いちごのイメージ

冬~春にかけて旬をむかえるフルーツの代表格「いちご」。高い技術を駆使した「日本のいちご」はその美しいフォルムと甘酸っぱさで海外からも評価され、年々注目が高まっています。新しく生み出されてきたさまざまな品種は、それぞれ香りや味、色も、まったく違う魅力があるのです。

そこで今回、2017年の「注目のいちご6品種」をピックアップしてご紹介。その特徴と魅力を、三越伊勢丹食品生鮮担当アシスタントバイヤーの塚本紘明さんに教えてもらいました!

見たことのない特大サイズの「スカイベリー」が期間限定で登場!

スカイベリー

左写真、いちご専用の特別な容器に入っているのが、特大サイズの栃木県産 「フレシェル®カップ入 スカイベリー」 1粒 1,728円(税込) 

現在、栃木県が新品種として力を入れているのが、17 年かけて開発した大粒で酸味が少なく甘みの強い「スカイベリー」です。1粒がだいたい標準30gなのですが、なんとその2倍という見たこともない特大サイズを収穫、2017年1月18日(水)~1月23日(月)に日本橋三越本店で開催される「日本橋 いちごパーク」で期間限定販売されます(各日30点限り)。 

まあるい形で大粒の贅沢な味わい「あまおう」

あまおう

福岡県産 「あまおう」 1粒 540円(税込)          

最近ではすっかり有名な品種となった、福岡県が誇る「あまおう」。「あかい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字をとって名付けられた品種だけあって、甘くてジューシィ、バランスの良い酸味の果実はしっかりした食べ応えです。今年は天候の影響で、例年に比べていくらか小さめのようです。

 

和歌山が誇る、高い香りと濃厚な甘さ「まりひめ」

まりひめ

和歌山県産 <小阪農園>「まりひめ」 1パック(300g)2,160円(税込)

「まりひめ」は2010年に登録された比較的新しい品種で、和歌山県オリジナルのいちごです。紀州の伝統工芸品「紀州てまり」にちなんで命名。「さちのか」と「あきひめ」の交配種で、それぞれの品種から甘みやジューシーさを引き継いでいます。口に含んだときの鼻に抜ける芳醇な風味と穏やかな酸味が特徴。

 

ほんのりピンク色に熟す「初恋の香り」

初恋の香り

静岡県産ほか「初恋の香り」 1パック(3粒)1,620円(税込)

いちごの常識をくつがえす白いいちご! 熟すと表面がほんのりピンクに色づく様子を「初恋」に見立てたのが、その名の由来だそう。大粒で独特の香りが強く、ジューシィで酸味が控えめ。ハッと驚くビジュアルと甘みとのギャップは、パーティの手土産や新しいものが好きな人への贈り物にもおすすめです。

 

実の中までしっかり赤い! 「レッドパール」

レッドパール

広島県尾道産 <村上いちご農園>「レッドパール」 1パック(300g)2,160円(税込)※2017年は1月中旬から販売予定

愛媛県で1993年に誕生した「レッドパール」は「とよのか」と「アイベリー」の交配種。宇和海の特産品・真珠にちなんで命名されました。つやつやとした美しい赤色は、中までしっかり赤いところが個性的。ほどよい甘味とさわやかな酸味を持つ、バランスの良い品種といえます。生産者の<村上いちご農園>では化学肥料を使わない、いちごにやさしい育て方をしているそう。

 

深く濃い紅色のニューカマー「真紅の美鈴」(黒いちご)

真紅の美鈴(黒いちご)

千葉県産 <近藤いちご園>真紅の美鈴(黒いちご)1パック(3粒) 2,160円(税込)※2017年は1月中旬から販売予定

2014年9月に登録された、千葉県が生産地の新品種。生産者もまだ数少ない希少ないちごです。その名の通り黒に近い深く美しい紅色で、中まで赤い果肉も特徴。独特の甘い香りで、ややかためのしっかりとした食べ応え。酸味は控えめの一品です。

 

単に「いちご」といっても、その甘さ、香りと酸味、つやつやした輝き、値段のどれをとってもプレミアムな品種ばかり。ぜひ一度は味わってみたい、まさに「真っ赤な宝石」です!

 

文: 松本いくこ

写真:Thinkstock(1枚目)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/塚本紘明

    2016年4月より生鮮担当のアシスタントバイヤーに。愛情込めて作られた野菜や果物を探して、直接、農家を訪ねることも多く、日本全国を東奔西走する毎日。「ご来店いただいた方に少しでも素材のよさを届けたいと思っています」

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
日本橋 いちごパーク
■開催日時:2017年1月18日(水)~23日(月)
■場所:日本橋三越本店本館1階=中央ホール
いちごの収穫量48年連続日本一を誇る「いちごの王国とちぎ」から自慢の美味しさが勢揃いします。記事中でご紹介しているフレシェル®カップ入 スカイベリー(各日30点限り)の他、<伊澤いちご園>季節のジェラートなど、とちぎの美味しいいちごが勢揃いします。

【体験イベントのご案内】
いちご摘み取り体験
■開催日時:2017年1月18日(水)午前 11時~/1月21日(土) 午後2時~/1月22日(日) 午前11時~、午後2時~
■定員:各回 10組さま 
■参加費:1,001円(税込)
■ご予約開始:2017年1月7日(土) 午前10時30分~ 
■ご予約受付場所:日本橋三越本店新館地下1階 半蔵門口、特設カウンター
※ご予約は特設カウンターへのご来店のみ承ります
※2017年1月8日(日)は、本館地下1階 銀座線口、特設会場にて承ります 
※1組さまにつき1体験とさせていただきます。定員になり次第終了いたします
■お問合せ:03-3274-1801 午前10時30分~午後5時 

【セミナーのご案内】
料理研究家 臼居芳美氏による「いちご王国のTea time」
臼居芳美氏が教える、ホームパーティなどですぐに役立つ、旬のいちごの活用術やアレンジのコツをご紹介いたします。
■開催日時:2017年1月18日(水) 午後3時30分~/1月19日(木) 午前11時~、午後3時~/1月20日(金) 午後3時30分~
■定員:各回 6名さま 
■参加費:1,080円(税込)
■ご予約開始:2017年1月8日(日) 10時30分~ 
■ご予約受付場所:日本橋三越本店本館地下1階 銀座線口、特設会場
※ご予約は特設会場へのご来店のみ承ります
※定員になり次第終了いたします
■お問合せ:03-3274-1801 午前10時30分~午後5時 

【商品の取扱いについて】
この記事でご紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=室町万弥にてお取扱いがございます。
※フレシェル®カップ入 スカイベリーのみ、2017年1月18日(水)~1月23日(月)の期間限定で、日本橋三越本店本館1階=中央ホールにて開催の「日本橋 いちごパーク」にてお取扱いがございます。

※生鮮品は天候等の諸事情により、入荷のない場合や販売時期が変更となる場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

「今こそ味わっていただきたい!」旬のフルーツを食べ頃の「月」にお届けする、三越オンラインストア「旬のフルーツお取り寄せ便」はこちら

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ