商品集合カット

「鍋の素」というと、手軽で便利な反面、ちょっと味が濃かったり、ジャンクなイメージも……。ところが、最近デパ地下に並ぶ鍋の素がスゴイんです! 家庭ではなかなかとれない地鶏の出汁や、素材にこだわったスープなど、ワンランク上の鍋の素をご紹介します!

 

食べて納得! 一度食べたら忘れられない高級鍋の素

まずは、素材にこだわったドレッシングやジャムが人気の<セゾンファクトリー>からラグジュアリーなアイテムをご紹介。

① 生姜1個を丸ごと漬け込み! ハイクオリティな生姜鍋の素

高知県産生姜の生姜鍋

<セゾンファクトリー>高知県産生姜の生姜鍋(300g)1,620円(税込) ※冬季限定、なくなり次第販売終了


鍋の素とは思えないスタイリッシュな見た目のこちらは、なんと1食(3〜4人前)で1,620円! しかし、素材のこだわりを知れば、そのお値段も納得です。国産伊達鶏のガラをベースにしたスープに、スライスされた高知県産の生姜がぎっしり入っています。

具材はシンプルに鶏団子、ネギ、水菜などにとどめ、あっさり食べるのがおすすめ。ピリッと辛みの効いた生姜独特の風味とよく絡みます。

② 〆は担々麺で! 濃厚白湯スープに胡麻香る鍋スープ

鶏チャンコ鍋金胡白湯

<セゾンファクトリー>鶏チャンコ鍋 金胡麻白湯(300g)1,404円(税込) ※冬季限定、なくなり次第販売終了

続いて紹介するのは、同じく<セゾンファクトリー>から、国産伊達鶏の鶏ガラベースの「鶏チャンコ鍋」シリーズ。ガラスープを長時間煮込んだ白濁白湯スープと、香ばしい胡麻を合わせた「金胡麻白湯(パイタン)」は、どんな素材とも相性ぴったり。濃厚な胡麻の風味を味わいつくすために、〆はぜひ担々麺で。そのまま鍋に麺を投入するだけでももちろん美味しくいただけますが、ひと手間かけて、フライパンで炒めたひき肉をのせれば完璧です!

③ 2種の黒酢をブレンドした、後味さっぱりの鍋スープ

鶏チャンコ鍋 黒酢清湯

<セゾンファクトリー>鶏チャンコ鍋 黒酢清湯(300g)1,620円(税込) ※冬季限定

同じく「鶏チャンコ鍋」シリーズからもうひとつ。ベースの鶏ガラスープに2種類の黒酢を合わせた「黒酢清湯(チンタン)」を紹介します。うまみが凝縮された鶏ガラスープのまろやかさを感じながらも、香り高い黒酢で後味はさっぱり軽やか。おすすめの具材はプリプリの鶏肉やつみれ、ニラなど。鍋のほか、春雨やワンタンを入れれば、中華風スープとしても楽しめます。

こちらも注目! お手頃なのにハイクオリティな鍋の素

ここまでに紹介した3本に比べて比較的値段はお手頃。でも、厳選素材を使用するなど、クオリティにはしっかりこだわった4品をご紹介します。

鍋の素集合カット

④   <三浦製麺>トマト鍋(600g)378円(税込)
⑤   <ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD>鍋つゆ味噌(800g)378円(税込)※冬季限定
⑥    <JAあきた北央>比内地鶏ピュアスープ(300g)432円(税込)
⑦    <ポーションズ>おだしカクテル 飛魚(あご)(13g)443円(税込)

④ うまみたっぷり! やさしい味わいのトマト鍋の素

すっかり鍋の定番となったトマト鍋ですが、スープ研究家・東條真千子さん監修のトマト鍋は、化学調味料、保存料、着色料不使用なため、トマト本来の甘みと程よい酸味を味わうことができます。ショートパスタや玉ねぎ、クレソンを具材に洋風鍋を楽しんだら、ラストはごはんを入れて、粉チーズをたっぷりふりかけたトマトリゾットに!

⑤ コク深いブレンド味噌に魚介の出汁がよく合う味噌鍋の素

合わせ味噌と米味噌をブレンドし、かつおと昆布の出汁で味に深みを持たせた味噌鍋の素に、人気調味料メーカー<久原本家>の焼きあご出汁を配合。まろやかさの中に深いコクが感じられ、いつもの鍋がワンランクアップ! エビやカニ、ホタテなど魚介のエキスとよくなじみます。

⑥ 希少なブランド地鶏の贅沢スープ鍋の素

秋田の地鶏・比内地鶏のガラのみを使用して、じっくり炊き上げた贅沢な鶏ガラスープ。白濁のスープにお好みの肉・魚・野菜を加えて繊細で上品な味わいをお楽しみいただけます。〆はうまみが凝縮されたスープでぜひ雑炊を。地鶏のうまみに思わず笑みがこぼれます!

⑦ いつもの鍋に、焼きあごのうまみをプラス

おだしカクテル開封

最後に紹介するのは「粉末出汁」。こちらも「鍋の素」と同様、鍋のベースとして重宝するアイテムです。「おだしカクテル 飛魚(あご)」を鍋の出汁に加えれば、味に深みが増し、高級感あふれる仕上がりに。昆布と一緒に使って和風の寄せ鍋に仕上げるのが定番ですが、味噌ベースの鍋とも好相性です。

文: 加藤奈々美

写真:向井規博(商品写真)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクション/セゾンファクトリーにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ