セゾンファクトリーの太田さん

日頃、三越伊勢丹の食品フロアで、実際に店頭に立っているスタッフたち。美食の戦場、美味の密林とでもいうべき空間で、お互いに最上の味をお客さまに届けるべく、切磋琢磨を続けています。そんなスタッフたちが、「あえて」他店の商品からおすすめしたい「コレ美味しい!」を紹介する、この連載。強者は強者を知るように、本当に美味しいものを知っているのは、彼らなのです。

第15回:セゾンファクトリー 太田章子さん

素材そのままの味や食感を生かした調味料やジャムが人気のブランド<セゾンファクトリー>。第15回に登場するのは、店長の太田章子さんです。

栄養士の資格を持つ太田さんは、大の料理好き。

「休日に台所に立って料理をすることが息抜き。毎日のお弁当に入れる常備菜をせっせと作っています」

友人におもてなしの手料理を振る舞う機会も多いという太田さん。今回は「おもてなし料理にも手土産にも大活躍間違いなし!」という、とっておきのアイテム3品を紹介してくれました。

太田さんのおすすめ①:旬の野菜を楽しめる「サラダセット」

青果コーナーの陳列棚

<青果>サラダセット(1袋) 540円(税込)※「サラダセット」は、その日によって入荷状況やセット内容が異なります。

ひと品目はちょっと意外な青果コーナーから。

「<セゾンファクトリー>ではドレッシングなどの調味料を置いているので、それに合わせる野菜をチェックするために青果コーナーにもよく足を運ぶんです」と太田さん。なかでもおすすめは、さまざまな農園から届く、カラフルな季節の野菜をワンパックにまとめた「サラダセット」だといいます。

「ホームパーティーに彩り豊かな旬の野菜が並べば、気分が上がりますよね。サラダを作るとき、何種類も野菜を買うのは結構大変ですが、『サラダセット』なら珍しい野菜も入っていて彩りも味のバランスもばっちりです! 一度に使い切れるので、余った野菜をどうしようか考える必要もありません」

さらに太田さんならではのユニークな「使い方」を紹介してくれました。

「友人のホームパーティーに招かれたときの手土産として持って行くのもおすすめです。もちろん、セゾンファクトリーのドレッシングと一緒に!(笑)お菓子やお酒だとほかの人とかぶってしまう可能性がありますが、野菜だったらその心配も不要。持っていくものに迷ったら、あえて野菜を選ぶのもアリだと思いますよ」

太田さんのおすすめ②:レモンの自然な香りに癒される、フレーバーオイル

オリオテーカのラ・モラッツア レモンオリーブオイル

<オリオテーカ>ラ・モラッツア レモンオリーブオイル(250ml) 2,592円(税込)

2品目は、オリーブオイルにレモンの香り付けがされた「ラ・モラッツア レモンオリーブオイル」。日本で初めて誕生したオリーブオイルの専門店<オリオテーカ>のもので、イタリア・コゼンツァの農園で作られた、有機認証付き(ICEA)のフレーバーオイルです。太田さんはオイルから香る、レモンの自然な香りがお気に入りなのだとか。

「お呼ばれした友人宅でこのオイルに出合い、その香りに衝撃を受けたのを覚えています。生ハムのサラダの仕上げに、友人がオイルをふりかけてくれたんですが、その瞬間、部屋中にレモンの香りがパァ〜っと広がって……。『何これ〜!?』とみんなで盛り上がりました(笑)」

以来、すっかりこのオイルの虜になったという太田さん。普段のサラダはもちろん、友人によく振る舞っているという焼き菓子にもこのオイルを使うようになったのだそう。

「最近は、レモン風味のシフォンケーキやパウンドケーキを作る際に重宝しています。使い方は材料で使う油分をこのオイルに替えるだけ。レモン果汁と合わせて使うことで、より香りが豊かになります。焼いている時間はレモンの爽やかな香りに包まれ、何ともいえないほど幸せな気分になります」

太田さんのおすすめ③:おもてなしのメイン料理に添える「バタール」

エディアールのバタール

<エディアール>バタール(1個) 292円(税込)

太田さんが友人を招く際の、欠かせないアイテムとなっているのが、<エディアール>の「バタール」。

「袋を開けた瞬間、小麦の香ばしさがフワッと香るんです。外はカリカリしていますが、中はしっとりした食感。洋風の料理を作っておもてなしする際は、メインに添えるだけでレストランのような特別感が出るんです」

そして友人たちが帰宅した後、太田さんには残った「バタール」を使って行う楽しみがあるのだとか。 「食べ切れなかったバタールで、次の日の朝食を作るのがお決まりです。オニオンスープにのせたり、フレンチトーストにして食べたり。二度三度、美味しいんです」

美味しいものについて心から楽しそうに話す太田さん。とっておきの食材を使って大好きな料理をする際も、ふと考えるのは<セゾンファクトリー>の商品たちのことだそう。
「この食材にはあの商品が合うなとか、料理をしながら考えるんです。それをお客さまにご提案して、『あの商品、また買いに来ちゃった!』と言っていただけた時が仕事をしていて一番の喜びです」
太田さんの美味しいものを追求する姿勢は、接客という「おもてなし」にも生かされているようです。

 <セゾンファクトリー>のおすすめ

セゾンファクトリーの謹製ジャム あまおう®いちご

<セゾンファクトリー>謹製ジャム あまおう®いちご(235g) 1,080円(税込)

太田さんが自らおすすめする<セゾンファクトリー>の商品は、定番の「謹製ジャム あまおう®いちご」です。

「赤くて丸くて大きいいちごの果肉がゴロゴロ入っていて、お客さまからは『デザートのようなジャムだね』と言われます。イチゴの果肉感と甘酸っぱさを味わってほしいので、食べるときは果肉をつぶさずに、パンに『塗る』のではなく『のせる』のがおすすめです」(太田さん)

文: 鮫島優里

写真:尾崎大輔
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/太田章子

    <セゾンファクトリー>伊勢丹新宿店店長。山形県の本社勤務を経て、伊勢丹新宿店に。<セゾンファクトリー>の中で一番のお気に入りはやっぱり「リッチスタイルドレッシング にんじん」だそう。「冷蔵庫の中に常備しています。今朝も目玉焼きにかけて楽しみました!」。

商品の取扱いについて

この記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット、シェフズセレクション/オリオテーカ、セゾンファクトリー、プラ ド エピスリー/エディアールにてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ