日本橋千疋屋総本店のフルーツサンドイッチ

高級フルーツでおなじみの<日本橋 千疋屋総本店>。なかでもフルーツサンドイッチは同店のフルーツパーラーの看板商品です。食べごろのフルーツをホイップクリームとパンでサンド。フルーツのフレッシュな酸味としっかりした甘みが引き立った、誰もが繰り返し食べたくなるスイーツです。なぜこんなにも人々を魅了し続けるのか、本店に赴いてお話を伺いました。

【理由1】最高潮の「食べごろ」フルーツのみを使用

日本橋 千疋屋総本店フルーツサンドイッチで使われるフルーツ

<日本橋 千疋屋総本店>のフルーツサンドイッチは、なんといっても主役のフルーツの味が違います。

お話を伺った<日本橋 千疋屋総本店>店舗統括マネージャーの両角剛さんいわく、美味しいフルーツを提供するうえで大切なのは「食べごろを見極める」ことなのだそう。

「今日この日にもっとも美味しいフルーツを提供しているため、産地や品種は日によって変わることもあります。ブランド頼みではなく、流通しているフルーツのなかからその時に美味しい素材を職人が見つけているんです。最近は濃厚な甘さを持ち、酸味の少ないフルーツが流行していますが、千疋屋では酸味もフルーツの大切な魅力だと考えています。食べていただくとわかると思いますが、酸味がしっかり活きているでしょう?」

確かに、口に含んだ瞬間に甘さだけではなく、フレッシュな酸味も口いっぱいに広がります。この酸味も活かした食べごろのフルーツを使うところに、フルーツサンドイッチのほかにはない美味しさがあるようです。

【理由2】フルーツを引き立てる、パンとホイップクリーム

日本橋 千疋屋総本店フルーツサンドイッチで使うパンとクリーム

フルーツサンドイッチで使うパンとホイップクリームは、主役であるフルーツを引き立てるためとってもシンプル。パンはサンドイッチ用の薄切りを使用し、やわらかな食感を楽しめるよう耳は大胆に切り落とします。ホイップクリームは軽さを出すために、動物性と植物性のものをミックスして砂糖を控えめにすることで、フルーツそのものが持つ甘さが強く感じられるようにしているそう。

【理由3】手作りだからこその味わい

日本橋 千疋屋総本店のフルーツサンドイッチの断面

<日本橋 千疋屋総本店>のフルーツサンドイッチは、すべてお店のキッチンで職人が一つひとつ手作りしています。

フルーツを潰さずカットするため、職人たちは自分専用のペティナイフを使い、毎日手入れをしているそう。フルーツを3mmに美しくスライスする工程では、奥の深い専門店の技が光ります。美しくスライスされたフルーツがパンとホイップクリームと相まって、絶妙なバランスの美味しさを成しているのです。

テイクアウトでも楽しめる美味しさ

日本橋 千疋屋総本店のフルーツサンドイッチ

<日本橋 千疋屋総本店>フルーツサンドイッチ 1,188円(税込)

<日本橋 千疋屋総本店>の「フルーツサンドイッチ」はテイクアウトでも楽しむことができます。パーラーでは三角にカットした断面のより美しいものを、テイクアウトでは形が崩れにくい長方形のものが提供されています。

均一の厚さでカットされ、断面が美しく見えるよう計算して配置されたフルーツサンドイッチはまるで絵画のような美しさ。華やかな甘みとフレッシュな酸味、そしてホイップクリームのコクがバランスよく口いっぱいに広がり、一口食べるごとに幸福なひとときをもたらします。

<日本橋 千疋屋総本店>の目利きにかなったフルーツと、フルーツを引き立てるよう計算されたパンやホイップクリームを用い、職人の技によって完成するフルーツサンドイッチ。食べごろのフルーツのみを使用しているため、1日の販売数には限りがありますが、売り切れる前に手に入れたい一品です。

日本橋 千疋屋総本店のイメージ日本橋 千疋屋総本店

1834年創業。ブランドや産地に頼らず、そのとき流通しているなかでもっとも美味しいフルーツを目利きが選び、販売。日本橋本店のほか伊勢丹新宿店などに出店している。

文: 大川祥子

写真:島村緑
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/日本橋 千疋屋総本店にてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ