山本海苔店の極上 岩海苔佃煮

見てください、この光沢を! 希少な天然の海苔で作られた<山本海苔店>の「極上 岩海苔佃煮」。ひと瓶4,644円と、一般的な海苔の佃煮の10倍以上の価格。そして<山本海苔店>のなかでも、本店でしか買えないというこの一品。実は、食通の間では隠れた名品として知られているんです。いったい、どこがすごいの!? ということで、<山本海苔店>営業推進グループ マネージャー・西 真依さんにお話を聞きました。

 

岩場に自生する海苔を、人の手で採取

山本海苔店の極上 岩海苔佃煮

山本海苔店>極上 岩海苔佃煮 4,644円(税込)

まず注目すべきは、その材料です。「極上 岩海苔佃煮」は、島根県出雲市の「十六島(うっぷるい)」という地域に自生している岩海苔のみを使用しているんだそう。

「漁業権をもつ地元の人々だけが、『ウップルイノリ』の採取を許されており、12月の真冬に岩場に生えた海苔を、危ない場所では命綱をつけ、手摘みで収穫を行うんです。採取された岩海苔は、美しい紅色。地元では正月のお吸い物に使うなど、『特別なもの』として大切にしているそうですよ」

現在、市場に流通する海苔の佃煮は、その大半が養殖海苔を一度「板海苔」にし、それを煮込んで作るというもの。対して「極上 岩海苔佃煮」は、希少な天然の岩海苔にこだわり、それを「生のまま」煮ていくわけですから、かなり希少。それゆえ<山本海苔店>では一般商品としてではなく、あくまでも数量限定の佃煮として、本店でのみ販売しているんだそうです。

少量ずつ、手で丁寧に練り上げる

一般的な海苔の佃煮は大量生産によって作られるものがほとんど。そんななか、<山本海苔店>の「極上 岩海苔佃煮」は家庭で使うような大きさの鍋で、手作業で作られます。ひと月の流通量はたったの40瓶程度。

「手摘みされた岩海苔の繊維が切断されることのないよう、手で丁寧に練り上げながら煮ていくことで、独特のまろやかさが生まれます」

海苔の佃煮なのに、シャキシャキとした食感がある!

山本海苔店の極上 岩海苔佃煮

そんな<山本海苔店>の極上 岩海苔佃煮。実際に食べてみました!

まず箸で持ち上げると、岩海苔の繊維がスーッと持ち上がり、繊維がかなり長いことがわかります。そのまま口に含むと、食感にびっくり! シャキシャキした歯ごたえに、海苔の佃煮のイメージが覆ります。自生の岩海苔を手摘みで収穫し、さらに少量ずつ、素材の持ち味を壊さぬよう丁寧に手で練り上げたからこそ味わえるこの美味しさは、一食の価値ありです。

じっくりと、ありがたみを感じながら食べたい「極上 岩海苔佃煮」。他にはない希少な味わいを、ぜひ一度堪能してみてください。

山本海苔店の西 真依さん

取材協力 山本海苔店
1849年(嘉永2年)創業の海苔店。本社は日本橋室町一丁目にあり、明治2年に「味附海苔」を創製したことでも知られています。

 

文: 奈良巧

写真:奈良 巧
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

催物のご案内/イベント情報/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
奥深き海苔の実力。
■開催期間:2017年2月15日(水)〜28日(火) 
※2月21日(火)は店舗休業日とさせていただきます。
■開催場所:日本橋三越本店本館地下1階=自遊庵
独特の香りと味わい。青から黒い色までのグラデーション。包んでよし、混ぜてよし、はさんでよし、ふりかけてよし。海苔の底知れない実力をご紹介します。

【イベント情報】
<山本海苔店>楽しく学ぼう!海苔教室
■開催日時:2017年2月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)
各回午後3時から(約20分)※5分前にはお集まりください。
■場所:日本橋三越本店本館地下1階=自遊庵
■定員:各回先着8名様(ご予約制)
■参加費:無料
■ご予約・お問い合わせ:03-3274-8273(直通)

【商品の取扱いについて】
記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=自遊庵 山本海苔店出店ブースにて、2017年2月15日(水)から限定20個で販売いたします。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  5. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ