店で行っています。さらに今年は一歩踏み込んで、Bean to barならぬ、『豆からお菓子へ』をコンセプトに、自家製のショコラをガトーにも使っていけたらと模索中です。『エクレール ショコラ ハイチ』は、『豆からお菓子へ(De la fèves aux gâteaux)』が具現化した第1作目のお菓子。まずは伊勢丹新宿店のみのご紹介です。あざやかに広がるカカオの酸と香りをお楽しみください」(宇治田シェフ)

気鋭のパティシエが作る渾身のお菓子たち。ぜひこれを機にご自身の目で、舌で、鼻で楽しんでみてはいかがでしょうか。

文: 小松良介

写真:菅井淳子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

催物のご案内/店舗のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
開催期間:2017年4月12日(水)~4月18日(火)
今注目気店やパティシエが、伊勢丹新宿店本館地下1階に週替わりで出展するコーナー「マ・パティスリー」。上記の期間中、<パティスリー ジュンウジタ>が登場します。今回のマ・パティスリーには、2017年に入り宇治田シェフが一番力を注いでいるというショコラを使ったガトーの第1弾となる『エクレール ショコラハイチ』が、スペシャリテとして出品されます。

【店舗のご案内】
パティスリー ジュンウジタ 東京都目黒区碑文谷4-6-6

【商品の取扱いについて】 
記事で紹介している商品は、2017年4月12日(水)~4月18日(火)まで伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/マ・パティスリーにてお取扱いがございます。 

伊勢丹オンラインストアでは、厳選された人気店やパティシエを週替わりでご紹介する伊勢丹新宿店「マ・パティスリー」出店ブランドの厳選スイーツを一部ご紹介しています。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ